« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

2003年12月の31件の記事

2003/12/31

太宰府天満宮初詣計画

 太宰府天満宮への初詣を計画しています。

 毎年寝正月で、初詣なんてここ十数年来いったこともないし、「あんなに混む大きな神社に行きたくない」と思っていたのです。しかし、大学入学や中小企業診断士合格などというご利益がありましたので、そのお礼も込めて初詣に行こうと思っています。

 で、公共交通機関を調べてみたのですが、確かに初詣用の増便がたくさん出ているようですが、肝心の混み具合に関してはあまり情報がありませんね。

 おしあいへしあいして初詣するのは勘弁してほしいものです。アニメーションデザイナーの後藤圭二さんが、「人の多いところでは人あたりする」と雑誌に書かれていました。私も、そこまでひどくないのですが、人の多いところは苦手です。生来のへそ曲がりで人と違うことばかりしているからかもしれません。(夏目漱石の坊ちゃんですね。)

 今回は、夜明け前に行こうかなと思っています。そのまま、親元に行こうかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ココログ個性化計画 No.004

 検索機能を組み込みましょう

 とりあえず、google検索を組み込みましょう。

1.「マイリスト」メニューから「マイリストの新規作成」を行います。リストのタイプは「本」、「音楽」を選びます。

2.リストが作成されたら、「新しいリストを作成しました。 このリストをウェブログまたはプロフィールページで表示する」で、このリストをウェブログで表示するようにします。

3.「設定」メニューで、「メモの表示」をチェックします。(メモを表示する設定にしないとhtmlに埋め込まれません。)

4.「項目の追加」を行います。「メモ」の項目以外は空白のままにしておきます。

5.「メモ」に以下の内容を書き込みます。

<!-- SiteSearch Google -->
<form method="get" action="http://www.google.co.jp/search" target="_blank">
<div style="background-color:#ccccff; font-size: small;">
<input type="text" name="q" size="15" maxlength="255" value="" />
<input type="hidden" name="hl" value="ja" />
<input type="submit" name="btnG" value="検索" />
<br />
<input type="radio" name="q" value="" checked="checked" />ウェブ全体から検索<br />
<input type="radio" name="q" value='"Powered by ココログ"' />ココログ全体から検索<br />
<input type="radio" name="q" value="site:assak.air-nifty.com/diary/" />このblog内検索<br />
</div>
</form>
<!-- SiteSearch Google -->

 site:~は自分のサイト名にします。

 これで、出来上がりです。尚、「background-color」の値を変えると背景色を変更できます。

 サイト内検索の場合、当該のサイトがgoogleのクロールの対象※になっていなければなりません。

 ところで、これだと、項目名のところに「:」が表示されるんだけど、これを何とかする方法は調査中です。

 ※クロールの対象:googleのロボット検索の基点となるサイトか、そのサイトからのリンクがつながっているサイト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2003/12/30

実務補習の申し込み

 中小企業診断士の実務補習の申し込みをしてきました。

 平成16年2月3日からの15日コースです。

 料金は、なんと¥123,000-。ちょっと高いかな。

 福岡地区は18人しかいないから3班でやるのかな。結構楽しみです。

 さて、実務補習を無事終了すればいよいよ中小企業診断士として登録できます。

 楽しみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

PiNMeN

 質素で謙虚で素直でお人よしのかわいい宇宙人「PiNMeN」たちが活躍するアニメーションです。1999-2001年に放送されました。現在も、ANIMAXで放送されています。

 1話あたり3分の作品です。その中にシュールな世界が詰め込まれています。

 彼らは私たちのすぐそばにいます。あるときは自動販売機の中に、またあるときはパソコンを入れたダンボールの箱の中に、またさらにあるときはもぐらたたきゲームの中に。(作品を作った人の歳がわかるな。)私たちが気づいていないだけなのです。

 彼らと私たちとのファーストコンタクトはどうなるのか。

 というわけで、私はこういうアニメーションが大好きなのです。ちょっとシュールでキュートで風刺的です。
 例えば、ポピー・ザ・ぱフォーマーなんて最高です。
 こういうアニメは「アニメのマニア」にはあまり受けないのでしょうか。大ヒットには到らないようですね。でも、結構ファンはいるみたいです。

 見たい人は、ANIMAXでチェックしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ個性化計画 No.003

 さらにその他のカウンタの設置

 スゴいカウンタ以外にも、フリーのカウンタはたくさんあります。今回は、その紹介です。(各カウンターごとに設置方法が違いますので、詳しい設置方法をここで説明するのはやめておきます。)

 注) 以下のカウンターは、ココログでの動作を確認したものではありません。いずれもカウント動作する部分が別サイトにあるタイプですので、正しく動くとは思いますが、もし動かなくても保障はいたしかねます。

フリー素材と無料レンタル Paiting
一番星
pitacount
whocares
SweetBox
KATOWEB
コウレンタルCGI
CGI Server Japan

などと書いていたら、リンク集を見つけました。以下のサイトに上で紹介したサイトを含めて、多くのフリーカウンタが紹介されています。

無料カウンターレンタル フリーカウンタ~Web-Up-Search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/12/29

サンダーバード映画化(実写版)!!

 英語では、「Thunder Birds(複数形)」で米空軍のアクロバットチーム名と同じですが、今回は航空宇宙関連ではありません。

 言わずと知れた、スーパーマリオネーション?です。今でも熱烈なファンがいます。

 人形劇なのに釣糸?あるいは支え棒が見えないのが子供心ながら不思議でした。(日本の人形劇でNHKで放送されていた「新八犬伝」、「紅孔雀」などはちゃんと人形劇してましたものね。)

 ストーリーは、大富豪のトレーシー一家が国際救助隊を組織して、世界中で発生する事故や災害現場で大活躍するというものです。

 このサンダーバードの醍醐味はなんと言っても登場するメカ達です。まず、格好いいのが、サンダーバード1号から5号です。それまでのヒーローメカといえば、一台で空も飛べて海にも潜れて挙句の果ては地中も走れるというスーパーメカが多かったと思います。(これは、ちょっと荒唐無稽ですね。)しかしながら、サンダーバード1~5号は万能ではありません。それぞれ得意な機能があります。
 1号は高速飛行と指揮・命令
 2号は輸送機
 3号はロケット
 4号は水中
 5号は宇宙ステーション
とね。

 そして、2号に積み込まれて現地で活躍するメカもまたかっこいいのです。一話限りとか、せいぜい二~三話程度しか登場しませんが、しっかりと脇を固めています。

 さらに、一話限りしか登場しない(例外もありか?)ゲストメカも、よく考えられています。原子力旅客機(これが例外的に2回登場したかな。)なんて最高でしたね。

 それが、実写版として公開されるとは・・・

 メカは当然CGになるのかな。デザインはどうなるのか、内容はどうなのだろう。まったく新しくなるのかな。どういうふうになるとしても、「実写版サンダーバード」は楽しみですね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ココログ個性化計画 No.002

 アクセスカウンタの設置その2

スゴいカウンター ~ アクセス解析付 カウンタ無料レンタルを設置してみましょう。

 スゴいカウンターは無料で設置できるカウンターであり、詳細なアクセス解析もできます。
・日ごとのアクセス数
・トータルのアクセス数
・ユニークなアクセス数
etc,.
 などが解析できます。

 スゴいカウンターを設置するためには、スゴいカウンターのホームページからユーザー登録してログインする必要があります。後は、指示に従って、カウンターを設置すればいいでしょう。(ちょっと、手抜きかな。)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2003/12/28

ココログ個性化計画 No.001

 カウンターの設置

 まずは、簡単なカウンターの設置です。

 多くのココログユーザーは@niftyのメンバーでしょうから、@niftyのカウンターを設置してみましょう。(@niftyのホームページが設置できないココログユーザーっているのかな?)

 ココログのメニューから、

 「ウェブログ」、「設定」に行きます。

 「ウェブログのサブタイトル(キャッチフレーズ)」に以下の文字列を書き込みます。

<img src="http://hpcounter?.nifty.com/cgi-bin/counter.cgi?u=XXXqqqqq&p=50&c=6">

 ここで、

・hpcounter?の?の部分には、自分のホームページの「homepage?」と同じ値を記入します。
・XXXqqqqqは、@niftyのIDです。
・p=50は、カウンタのデザインです。
・c=6は、桁数です。

@niftyのアクセスカウンタは初期化しなければ使えません。詳しくはこちらをご覧ください

 次回は、@nifty以外の(フリーの)アクセスカウンタの設置です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ココログ個性化計画 No.000

 ココログ内外のあちこちで、ココログのサイトを改造して使いやすくしようという記事が投稿されています。

 今後、このページでも、私のページで行ったココログの改造について記事を書いていくことにします。

 というわけで、No.000は宣言のみでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2003/12/27

平成16年1月1日から、改正労働基準法が施行されます。

 少しは業務関連の話をしましょう。もう、ご存知の方も多いとは思いますが。

平成16年1月1日から、改正労働基準法が施行されます。

 主な改正は以下のとおりです。

・有期雇用期間の上限が5年とされました。
・解雇に関する規定が変更になりました。
・裁量労働に関する規定が変更になりました。

 労務管理者の皆さん、従業員の皆さん、改正内容をよく確認しておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイドンinウルトラマン

 なぜか、カテゴリが航空宇宙関連です。(^^)

ウルトラマンに出てくる怪獣にスカイドンというのがあります。

 とにかく重い怪獣で、ウルトラマンが宇宙に運ぼうとしても運べなかったといういわくつきのものです。科学特捜隊がスカイドンの尻の穴(隊長がそう言っていた)から水素を注入してガス気球のように空に飛ばそうという作戦を行いました。

 作戦はうまくいき、スカイドンはどこかのアニメよろしく丸々と膨れて上昇していきます。

 ところが、これでうまくいったと科学特捜隊のメンバーが祝杯を挙げているころ、航空自衛隊の基地から飛び立ったF-86F(?と思われる)戦闘機が、事情を知らずに誤ってそのスカイドンを攻撃し、彼はまた地上へと落ちてしまいます。

 で、この航空自衛隊のシーンですが、実際の基地の模様が映っていました。エプロンと滑走路あたりの映像で、年代を感じさせるF-86Fがたくさんエプロンに並んでいました。そこをよく見ると、F-86Fブルーインパルス塗装機が1機だけ映っているではありませんか。ほんの数秒のシーンでしたが、見ていて、「おっ」と思いました。
 たまたま映っただけなんだろうけど、思わぬところで思わぬ映像が見られて、とてもラッキーでした。

 ちなみに、このエピソードでは、ハヤタ隊員がベータカプセル※とスプーンを間違えるというあの有名なシーンもあります。

 ※ハヤタ隊員がウルトラマンに変身するときに使うスティック状のカプセル(正式名称を知ったのはついこのあいだです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリア88

新谷かおるのコミック「エリア88」が2004年に放映されることになりました。
 昔は結構有名だった航空機もののコミックです。

期待しているところ
 1.キャラクタデザインが、原作のように少女漫画っぽくない。
 2.航空機が3DCGで描かれるので、迫力のあるACMシーンが見られるかも。
 3.CVが「ぶりぶりざえもん」じゃない。(塩沢兼人さんは亡くなりました。)

期待していないところ
 4.設定に荒唐無稽なところがある。
 5.登場する航空機が古い。
 6.ストーリーが暗い。

1.は結構重要です。原作の雰囲気を残しながらも目がきらきらした、あのキャラじゃないところがいけてますね。最初にアニメ化の話を聞いたときは、またあの顔かと思っていましたが、どうやら違うようです。(あのタッチには好き嫌いがあると思います、あくまでこれは私の主観です。)

2.も期待大です。実はこれが一番見たかったりします。今、TVゲームとかで描かれる戦闘機のCGは相当リアルです。今回は当然業務用のコンピュータを使うのでさらに精細なグラフィックが期待できます。(^^)

3.塩沢兼人さん嫌いじゃないです。どちらかといえば好きなほうです。が、エリア88の主人公には向きませんね。(これも人それぞれ考え方が違うとは思いますが。)あぁ、そういえば他に、富山敬さんやら出ていたと思います。彼らはもういないのですね。


4.は残念です。もう少しリアリティのある設定でお願いしたいです。

5.最新のF/A-22なんかは当然でないとして、F-117やF/A-18くらいは出てもいいかなという感じがします。コルセアやタイガーは・・・。

6.これも好き嫌いがあるかな。

 以前、劇場用としてアニメ化されたときは、短くまとめられていました。今度は、長いTVシリーズになります。

 70年代の戦闘機が21世紀のアニメとしてどのように描かれるか。そう考えると、結構楽しみです。

 早く始まらないかな。

--

 今回のエリア88は、12話だそうです。1クールというわけですね。あまり長くないので、原作のエピソードがすべて網羅されるわけではないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2003/12/26

定期購読

 定期購読の雑誌が多すぎて、読むのが大変です。

 ざっと数えてみても、
週刊誌:
 週刊東洋経済
月刊誌:
 JWings
 日経情報ストラテジー
 日経システム構築
 日経ITプロフェッショナル
 日経アドバンテージ
季刊誌:
 Think!

 これだけあると、通勤電車で暇ができません。(^^)

 おかげで部屋の中は雑誌だらけ、山積みされています。

 日経BP社の雑誌は毎年縮刷版のCD-ROMが出るので、それは必ず買っています。縮刷版のCD-ROMは定期購読の読者だと結構安く購入できます。

 「定期購読で少しお得+縮刷版CD-ROMがお得≧縮刷版CD-ROM通常価格」

ではありますが、その差はわずかですし、雑誌が丸ごと手に入るので、本人としてはお買い得感があります。

 でも、雑誌の数を減らして一冊あたりもっと丹念に読むべきかな。

 難しい選択です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2003/12/24

不快な音

 発泡スチロールを硬い机に押し付けて「きゅっ、きゅっ」といわせる音や、すりガラスにつめを立てて引っかく音、チョークを黒板に立てて動かしたときの音など、結構苦手です。(;_;)/~~~

 こういう音は、苦手な人が結構多いのではと思います。

 人はなぜ、このような類の音に不快感を感じるのでしょうか。

 よく、ねずみや害獣よけに高周波の音を出す機器というのがありますが、それと同じような感じなのでしょうか。

 人が不快と感じる音。この音の利用価値は?そもそも、このようなことを研究している学者はいるのでしょうか?(生物学者?心理学者?)

 というわけで利用価値を考えてみました。防犯関連などどうでしょうか?空き巣や路上強盗にこの種の音を聞かせてひるませるのは・・・

 製品を開発して特許でもとろうかな。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/12/23

セキュア・プログラミング

 IPA ISEC セキュア・プログラミング講座にて、セキュアなプログラミング方法についての解説がなされています。

 WEBプログラミングにおける各種クラッキングへの対策や、業務プログラムにおける危険なライブラリ関数の紹介など、プログラミングする人必見のページです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大魔神怒りすぎ

 シアトルマリナーズの佐々木選手の話ではありません。

 「大魔神」三部作の中で、「大魔神怒る」が時代劇専門チャンネルで放映されていました。

 見るともなしに見ていたのですが、あれは結構怖い作品です。(^_^;)

 子供の頃はあまり気にせず、大魔神が怒って変身して悪を成敗する程度に記憶していたのですが、悪人の殺され方がえぐい。自分の所行(悪行)通りに殺されるのです。今回の悪玉の親分はヒロインの姫様を火あぶりにしようとしていたので、自分が火あぶりにされて死にました。それも、ちゃんと帆柱に磔られてね。

 確か、大魔神の他の作品では、杭を打ち付けられて殺されるというのもあったと思います。ちょっと、怒りすぎかな。

 作品は1966年の作品です。大魔神シリーズは1966年に3作とも作成されています。その後は作成されていないんですよね。大映が絶頂期だった頃の作品です。でも、今見ても、画像はきれいなんです。そして、SFX(当時はこんな言葉はなかったかな。)もある程度はちゃんと見られますね。湖の水が割れるシーンはちょっとおかしかったけど。(モーゼの十戒じゃあるまいしね。)

 あ、大魔神の復讐?(というか神罰と言うべきか)の件ですが、今回は物語の前半で武人像が爆破されて粉々になります。その神罰であれば、やはり爆殺!!かと思いましたが、さすがにそれはしませんでした。製作者の倫理上の問題でしょうか。スプラッターなシーンは当時の社会的な賛同を得られないと判断したのでしょうか。(でも、杭を打ち込むのでも、結構ひどいとは思いますが。)

 武人像爆破で思い出しました。タリバンがバーミアンの大仏像を爆破しましたが、仏罰は下ったのでしょうか?仏教はもともと争いを好まない宗教だから、タリバンが攻撃されても「仏罰だ!!」とは騒がないんですね。(といっても、歴史的に見れば仏教がらみで宗教的な紛争が起きたことはありますが。国内でも、戦国時代は一向一揆などありました。)

 これは推測ですが、もしタリバンでバーミアン大仏像の爆破を指揮していた人が米軍の爆弾攻撃で死亡していたとしたら・・・あぁ、これ以上は怖いからやめておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSXは、買いか?

ハードディスク搭載DVDレコーダー“PSX”は、買いか?

 HDD+DVDレコーダーの走り、PanasonicのHS1を持っています。このハイブリッドレコーダーが調子悪いのです。8月にHDDが故障して修理に出しましたが、それ以降も、HDDに録画しようとすると途中で電源が切れることがあります。必ず起きるというわけでもないので、どう対処していいか分かりません。(T_T)
 DVDレコーダーオンリーとしては使えるのですけどね。

 というわけで、PSXです。

 うーん、でも、ちょっと待ってくださいよ。私の録画対象はスカパーとBSデジタルです。でも、PSXには外部入力が1系統しかありません。これでは、外部にセレクターを準備しなければなりません。
 長期出張でも、予約録画をしてくれるお任せナビ?のような機能は付いているのでしょうか。でも、スカパーには対応していないよね。やはり、コクーンの方がよいのでしょうか。でも、コクーンだとDVDに焼くために別途VAIOを準備しなければならないのでその出費も重なります。
 東芝のX4あたりがいいのかな。

 PSXを分解している記事は、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (2)

名脇役・福本清三

 福本清三さんて、知ってます?時代劇に必要な殺陣の斬られ役を続けて40年以上の大ベテランです。エンディングのキャストの欄に名前が出ることも少ないので、顔は知っていても名前を知らない人は多いのでは・・・

 多分、顔を見れば、「あぁ、あの人か。」とみなさん思うでしょう。主人公に斬られたときにくるっと一回転してから、いったん目線をうつし大きくのけぞりながら倒れる、そう、あの人ですよ。

 WEBで探すと、結構ヒットするんです。意外と知られていますか?こういうこつこつと自分に与えられた仕事をこなす人はみなさんの共感を呼ぶのでしょうか。

 私が、彼を知ったのはNHKの人間ドキュメントで放映されたときです。思わず、あぁあの人かと思いましたよ。私も、顔は知っていたけれど、名前を知らないくちでした。

 その彼も、斬られ役としてハリウッドデビューです。(LAST SAMURAI)です。すごいですね。

 まじめにやっている人は誰かが見ているものなんですね。まさに、彼の本「どこかで誰かが見ていてくれる」を地でいってます。

 ちなみに、WEBで検索すると、「名脇役・福本清三」ページが最初にヒットします。

 「福ちゃんをさがせ」では、画面の端にちょっとだけ映っているような端役をよく見つけるものだと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2003/12/22

鋼鉄天使くるみ

 AT-Xで放映されました。

 元々は、WOWOWのノンスクランブル枠で15分ずつ放映されていました。実は、大ファンでWOWOW放映当時から見ていたのです。また、DVDもCDも買いました。(^_^;)

 こうなってくると、AT-Xとはいえ、放映されるのはちょっと・・・という気になってきます。

 でも、結局見てしまったんですよ。温ちゃん最高ですね。(^_^;) 鈴置さんもいい味出しているし。折笠さんもでているし・・・。作画もきれいだしね。結構気合いを入れて作ってあります。

 WOWOWのノンスクランブル枠で放映されていたもののうち、同時期に放映されていたリスキー&セフティーなんかはとうの昔にキッズステーションで放映されていたりして、「くるみ」だけが放映されていなかったのですよ。なぜなんでしょうね。くるみは続編である「二式」が作成されたり、実写版も作成されたりしましたから。(ちなみに実写版は見ていませんよ。)

 権利を持っている人が安く出したくなかったと言うことでしょうかね。今回は特集という形での放映で、レギュラーではないみたいだから。

 それよりも、何よりも、「くるみ」の新シリーズを作ってほしいよね。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/12/21

ブラックジャック17巻

 秋田書店から手塚治虫の「ブラックジャック17巻」の文庫本が出ていました。

16巻が出てからずぅーっと時間が経っていたので全く無警戒でしたが、先日書店で物色しているとたまたま17巻を見つけたので、買ってしまいました。

 発売日は2003年の8月でした。4ヶ月近く知らずにいたなんて。(^_^;)

 単行本には未収録の作品も載っています。なるほど、私が読んだことのないのもありました。(昔単行本で一通り読みました。)

 それから、ブラックジャックの語録(名言集)も文庫本で出ていたので思わず買ってしまいました。

 彼(ブラックジャック)は結構格好いいこと言っているんですよね。

| | トラックバック (0)

年賀状作成

 毎年のことだけど、年賀状の作成はいつもぎりぎり。パソコンとプリンターを使って作成するわりには遅いよね。
(^_^;)
 今年は23日が勝負かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マサイの戦士

 知る人ぞ知る乳飲料です。

 数年前に「関西・北陸地区」のみ限定発売されました。その後、全国で発売されるようになり、近くのスーパーでも買えるようになりました。
 なぜ、マサイの戦士という名称かというと、実際にマサイ族なんかが飲んでいるものを元にしているからだとか。

大塚製薬のページにマサイの戦士があります。

 ちょっと、癖があるけれど、私にはおいしく感じられました。

 でも、ちょっと高めなんだよね。健康に気を遣う人は一度飲んでみたら?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プラネテス 第12話

 プラネテスというアニメ、おもしろいのですが、今回は特に、「折笠 愛」さんがCVをやっている「フィー」が最高でした。(^_^;)
 喫煙室をテロリストに破壊されて禁煙を強いられ、最後は切れまくってテロリストの衛星に体当たりしていました・・・と書いても、実際に見てみないと、読んでいる人にはよく分からないだろうな。

 久々に、折笠さんの本領発揮?でした。

 折笠 愛さんといえば、やっぱり、天地無用の魎呼でしょう。
 懐かしいなぁ。

 テロリストの衛星はプロパガンダ放送を行った後、主人公達の宇宙ステーションへの衝突を試みます。ケスラーシンドロームを狙ったんですね。ケスラーシンドロームとは、が発生することによりデブリの発生確率が一桁上がり、それを繰り返すことにより、最終的には地球の軌道上がデブリでいっぱいになることです。そうなると、どの方向にロケットを飛ばしても必ずデブリに衝突することになり、地球と宇宙空間とが隔絶されてしまいます。

 フィーはToyBoxでその衛星に体当たりし、両機はそのまま大気圏に突入してしまいます。ToyBoxは燃え尽きてしまいます。フィーは機首部分のカプセルで脱出し無事でした。

 そう言えば、テロリストの衛星はランダム加速なる手法で相手の迎撃を避けていました。そこまでするか?という感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/12/19

合格証書ゲットだぜ!!

 昨日部屋の郵便受けに不在者郵便通知が来ていました。待ちに待った?中小企業診断協会からの合格通知です。

 と言うわけで、今朝郵便局まで出向いて受け取ってきました。

 いやぁ、うれしいですね。

 これで、試験は終わり。後は実務補習を受けるだけです。

 でも、その実務補習、15日間で123000円です。結構高いなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/12/17

達磨の目入れ

daruma.jpg

 というわけで、達磨に目を入れました。大きさを比較するために我が家の愛犬「カール」を隣にはべらせました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やっと合格

 中小企業診断士の第二次試験の結果発表がありました。私は・・・本当は直接吉塚まで見に行きたかったのですが、我慢してWEB上で確認しました。

 あぁ、やっと合格です。4年ですよ、4年。長かったな。

 ずっと、モチベーションを維持し続けるのってたいへんでした。

 これで、やっと、だるまに目が入れられます。このだるまは知る人ぞ知る、中小企業診断士受験2年目に買った高崎だるまです。(それも結構でかいの。)玄関において、毎朝そいつを眺めながらでかけてました。いつまでも、片目ではかわいそうでした。でも、やっと、目が入れられます。今日帰ったら早速目を入れます。(^_^;)

 勉強が長期になるときは、モチベーションの維持が大変です。
 私はモチベーションを維持するために、
1.受験勉強していることを口外する。(人に話す。)
2.お守りなどの受験グッズを身につける。
3.学習計画をちゃんと立てる。
4.時間の有効活用を心がける。
などをしていました。

 最後は神頼みか・・・。太宰府天満宮にお参りに行かないと。あそこは、ここ数年、いろいろとお世話になっています。

 マーガレット・サッチャー(元英国首相)の言葉の中で、「幸運だったのではない、私はそれなりの努力をしてきた。」というのが印象深いです。私は努力はしていませんが、それなりのことはしてきました。

 でも、診断士になるのはゴールではなくて、スタートなんだよね。経営改革の遅れている中小企業を支援することで、地域の活性化を行いたいというのが最終的な目的だから、頑張らないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/12/11

健忘

 先週の日曜日に受けた中小企業診断士の第二次試験・口述試験にて緊張のあまり何を答えたか覚えていなかったのですが、徐々に思い出してきました。

質問
 1.A社が多角化経営を行う場合に、シナジー効果を発揮できるようにするためには、どうすればよいですか。
 2.A社が焼肉店店長の従業員やパートアルバイトに対して期待するリーダーシップは何ですか。
 3.C社が個別生産を行いますが、その特徴は何ですか。

私の解答
 1.A社が持つ経営資源を分析します。そして、新規事業に対してその経営資源をどのように活用できるかを検討します。
 (追加:シナジーとはどのようなものを想定していますか。)
 財務管理など経営管理シナジーと、店舗管理シナジーです。
 2.・・・・(最初何を言ったのか覚えていません。多分、題意を理解していなかったのでしょう。質問を繰り返されました。この辺、頭の中が真っ白でした。)・・・
 教育に対するリーダーシップがあります。従業員やパートに対して、OJTやOffJTの計画や実施に関してリーダーシップの発揮が期待できます。また、人材の配置に関してもリーダーシップが期待されます。各人の適性を見極め適材適所に人員を配置することにリーダーシップが期待できます。
 3.個別生産では、受注してから生産を行うので、納期がかかります。また、靴のようにオーダーメードの製品では、生産したものが足にフィットしないなどのクレームを受けることがあります。
 (他には何かありますか。)
 個別生産では、大量生産のメリットが望めないので、コストが高くつきます。
 (別の人から、今の話はデメリットのみでしたが、メリットに関してはどのようなものがありますか。)
 メリットとしては、顧客の注文にきめ細かく応えることができるので、顧客満足度の向上が期待できます。

 文章ではちゃんと答えているようですが、実際は考えながらの解答で、自信なさそうな態度に見えたでしょう。思い出すほど、緊張していた自分がおかしくなってきます。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/12/07

口述試験、うまくいかなかった?

 だめかも。(T_T)(;_;)/~~~

 緊張で頭の中が真っ白になってしまいました。おぉ、おれでも、こんなに緊張することがあるんだな。とびっくりしました。何とか答えはしましたが、もしかしたら、とんでもないことを言ったのかもしれません。

 それに、普通4題質問があるところを3題しか質問されなかったし。「こいつはどうせ落とすから、3題でいいや」なんて、思われていたりして。・・・自意識過剰か?

 試験は10分間です。これで、1年間の努力が水泡に帰すとは思いたくないですが、もしかしたらだめかもしれません。

 とりあえず、試験後、太宰府天満宮にお参りに行ってきました。
(もし、落ちても来年再受験するモチベーションが残っていますようにとね。)<<おいおい。(^^)

 そういえば、大宰府に行く前に鳥栖駅まで行ったら、駅前で「サガン鳥栖の存続のための署名活動」をしていました。知人のために、サインしてきました。(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/12/06

練習

 口述試験の練習は難しいよ。だいたいどんな質問されるかも分からないからね。

 取り敢えず、想定問題に対して答える練習をしていますが、これをやっているだけでいいのか?少々疑問です。

 ま、やるだけのことはやりますがね。

 後は、緊張のあまり失敗しないことを祈っています。

 でも、この緊張感というのが結構快感なんですよ。普段あまりプレッシャーを感じていないからね。

 明日は惜しみない力を発揮して頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/12/05

やな、予感

 昨日は、大切な口述試験用の冊子が入っているクリアケースを会社に置き忘れて帰ってしまいました。

 当然、今日は持って帰りますよ。だって、今日持ち帰るのを忘れたらアウトだからね。中には受験用の冊子の他、受験票など会場に持っていかなければいけないものも入っているのですから。

 でも、そんな大切なはずのクリアケースを忘れるとは。

 実は、同じクリアケースが2冊あって、1冊目は口述試験関連、2冊目は業務関連の資料を入れていたのですが、間違って業務関連の資料を入れているクリアケースを持ち帰ってしまったのです。鳥栖駅で電車に乗って、「さて勉強しようかな」と思って鞄から取り出したところで、間違いに気づきました。そのまま電車を降りて、取りに戻ろうかなと思いましたよ。

 いやな予感がします。けちが付いたというか、未来を暗示しているというか。

 筆記に受かって口述に落ちたのではシャレになりません。(^_^;)
 話のネタとしてはおもしろいですが。

 ここで、もし、口述試験を落ちたときの心理状態を考えてみます。来年また記述試験から受け直すだけの気力があるのだろうか。ここ数日で、緊張状態の中にも開き直りの心境になりつつあり、もし駄目なら来年また二次試験を受け直してやるぞみたいな気持ちにもなりつつあります。だから、気力は大丈夫かも。しかし、落ちたらいたいよね。

 ま、先のことを考えてもしょうがない。今は、口述試験に向けて注力します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003/12/02

全然勉強していなかった。

 中小企業診断士試験ですが、8月の一次試験にしろ、今回の二次試験にしろ、試験前にほとんど勉強していなかったことに気づきました。

 8月はスクーリング直前で、業務の時間を増やさねばならなかったのです。それで、仕事ばかりしていて、勉強は通勤中に電車の中でやっただけでした。それも、基本的なところばかりです。

 10月の二次試験はさらにひどくて、他の人たちは一次試験が終わった後、一所懸命二次試験に向けて勉強していたはずですが、私はスクーリングがあり、帰ってきたらまた業務時間の増加がありで、ほとんど試験に向けた勉強はしなかったのです。

 それで、合格してしまうとは・・・

 でも、大学の勉強で経済学をやっていることで、一次試験の経済学(経済知識)は点が取れたような気もします。また、経済雑誌などを読みあさって広く一般知識を付けられたおかげで、二次試験の事例解析に役立ったような気もします。こういった時間を含めれば、結局、かなりの時間を勉強にあてていることになるのかも知れません。

 そう言うわけで、試験に向けた勉強だけではなく、広く一般的な経営に関する知識も必要なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »