« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月の24件の記事

2004/05/31

防府南基地開庁祭は・・・

 5月30日に行われた防府南基地開庁祭ですが、私は天候不良のため出撃をキャンセルしました。

 今日は一日家でのんびりしました。(^.^)

 梅雨の季節が到来して航空祭もしばらくはお休みです。

 次の出撃は7月の防府北基地航空祭になります。

 今年はT-7も増えていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/30

口裂け女、韓国に上陸

 【ソウル29日藤井通彦】一九七〇年代に日本で広まった「口裂け女」の風説が、なぜか最近になって韓国に上陸。各小学校などでは、怖がる子どもたちに対し、教師が授業時間を割いて「根も葉もない話」と説明するなど、教育現場に深刻な影響を与えている。Yahoo!ニュースより

 私が子供のころ、はやっていました。でも、私の地域ではそれほど深刻になることもありませんでした。

 1970年代後半と言えば、インターネットなどはもちろんありません。個人間でのコミュニケーションと言えば、「口コミ」、「電話」、「手紙」でした。

 また、子供達は同じ学校のもの同士で遊ぶのが普通で、他校の児童とのコミュニケーションはあまりありません。

 そういったなかで、口裂け女のような風説が広域に広がっていく背景には、「学習塾」の存在があります。学習塾は、学校の校区よりも広い地域から児童を集めます。(商圏が広いと言うわけです。)学習塾の中では勉強をするのはもちろんですが、休み時間に遊ぶときなどお互いの学校ではやっていることが話題になることもあります。児童たちは学習塾で知った他校の話題を自分の学校に持ち帰って話します。こうして、ある学校ではやったことが、他の学校へと伝播していくのです。

 まさに、伝言ゲームです。最初はたわいもない噂話でも、それに尾ひれがついていき、真実の話として伝えられていくのです。

 口裂け女などその典型と言ってもいいでしょう。数多くのうわさの中から最も刺激的なものが伝えられ、(話す人が尾ひれをつけていき)あのような話になったと言うわけです。

 さて、現在ではインターネットが普及して同じ内容の話を多くの人に同時に伝えることができるようになりました。といっても、子供はコミュニケーション手段としてのインターネットの恩恵にあまりあずかっていません。(子供が興味あるのはインターネットのゲームでしょう。)というわけで、学習塾を媒介とした口コミは今でも健在なのです。

 私の推測ですが、韓国で口裂け女が広まったのも、学習塾を通してではないでしょうか。韓国は子供に対する教育に大変熱心だと聞きます。学習塾も多くあるでしょう。一人の子供が複数の学習塾に通っている事も多いのではと思います。ということは、より多くの他校の児童と交流する機会があるということです。それが、地域の境を越えた情報の伝播手段としての機能を果たしているのでは。

 ところで、日本の子供達のあいだでは、近頃こうした風説がはやっているとは聞きません。

 こういった話がはやるのは、伝達する手段である口コミ、地域を越えて連鎖させる媒介、そして何よりも、話を怖いと感じる感受性や想像力が必要です。

 学習塾と言う媒体は相変わらず存在しています。それでもしこのような話がはやらないとすれば、日本の子供達は言葉で相手に自分を伝える能力(バーバルコミュニケーション)が少ないか、感受性や想像力が少ないかのいずれかあるいは両方かということになるのでは。

 韓国の口裂け女の話を聞いて、日本の子供達のことが少し気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

九州地区梅雨入り

 気象庁は29日午前、九州、中国、四国地方で梅雨入りしたとみられると発表した。平年並みの九州南部以外は、九州北部で7日、四国で6日、中国は8日、平年より早い。昨年に比べ、九州は11日、四国と中国は12日早い。Yahoo!ニュースより

 29日の北部九州地方は、非常に蒸し暑い一日でした。太陽は照っていないものの、じめじめとしていてまさに梅雨を思わせる日だと思っていたのですが、やはり梅雨入りしました。

 梅雨は苦手です。じめじめがたまりません。

 あぁ、これから約1ヶ月、こんな日々が続くのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/29

懇親会

 中小企業診断協会の支部総会の後の、懇親会に行ってきました。

 ・・・ただの飲み会なのですが、診断士の方の生のお話をいろいろ聞けるのは結構ためになりました。

 支部総会のときにもいらっしゃいましたが、今年協会に入会された方で、14年度の実務補習を受けた人が懇親会にも出られていたのでお話をいろいろしました。

 その人は、平成13年、なんと大学2年生のときに1次試験を突破し、平成14年大学3年生で2次試験を突破し実務補習を受け、今年3月に大学を卒業して、晴れて診断協会に入会されたのです。4月からは独立診断士として活動されているとのこと。

 これって、すごいです。たぶん最年少の診断士でしょう。とても信じられません。世の中にはスゴい人がいるもんです。結構刺激を受けました。私も、診断士の資格を取って浮かれている場合ではありません。がんばらねば。とりあえず、大学は出なきゃ・・・(^^)

 ところで、診断協会の総会・懇親会に参加されている診断士の方って、結構年配の方が多いです。若い方は、企業内診断士として活躍されているのでしょう。そして、診断協会に入っていない方も多いのでしょう。うーん、彼らとの情報交換などを行うすべはないものでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業診断協会県支部総会

 本日行われた、中小企業診断協会の県支部の総会に行ってきました。

 本日は、部会と支部の総会の2つがあったのですが、いずれも昨年度の事業報告および決算、今年度の予算案の2議案の承認でした。(それと、新会員の紹介ね。私は今日二度も自己紹介をしました。)(^.^;)

 県支部には200余名の診断士が登録されていますが、本日総会に参加した人数は40~50名程度でした。

 ・・・確かに、この2議案の報告と承認を得るだけならば、あまり参加する意義はないかなとも思います。

 でも、議案はともかく県支部長の話は結構面白かったです。彼は(当然だろうけど)支部の新たな取り組みについていろいろ考えておられるようでした。今後、支部会がいっそう盛り上がることを期待しています。

 今、いったん家に帰ってきて書いています。しばらくしたら、懇親会のために再び出撃します。なんといっても、支部会の事務局が家から近いのはいいよね。(電車3分+自転車5分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/26

飛行機ブロードバンドの商用サービス始まる

 飛行中の旅客機内からインターネットに接続できるサービスが今週始めにスタートした。17日、ルフトハンザ航空のミュンヘン発ロサンゼルス行きの定期便において、飛行機ブロードバンドの商用運用としては世界初となる「FlyNet」の提供が開始された。Yahoo!ニュースより

 飛行機の機内からもインターネットができるようになると、長距離のフライトで手持ち無沙汰にならなくて助かります。なんでも料金は従量制と定額制の2種類あって、定額制は\3,000-程度です。

 インターネット網との接続は人工衛星を使うそうです。接続速度はADSLよりも遅いのですが、ブラウジングやメールの送受信程度であれば十分です。

 利用者はPCやPDAを機内に持ち込むだけでいいのですが、LANに関しては無線タイプと有線タイプの2種類の方法が考えられています。

 国内の航空会社でも日本航空システムと全日空がともに2004年中には同様のサービスを提供する予定です。

 でも、無線LANだと、航空機の計器に影響を与えないのかしらん。(^.^)

 私なんかも、ネットにつながっていないと不安になるタイプですので、(^.^) サービスが導入されたら早速利用したいですね。でも、国内だとフライト時間は長くて2時間程度ですので、あまり利用できないかも。

 それに、ノートPCが突然のタービュランスでテーブルから落っこちたり、HDDの回転中に強いGがかかって破損したりすることを考えるとなかなか使えないな。やはり、PDAのほうがいいのかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/24

衝動買い!!世界の航空機100年物語 Vol.1

 航空機雑誌です。これは見た目はデアゴスティーニなんですが、実際はデ・プラドが出版しています。

 今日、実は本屋さんで平積みされているのを発見しました。最初はデアゴスティーニの「エア・コンバット・コレクション」かと思いました。だって、サイズと厚さがそっくりだったからです。でも、中に入っているダイキャストモデルは「コンコルド」だし・・・

 よくみると、表題の「世界の航空機100年物語」だったのです。Vol.1だったから、創刊されたばかりでしょう。確かに大量に置かれていましたもの。

 で、「コンコルド」です!!これは買わずにいられませんね。というわけで、衝動買いしてしまいました。本当は「航空ファン7月号」を探しに行ったのですが・・・

 今日は、社内報の原稿料として図書券を¥1000もらっていたのですが、それをいきなり使ってしまいました。

concorde.JPG

 コンコルドと言えば、いわずと知れた英仏共同開発の超音速旅客機です。昨年に引退してしまいました。結局実際に飛んでいる姿を見ることはできませんでした。

 このデザインが最高に格好いいですね。ボーイングがソニッククルーザー構想をぶち上げてすぐ引っ込めてしまいましたが、あのデザインよりも当然いけてます。それに、マッハ2で巡航すると言うのがスゴい。だって、他の旅客機で音速を超えるものなんて存在しないんですもの。ただ、経済性の面から言えば、コンコルドはオイルショック以前の産物と言わざるを得ません。原油価格が高騰する中、コンコルドを運用し続けることは、赤字を垂れ流しているようなものでした。(なんでも、コンコルドを運用するためにフランス国家が補助金を出していたとか。)皮肉な言い方をすれば、これも面子を重んじるお役所的な施策と言うべきでしょうか。

 ところで、次号はYS-11だそうで。これはまた買ってしまいそうです。(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/05/23

となりが火事

 私の住んでいるアパートのベランダ側には倉庫があり、その更にとなりには空き地があります。倉庫は、私のアパート経営もしている酒屋さんの倉庫です。中にはお酒がたくさん入っているはずです。

 昼間、その空き地あたりから黒い煙が上がっているので、「また空き地で何か燃やしているのか」と思っていました。黒い煙が私の部屋のほうにもかかってきていたので、迷惑だなと思っていました。

 ところが、実際は空き地で何か燃やしているのではなくて、倉庫の窓から空き地側に煙が出ていたのです。そう、隣の倉庫が火事になっていたのでした!!

 しばらくして、消防車のサイレンが鳴り出したので、その事実に気づきました。

 「ひぇー」というかんじです。

 指揮車とポンプ車がやってきて、ホースを伸ばし早速放水です。黒い煙が瞬く間に白い煙になりました。そして、だんだんと弱くなっていきました。で、結局火事はすぐに消されたのでした。ぼや程度だったのかな。でも、消防と警察とで延々と現場検証をしていました。(ベランダの窓からずっと見ていました。)

 今日は風邪気味で寝ていたのに、煙でのどを痛めそうでした。

 いやー、火事は怖いですね。火の元には気をつけないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/22

研究会に参加してきました。

 5月22日の土曜日に、診断士の研究会に参加してきました。

 今回初めて参加しましたが、実務補習で同じ班だった人が2人と別の班ですが同期に実務補習を受けた方が参加していました。

 内容は、他県の診断士の方の講演がメインでした。その方が、家業を再建するお話でした。思ったよりも実務に即した内容で、面白かったです。

 実務補習の指導員をされていた方が幹事役をされていました。久しぶりに個人的なお話をしましたが、研究会に若い方がほしいと言うような話をされていました。確かに今日参加されていた診断士の方の半数以上は定年退職後の方でしたし、中には80歳を超えている方もおられました。そのような方々がこの研究会の実務をこなすのは難しいのではと言う印象を受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/21

@nifty 12周年

 今日で、私は@niftyに入会して12周年を迎えました。@niftyからお祝いメールが来て知りました。入会した当時はNifty Serveと言われていました。

 今のアパートに引っ越してきてすぐに入会したので、このアパートに住むのも満12年になると言うわけです。

 そういえば、当時はEPSONのPC98互換機でした。そして、モデムは2400bps。

 今からは想像つきませんね。当然、インターネットもなし。テキストベースでパソコン通信やっていたものです。

 インターネットに接続したのはその後です。それからすぐにWindows3.1のPCを手に入れてから、トランペット(ソケットプログラムのことです)を入れて、Win32Sを入れて、MOSAICをインストールして・・・なんて大変な手間をかけてインターネット(WWW)に接続していたものです。接続できただけで嬉しかったものです。なんとしてもホワイトハウスのページに行って、大統領の飼い犬の写真を見てみたかったのでした。

 あれから、12年。今ではADSL接続で、実測12Mbps出ています。PCの性能も雲泥の差になっています。

 うーん、この先12年経ったらどうなっていることやら。

 末恐ろしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/20

先生記念日

 些細なことをたいそう大きく書いて恥ずかしいのですが、今日初めて「先生」と呼ばれました。(^.^)

 診断士の研究会の例会に参加を申し込んでいたのですが、そこの事務の方から参加確認の電話をいただきました。そのときに、「XX先生ですか?」と言われたのです。

 いやぁ、結構嬉しかったな。

 というわけで、俵万智じゃないですが、「先生記念日」。(ネタが古いかな。)

 名前だけではなく、仕事もちゃんとこなしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/17

日経アドバンテージ休刊へ

 昨年の4月(5月号)に発刊されたばかりの日経アドバンテージですが、今年の6月号にて休刊することになりました。

 日経BP社からはそれこそ「日経~」という雑誌が山ほど出版されています。日経アドバンテージもそのうちの一冊だったのですが、他の雑誌(日経BP社の雑誌)との差別化が図れなかったようです。

 確かに、読んだ感じでは、日経ベンチャーやら日経ビジネスやらとの違いがいまいちあいまいかなと思っておりました。

 で、休刊の運びとなったわけです。

 私は定期購読を行っていたのですが、払い戻しの通知が来ました。商売上手というかなんというか、ちゃんと、「他の雑誌への乗り換えがお得ですよ。」という案内も入っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イニシアコンサルティング(株)

 経営学の講座(読み物)のページがありました。

 「イニシア・コンサルティング|経営学講座

 中小企業診断士・第1次試験の「企業経営理論」、「経営学」あたりに出てきそうな内容です。

 「組織論」、「戦略論」、「企業システム」と、大きく3つに分かれています。

 企業システムの後半は作成中らしいので、今後もページの充実が図られる可能性大です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/05/16

数学に苦戦

 7月の2004年度第2回科目試験に向けてレポートを作成中です。今回は数学を3科目受けようと思ってがんばっているのですが、なかなかレポートが進みません。(T_T)

 数学(基礎)
 数学(微分積分)
 数学(線形数学)

 この3科目があり、いずれも2回ずつレポートを提出しなければなりません。このうち、線形数学は2回とも提出完了し、今は基礎に取り掛かっています。そのうち1回目の方は何とか片付けたのですが、なんだか力尽きそうです。(^.^)

 レポートの締め切りは5月24日(月)。当日の消印があればいいので、また当日夕方博多郵便局に出すことにするかもしれません。

 昔は数学得意だったのに今は見る影もありません。気合を入れてがんばらねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/15

慶應義塾大学で結核の集団感染発生

 横浜市は14日、同市港北区の慶応大学で結核の集団感染が起きたと発表した。感染者数90人中2人が発病しており、通院治療を受けている。2人には、せきなどの自覚症状はなく、結核菌を排出していないため、感染拡大の可能性はない。国への報告制度が整備された93年以降、同市では最大規模の集団感染となった。(毎日新聞)Yahoo!ニュースより

 これって、日吉キャンパスか?やばい。夏期スクーリングで行く予定だったのに。

 あ、他のニュース記事を見たら、「矢上キャンパス」だとありました。それに、夏期スクーリングまでには2ヶ月以上あるから大丈夫だよね。

 でも、結核はどこから持ち込まれたのでしょうか。

 で、世界で結核の感染者の多い国を調べてみました

 少々意外でしたが、隣国である韓国・北朝鮮は結核の発生率が高いようです。韓国に行くときには気をつけねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/14

CDやDVDの寿命は意外に短い?

 ちょっと驚きのニュースです。我が家でもCDが出始めた頃から(20年くらい前ですか。)レコードからCDへと移行していきました。今では、映像はDVDか、DVC、音楽はCDとデジタルメディアしかありません。(互換用にS-VHSなどのデッキも置いてありますが・・・)

 何でも、CDの表面に付いた傷から空気が入り込んでメディア内部のアルミニウム層を腐食させてしまうことがあるそうです。こういう状態になったら正常に再生するのは難しくなってしまいます。

 もともと、CDはレコードと違って何度再生しても劣化しない、非常に耐久性が高いことを売りにしてきました。そのCDやDVDの寿命が当初思われていた期間よりもかなり短いとしたら・・・

 これは深刻な問題です。

 記事では、腐食の原因として

・製造工程(ミス)によるもの
・利用者の取り扱いによるもの

の2つを挙げています。
 製造工程が原因であれば、我々としては為すすべもありませんので、CDをコピーして延命を図るしかありません。でも、利用者の取り扱いによるものは、取り扱いに注意すればいくらでも防げるものです。

 CDが手軽だからと言ってぞんざいに扱わないで、ディスク表面を傷つけないように、昔レコードを扱っていたのと同じ慎重さで取り扱いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/13

W32/Sasser蔓延中

 このワームは、Microsoft Windows の Local Security Authority Subsystem Service (LSASS) の脆弱性MS04-011 を悪用して感染を広げるワームです。

 JPCERT/CCなどがゴールデンウィーク明けくらいから注意を促しておりましたが、被害は拡大しているようです。

 このワームによって、Microsoft が2004年04月14日に公開した修正プログラムを適用していない

 Microsoft Windows 2000
 Microsoft Windows XP

 が被害を受ける可能性があります。(亜種には上記の他にWindows95/98/MEでも動作するものがあります。)

 うーん、前回も書きましたが、OSのパッチを頻繁にあてる、アンチウィルスソフトに対しては最新のウィルス定義ファイルに更新するといった手だてを講じれば防ぐことができるはずなのに、どうしてこう感染する人が多いのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/12

紛失300万円JAに戻る

 滋賀県日野町の「JAグリーン近江」日野東総合支店の金庫から現金300万円がなくなったが、支店長宅に「スミマセン」と書かれた図入りの手紙が届き、職員らが解読して金を取り戻していたことが12日、分かった。Yahoo!ニュースより

 この300万円はJA敷地内の駐輪場脇のプランターの中に隠されていたそうです。したがって、ニュースでは紛失とありますが、実際は盗難と見るべきでしょう。つまり、誰かが金庫の中から300万円を盗み出したが、良心の呵責に耐えきれずに、或いは怖くなって、こっそり返したと考えるべきです。他の可能性もなきにしもありませんが、こう考えるのがいちばん妥当です。

 支店長宅に送り届けられた地図のようなものを職員が解読するのに1時間くらいかかったそうですが、いったいどのような地図だったのか、ちょっとだけ興味がありました。分かりやすく、駐輪場脇のプランターと字で書けばよかったのに、どうして地図にしたのかミステリアスです。「スミマセン」とはワープロで書かれているのに、地図は手書きだとは。

 ちょっと不謹慎な推測ですが、職員は宝探しのような興奮した気持ちで地図の解読に挑んだのでしょう。

 そして、さらに不謹慎ですが、その地図らしきものを公表してほしいな。警察に(窃盗事件として)被害届を出せば、重要な証拠品として警察の手に渡るはずです。だから、その際は公表は困難になります。が、もし被害届を出さないのであれば、公表してほしい。ちょっとだけ興味あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/11

チョコエッグ番外編

 「エアメモinかのや」のために鹿児島県の鹿屋市を訪れていましたが、鹿屋市内のコンビニにてチョコエッグ「戦闘機3シリーズ」を発見しました。思わず2個買ったのですが、いろいろ忙しくて紹介が遅くなりました。今日、HPを見ている同僚からそこのところを突っ込まれました。(^.^)
 そこで、今日はその紹介です。

 最初は、A-7です。
A-7.JPG
といっても、これは私が引き当てたわけではなく、友人が引き当てたものを譲ってもらったものです。実機は、コクピットの真下にエアインテイクがある独特の形状をしていることで有名です。よく、このエアインテイクのところにさめの口(シャークティーズ)を書いたものが写真に収められていたりします。A-4スカイホークの後継機となる攻撃機の選定にて、F-8クルセイダーを攻撃機に改造したこのコルセア2が採用されたわけです。リスクの少ない機体というわけですね。

 私が引き当てた1機目はミーティアF1です。
MI.JPG
 イギリス最初のジェット戦闘機です。・・・あれ、これは説明書についていた写真と塗装が違うぞ。写真にあったのは迷彩塗装のやつでした。これは、銀一色です。もしかして、色違い?そういえば、チョコエッグの動物シリーズなどは色違いがありましたが、戦闘機シリーズにも色違いがあるのですね。

 私が引き当てた2機目はB-1Bです。
B-1B2.JPG
 これは、かぶってしまいました。やはり、調達数が増えるとダブる可能性は高くなりますね。

 でもって、最後は、その後数日して、近所のスーパーにチョコエッグがおいてあるのに気づいて買ったものです。
F-4U2.JPG
 これは、コルセアのダブりなのですが、よく見ると色が違います。手前のほうが新しいやつです。両機を並べるとなかなかかっこいいです。

 というわけで、結構たまってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/10

診断士受験対策本の行方

 私はほとんど独学で中小企業診断士を受験したので、勉強の友は市販の受験参考書でした。毎年毎年、十冊以上買い続けてきたので、その数なんと30冊強です。すでに古い参考書は何冊も捨てたのですが、現存するものだけで、積み上げるとざっと50cmにもなります。

 で、この参考書を今後どう取り扱うかですが。

 捨ててしまうのは今の段階ではもったいない気がします。

 かといって、このまま置いておくのではかさばってしょうがないし。

 結局、参考書の中で有用な部分だけをスクラップして再構成して永久保存版とし、のこりの練習問題などの部分を廃棄するのがいいかなと思っています。

 でも、それって、実際にやるのは結構大変な気が・・・

 というわけで、本棚から取り除かれて、その脇に積み上げられた参考書を見ながら、「いつかやらねば」と思う今日この頃でした。

 ちなみに、積み上げられているのは参考書だけではなくて、その他の雑誌も同様です。(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/06

2004年度版 中小企業白書の覚えかた

 そろそろ中小企業白書の発売される時期になってきました。中小企業診断士の一次試験には、基本的に前年度の中小企業白書から各種施策などに関する設問が出されます。

 中小企業診断士受験生の方達も中小企業白書の内容を覚えるのに躍起になっている頃でしょう。(昨年の私がそうでした。(^_^;))

 いつも拝見させていただいている「コクログ」のkokさんは、声に出して読んでいるとか。確かに、声に出して読むと、目から入った情報がいったん口から出て再び耳から入るので学習効果は高いでしょう。

 私は去年どうしていたかというと。

 私は、通勤途中の電車の中が主な勉強場所でした。通勤鞄の中にかさばる中小企業白書を入れて持ち歩くわけにもいかないし、ましてや声に出して読むわけにも行きません。(^_^;)

 私は、CD-ROM(最近の中小企業白書には付属しています。内容は印刷物と同じ内容のPDFファイルと文字情報だけのテキストファイルです。)のテキスト版をPDAに入れて黙読しました。それから、同じくテキストファイルを音声読み出しソフトで読ませてMDに録音し、それを電車の中で聞きました。あの抑揚のない音声は返って記憶に残りやすい気がします。(家族に読んでもらってそれを録音するのもいいでしょう。家族に負担かけると、どうしてもその期待に応えようと思う心の動きがおきるので、自分へのプレッシャーになっていいかも。)

 後、図・グラフはいくつか出る可能性がありますので、押さえておかなければなりません。どれとどれを押さえておくのかは、いろいろなかたが法則を出しています(^_^;)ので、それを参考にするとよいでしょう。

 中小企業白書は中小企業診断士のバイブルだと言っていた人がいました。 私も今年また購入して一読してみることにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岩国基地フレンドシップデイで事故

 毎年5月5日に山口県岩国市の米軍海兵隊岩国基地で開催されるフレンドシップデイ(航空祭)にて、海上自衛隊のヘリコプターのダウンウォッシュ(ヘリコプターのメインローターが巻き起こす強い下向きの風)によりエプロン地区のテントが吹き飛ばされて、テントの下敷きになった人のうち9人が重軽傷を負う事故が発生しました。

 今までは毎年行っていましたが、実は今年は行かなかったのですよ。理由は、展示飛行があまり無いと思われたからです。

 ここ数年、岩国基地に所属する部隊の展示飛行がほとんど行われていませんでした。理由は、部隊の大部分が海外(タイ)で開催されているコブラゴールドという演習に出ているためです。コブラゴールド演習は、例年この時期に行われているようです。

 それでも、ブルーインパルスが飛来するのであれば行くところですが、今年はそれも無し。GWに入る前の週間天気予報では、天候も余りよくなさそうでした。

 これらの状況から、今年の出撃はしないことにしていました。

 そこで、こんな事故が起きるとは。

 行かなくて助かりました。

 海上自衛隊のヘリコプターはMH-53Eという大型のやつらしいです。頭に「M」と付いていますから掃海ヘリコプターです。このヘリコプターが巻き起こすダウンウォッシュは相当なものでしょう。

 事故原因ですが、例のテントは、去年からエプロン地区の展示飛行観覧エリアの最前列に置かれていたものだろうと思います。去年の例で言えば、ブルーインパルスの駐機している場所の真正面でしたので、ブルーインパルスの地上シーンを撮影する際のじゃまになって仕方がありませんでした。テントは、招待者用の貴賓席でした。

 昨年はブルーが駐機していたので、ヘリコプターの展示飛行などはその奥の滑走路上で行っていましたが、今年はブルーがいない分、少し手前で展示飛行を行ったと言うことでしょう。(推測ですが、多分誘導路上・・・つまり、ブルーが駐機していた場所あたりではないでしょうか。)

 確かにあのテントは、地上に杭とロープでつながれているわけではないようでした。(そもそもエプロン地区は地面がコンクリートなので、杭は打ち付けられませんが。)昨年はたまたま吹き飛ばなかっただけといった方がいいかも知れません。

 迫力ある飛行展示は航空祭の売りの一つですが、安全面の配慮も考えてほしいものです。(もちろん考えていることとは思いますが、事故の内容から推測すると、主催者側と演技する側との調整など不十分だったのではと思われます。)貴賓席に日よけのテントが必要であれば、エプロン地区のロープ際から下がったところに段を設けて少し高い場所を作り、そこにテントを張るようにするなどの配慮が必要でしょう。(しかし、そもそも飛行展示を見るのにテントの中から見ようと言うほうが無理がありますよね。)

 怪我をされた方々の一日も早い回復と、安全面に配慮しかつ迫力のある展示飛行が行われる航空祭の実施を切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/05

2004年鹿屋紀行

4月28日行程

1.リレーつばめ 博多=>新八代
 在来線のリレーつばめですが、新八代駅では高速道路のジャンクションのように接続用の線路が敷かれています。その線路に沿って、ぐるっと迂回して新幹線に接続していました。結構スペクタクルです。(^_^;)

2.九州新幹線つばめ 新八代=>鹿児島中央
 新幹線の先頭部分を撮影しようかと思いましたが、乗り換え時間と荷物の関連で先頭車両のところまで行けませんでした。(T_T)
 新幹線はほとんどトンネルで景色を見る暇はありませんでした。

3.市営バス 鹿児島中央=>鴨池港
 前回は西鹿児島から鴨池港までタクシーを使ったのですが、今回はバスを利用してみました。時間はかかりますが、180円ですむので助かります。

4.フェリー 鴨池港=>垂水港
 海は好きです。昔千葉に住んでいたときは、木更津と川崎を結ぶ東京湾フェリーによく乗っていました。そのころを思い出します。天気もよくて波は穏やか。桜島もきれいに見えました。

5.バス 垂水港=>航空隊前
 垂水港から鹿屋基地の航空隊前までは通常のバスです。約30分かかります。結構遠いです。

6.友人の車 航空隊前=>あれこれ
 航空隊前のバス停に着いたのは11:30くらいでしょうか。実は鹿児島中央駅でバス停を探すのに少し手間取ったので30分くらい遅くなりました。それでも、5時間くらいはかかる計算です。特に、鹿児島から先が遠いです。

 友人と鹿屋基地南側に移動してブルーを撮影した後、史料館によって、ファミレスで夕食です。ここで吐血事件が発生し、食欲がなくなってしまいました。

 西原のローソンでチョコエッグ「戦闘機シリーズ3」を発見し2個ゲット。食欲が無くなった分、夜中お腹が空くことを考えておにぎりを調達しておきました。(結局食べましたが。)

 その後宿に向かい明日に備えて早めに就寝。

4月29日行程

1.友人の車 基地=>新八代
 当日は、基地に直行しひたすら撮影。雲一つない快晴のため、顔と両腕が日焼けで真っ赤になりました。5月5日現在、顔は皮がむけましたが、両腕は今から皮がむけていくようです。

 エアショー終了後最後まで粘って会場を後にしました。友人に垂水港まで運んでもらうつもりでしたが、その方面の道は基地を出た直後からほとんど動かないほどの渋滞でした。「これはやばい」と急遽予定を変更し、都城ICから宮崎自動車道、九州自動車道経由で新八代まで乗せてもらうことにしました。

 ところが、例年都城方面は道が全く混んでいないのですが、今年は車が多いのです。渋滞と言うほどではありません。都城に向かう道は一般道ながら信号がほとんど無いので、前後の自動車と一定間隔で延々と走っていく状況です。普段はほとんど車が通らないようなところでこういう状況なので、都城市街地では渋滞が予想されます。ということで、さらに予定を変更して途中で左折して末吉ICから東九州自動車道に入りました。八代ICまで¥3600かかりました。新八代着は20:04でした。

2.リレーつばめ 新八代=>博多
 リレーつばめ68号でした。結局、帰りは九州新幹線には乗れませんでした。(T_T)

 あのまま垂水港に向かっていたら、何時頃に垂水港に着いたのか、とても興味あります。(来年の計画にも関係してきますしね。)

 それから、東九州自動車道が早く鹿屋まで開通してほしいですね。そうすると車で鹿屋に行くのが随分楽になります。

 というわけで、結構ハードな2日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/04

鹿屋写真をアップしました。

 Yahoo!フォトに鹿屋の写真をアップしました。

 こちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »