« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月の24件の記事

2004/07/28

「中小企業の会計」ツール集

 「『中小企業の会計』ツール集

 今日、診断協会の県支部のメーリングリストから届いたメールにありました。

 結構使えそうなツールです。

 実務補習のときに使ったExcelのシートも結構使えるのですが、例えば、製造業+小売業、卸売業+小売業のような業態のデータを入力するには、かなり変更が必要でした。(結局私が改造して使いましたが・・・)

 また、そのときに、実務補習の指導員の先生から同じようなExcelのシートをいただいたのですが、それはちょっと使いづらいものが・・・

 このツールはまだ使い込んではいません。ざっと見ただけですが、機能がいろいろあるみたいです。少し試してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/27

A氏に会う

 先日の会社の経営方針発表会と懇親会に出席していなかったAさんが今朝会社に来ていました。

 久しぶりに見ました。鳥栖勤務を終わって以来です。

 なんでも、仕事で使っているノートPCが壊れたので修理に寄ったとのことです。

 そういえば、今やっている仕事は大変らしい。彼の担当しているものはそうでもないのだが、新機軸のOSを載せたものが、トラブルで出荷停止になる瀬戸際らしい。あぁ、今鳥栖にいれば、みなが右往左往しているところを高みの見物できたのにね。(^^)

 でも、がんばっている皆さんに悪いからそうも言っていられない。それに、実際に鳥栖にいれば、巻き込まれること請け合いです。剣呑剣呑。

 あ、せっかく鳥栖に行くメンバーが会社に来たのだから、S君に¥5,000-持って行ってもらえばよかった。

 なんだかよくわからない話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/26

「へらちょんぺ」を久しぶりに見る

 CS(スカイパーフェクTV!)のフジテレビ721で、「タモリのSUPERボキャブラ天国」が放送されています。

 先週、番組中のコーナーである「ボキャブラ・ヒットパレード」のノミネートの中に、「へらちょんぺ」が登場しました。

 先週は特番だったのですが、そのときが初出演でした。あの、「志村けんのバカ殿様」を思わせる白塗りの顔に、ブリーフ一丁のあられもない姿を久しぶりに見てしまいました。

 今は何をやっているのかなぁ。というわけで、「おふぃすへらちょんぺ」を見にいきました。トップページには、ボキャブラ大座布団を抱えた素顔のへらちょんぺが・・・

 ちゃんと芸能活動をやっているみたい・・・とおもったら、このサイト、近頃更新していないような。今何をやっているのかな。

 ちなみに、ボキャブラ・ヒットパレードには、「爆笑問題」なども出演していました。しかし、結構面白くないネタをやっていますね。まだ、ブレイク前みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/25

ホテル予約

 さて、先ほどネットで今夏のスクーリングの宿を予約しました。

 昨年は、
日吉キャンパス=>新横浜
三田キャンパス=>(キャンパスから徒歩)
のホテルを確保できました。

 で、今年は、
日吉キャンパス=>新丸子
三田キャンパス=>蒲田
のホテルを確保しました。

 今年は、三田キャンパス近くのホテルを確保することができませんでした。なんと、蒲田駅近くのホテルとなってしまいました。新丸子のホテルは「旅の窓口」になかったので、Yahoo!の「旅げーたー」で予約しました。

 でも、日吉キャンパスの際のホテルとしては、今年は新丸子駅の近くですので、より近くなりました。また、蒲田駅近くのホテルは、インターネット接続化のようです。今年は、PCを持って行く予定ですので、そのPCがネットにつなげるのは大きいです。残念ながら、新丸子のホテルにはインターネット接続環境はないようです。ま、いずれのキャンパスにもITCと呼ばれる施設があって、インターネットに接続されたPCを使うことができるので問題ないですが。

 ところで、蒲田の近くのホテル・・・このホテルは確か、私が入社して初めての出張(iRMXの研修)で東京に行ったときに最初の二日間泊まったホテルです。(予約の関係上、その後は別のホテルに宿泊しましたが。)

 もう、十数年前になります。なんだか懐かしい・・・。

 さて、でも今年はスクーリングに行けるのかな。ちょっと心配です。少なくとも、三田キャンパスの隣の東京支社に顔を出して、少しは仕事をしないといけないかも・・・。あ、それから、航空機の予約もしなくては・・・。

 厳しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/24

謎は全て解けた!!

 先日BS-iで放送された、「極限に挑むテストパイロット」の中では、基地内のパイロット達の様子が映っていました。2Fのブリーフィングルームらしき部屋から出てきたパイロットが階段を下りるシーンでは、その脇に冷凍庫が映っていました。冷凍庫と言っても、よく駄菓子屋にあるアイスクリームを入れる、あの冷凍庫です。

 なんで、あんなところに、アイスクリーム用の冷凍庫が?

 そのときは疑問だったのですが、今日買ってきた航空ファンを読んでその謎が解けました。今月号の航空ファンには、ブルーインパルスの記事がありました。その中で、「T-4ブルーインパルスは疲れる。精神的、肉体的に疲労したパイロットは甘いものを求める。ブルーインパルスの官舎には、駄菓子屋にあるようなアイスクリーム用の冷凍庫がある。」という記述があったのです。

 まさにそれでした!!

 アクロバット飛行のパイロットではありませんが、テストパイロットも精密な飛行(高度・速度・旋回半径など)が求められます。普通の戦闘機パイロットよりも過酷であるという意味では、ブルーインパルスのパイロットと同じかも。

 きっと、それで岐阜基地にも置いてあるのでしょう。

 いやぁ、実は、なぜ映像に駄菓子屋のアイスクリーム用冷凍庫があるのかちょっと気になっていたのでした。これですっきりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/23

必ず起きられる目覚ましベッド

 えきねっとにて発売されるそうです。

 以前テレビで見たことがあります。運転士や駅員が寝坊をしないように、時間になると空気圧でマットレスがエビゾリになるベッドです。

 あんなものを市販するとは・・・

 でも、結構売れそうです。つまり、絶対に寝坊が許されないような職業のかたが個人で購入したり、職場の仮眠室に設置したりしそうです。

 でも、ベッドから落ちて床で寝ている人には効かないな。

 私などにはあまり有効でないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/22

自転車のチェーンがよく外れる

 近頃、自転車のチェーンがよく外れます。

「気温が上昇」 => 「チェーンが伸びる」 => 「外れやすくなる」

と言うことでしょうか。

 そういえば、以前の自転車も長い期間乗っているうちにチェーンが外れやすくなりました。(以前の自転車は盗難にあってしまいましたが。)

 そのときは、ホイール・ベースを少し長めにしました。(ねじを回すと調節できるんですねぇ。)

 今回も、チェーンが外れることが続くようであれば調節をしなければならないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/21

宇宙戦艦ヤマト復活!!

 あの宇宙戦艦ヤマトが復活するらしいです。20年ぶりくらいでしたでしょうか。私が最後のヤマトを見たのは高校生だったので・・・。

 でも、もうどうでもいいかなという感じです。いまさらヤマトもないでしょう。富山敬氏も亡くなっていますし、古代進が艦長だとか森雪と結婚しただとか、波動砲が復活するとか、そんなネタはもういいです。

 そういえば、あの宮崎監督が「自分が『風の谷のナウシカ2』を作ったと聞いたときは、あぁ、宮崎も終わりだなと思ってください。」といっていましたが・・・。

 今の世代の子供達に訴える何かがあるのでしょうか。

 自分は作品としては興味ありませんが、子供達にどう受けるのかは楽しみです。

--

 と思っていたけれど、その後のニュースによると事態はそう簡単ではなさそうです。

 ヤマトに関しては、プロデューサーと原作者側が著作権をめぐって法廷論争を繰り広げていました。最近になって和解しました。今回のヤマト復活はプロデューサー側が企画したものですが、原作者および映画化権保有会社にとっては寝耳に水だったようです。

 さてさて、復活はどうなるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/20

P3C後継機

 米軍は、対潜哨戒機P-3Cオライオンの後継機にMMA(Multi-Mission-Aircraft)の導入を決めました。これは、ボーイング社の737-800型機、あるいはそれに類するBBJ(Boeing-Business-Jet)を母体とした多用途機です。新規に軍用として機体を開発するより、すでに実績のある機体を軍用に転用するほうがコスト面で有利と言うことなのでしょうか。COTS(CommercialOffTheShelf)の一環ですね。

 翻って日本では、輸送機C-1の後継機と対潜哨戒機P-3Cの後継機を同時に開発するプロジェクトが進んでいます。これは、エンジンと主翼を共通に開発するもので、これによって開発コストと整備コストの削減を狙っています。(さすがに胴体は別々の開発になります。翼も4発エンジン用と双発エンジン用とで大きさが異なるものです。)

 ところが、この2種類の機体のうち、対潜哨戒機の後継機について、日本も米軍のMMAを採用する可能性が出てきました。もし、日本がP-3Cの後継機に米軍のMMAを採用すれば、P-2J以来の対潜哨戒機国産化の悲願は絶たれてしまいます。それどころか、開発機が1機種になってしまうために、開発コストの削減やら整備コストの削減やらが本来想定していたほど見込めなくなってしまいます。

 困ったものです。

 もちろん、737やBBJは双発機ですので、洋上を長時間飛行する対潜哨戒機としては不向きなのではと言う議論もあります。それは、日本国内だけでなく、MMAを採用することが決まっている米軍においても同様の議論がなされています。(ま、スタイル的には、ブレンデッド・ウィングレットを採用した美しい翼を持つMMAは大好きなのですが。)

 議論の行方に目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/19

ブルーは防府で4区分

 昨日18日、防府北基地の航空祭に行ってきました。防府北基地の航空祭は例年梅雨が明けるかどうかの時期に開催されます。そのため、展示飛行が中止されることが多い航空祭です。でも、今年はとうの昔に梅雨明けしたので、数年ぶりにブルーのフルショーが見られるかなと期待して行ったのでした。

 結果としては、晴れ間は見えるものの飛行場の直上に低層の雲がかかるなどして、すっきりと晴れ上がることはありませんでした。エアロックもスパイラルダイブがわずか数回しかできないなど縦系の演技は難しい状況でした。(それにしてもロックさん、去年の築城ではスパイラルダイブのリトライをリクエストしたくせに、防府では無しですか?)

 ブルーインパルスも、水平系の演技を中心とした第4区分での演技でした。ブルーに関してはちょっと残念だったかな。でも、去年の防府におけるブルーインパルスは、航過飛行を始めたところで雷雲の接近のため演技を中断してしまっていたので、わずかながらでもリベンジできたということでしょうか。

 でも、F-1、記念塗装機でした。多分、F-1の記念塗装機はこれが最後でしょう。だって、来年からはF-2に機種転換するんですものね。

 それから、新田原のF-15も記念塗装機でした。背中の記念塗装を見せつけるように、8の字飛行など普段はやらない演技をやっていました。

 というわけで、天候はいまいちでしたが、逆に直射日光があまりなかったのですごしやすかったかな。(それでも、日焼けしてまっかっかですが。)

 それに、今月初めに交通事故に遭って入院しているY氏がなぜか来ていました!!本人は転地療養と言っていましたが、病院に日焼けした顔で戻っていいのだろうか・・・。ま、たいした怪我ではなくて、元気そうで何よりでしたが。

 さて、これから航空祭はしばらく夏休みです。・・・松島やら千歳やらには行きませんので。次は9月にはいってからです。そして、米軍のアクロバットチーム・サンダーバーズの来日が控えています。めちゃめちゃ楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/17

ホーキングのブラックホール理論

 私が子供のころ、Newtonという科学雑誌が発刊されました。それと同時代には、COSMOSという書籍が発売されるとともに、TV版が放映されました。

 それらに影響されて、宇宙に興味を持つようになりました。そのころの友人も同様に宇宙に興味を持つようになりました。それで、よく友人と議論をしたものです。

 Newtonの竹内均さん、COSMOSのカールセーガンさん、ともにすでに亡くなられています。

 次に私が興味を持ったのは、ホーキング博士の理論です。彼は、宇宙物理学者としだけでなく、筋萎縮性側索硬化症(ALS)という大きなハンディキャップを持ちながら研究を続けていると言うことで、印象深い学者です。

 さて、ホーキング博士はブラックホールに新しい考え方を示しました。それは、小型のブラックホールに対するものです。小型のブラックホールはエネルギーを放出しながら最後には蒸発してしまうと言うものでした。これまでにない新しい理論であり、物理学会は大きな衝撃を受けました。

 それと同時に、ホーキング博士は、「エネルギーは外部に放出されるが情報は吸収されて二度と外部に出ることはない」と予測しました。実は、これが量子力学の「情報は消滅しない」という法則と矛盾するため、「情報のパラドックス」と呼ばれて論争が繰り広げられてきました。

 この「情報のパラドックス」。ホーキング博士が21日に開催される国際会議で自説を訂正するらしいです。「新たな見解」を述べるそうです。

 また、新たな論争を呼ぶのでしょうか。ちょっと楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/16

経営方針発表会

 今日は、会社の全体会議として経営方針発表が行われました。

 経営方針自体については、先日経営検討会議で報告されたものと同一でした。

 発表も同様でしたが、社長が自らプレゼンを行ったのは画期的だと思いました。今まではなかったことです。たどたどしい発表ながらも好感が持てました。

 しかしながら、他の方々の発表は・・・。なんだかなぁ。目線が自分達の目線ですよ。自分達の言葉で語っていました。もっと聞く人のレベルに合わせた平易な言葉づかいを心がけないとねぇ。

 ま、ああいう機会があることもいいことでしょう。

 その後は懇親会でした。久しぶりに会ったメンバーと話せて楽しかったな。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/15

HS1がまた・・・

 自宅で使っているP社のHDD+DVDレコーダーHS1がまた、おかしくなりました。

 これまでも、HDDはあまり調子よくなかったのです。よく、HDD側の録画に失敗して、アンフォーマット状態になってしまいました。普段ならそこでフォーマットしなおせば復活したのですが今回はフォーマットに失敗しましたというメッセージが出てフォーマットできません。

 電源投入時は必ずHDDを読みに行きます。だから、HDDがアンフォーマット状態だと必ずダイアログが出てしまいます。つまり、DVDの予約録画もできないということです。

 これでは、使えません。また修理です。・・・このあいだ修理に出したのがちょうど一年前です。こればっかりは困ります。どうして、こう一年ごとに故障するのか。前回修理に出した後も、HDD録画はたまに失敗していましたので、厳密には修理がうまくいっていなかったことになります。

 うーん、困ったものだ。

 次回買うときは、もう二度とP社のは買わないぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/14

大分より帰還

 大分より帰還しました。

 JR鶴崎駅前には、何にもなかった。コンビニもなかった。マックもなかった。ホテルはインターネットにもつながっていなかった。あぁ、日本にもこういうところがあるんだな。という感じでした。

 さて、一応三日間の出張予定だったのですが、昨日のうちに作業と打ち合わせが終わったので今日の朝一で帰りました。

 昼からはお休みにしようかなと思ったのですが、そうもいかず、会社に戻って作業をしてしまいました。

 ところで、行きも帰りもJRの特急を使いました。でも、あの小倉駅で進行方向が変わるのは勘弁してほしいものです。せっかく気持ちよく寝ているところに、シートを回転させなければいけないなんて。大変です。コンパートメントであればよかったのでしょうけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/07/11

またかぶった

 先月、中小企業診断士の研究会と同じく新人中小企業診断士のセミナー&交流会がバッティングしていました。しかし、そのときは新人中小企業診断士セミナー&交流会が延期になってバッティングは免れました。私は、新人中小企業診断士セミナー&交流会に出席する予定だったのですが、延期になったので中小企業診断士の研究会のほうに出席しました。

 でも、延期になった新人中小企業診断士セミナー&交流会が、今月の中小企業診断士の研究会の開催日とまたかぶって開催されることになったのです。(17日の土曜日)

 なんで、よりによって、またバッティングしてしまったのでしょうか。

 こまったなぁ。

 うーん、行くとしたら、新人中小企業診断士セミナー&交流会のほうでしょうか。私としてはできるだけいろいろな人のお話を聞きたいと思っておりますから。研究会は内容は深くなりつつあるのですが、集まるメンバーはいつもと同じ。研究会は講演が終わればそのまま解散。というわけで、できるだけいろいろなお話を聞くために、新人中小企業診断士セミナー&交流会に出席しようと思います。

 研究会に出るかたとは連絡を取り合ってお互いの情報を共有できればなと思っています。

 さて、翌18日は防府北基地の航空祭です。今年は早くも梅雨明けとなり、いい天気になるのではと期待しています。それに、もしかしたら、ブルーインパルスが新技を披露するかも知れないしね。(でも、ブルーの新技は、その翌週に行われる地元松島基地の航空祭で披露されるような気がします。)ま、それは仕方ないんだけどね。でも、特別塗装のC-1、YS-11、T-400あたりは飛来してくれるでしょう。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/10

新グループの親睦会

 7月から少し組織が変わって、他のグループの下のサブグループごと私の所属するグループに移ってきました。で、親睦会を開こうと言うことになったらしいです。(私は、一応、主○技○という役職で、格としてはグループのリーダーと同じらしいのですが、正式には部下を持たなくて、組織表上は一般社員と同じグループ分けになっています。)

 でも、その案内メールが届いていないよ!!他の人には届いていたらしいです。本社でKMに「こんなメールが今頃届いた」というのを見せられて、親睦会があることを知りました。同じグループのメンバーに聞いたところ、みなの元にはメールが届いているらしいです。

 今回の親睦会の発起人は去年の新人で私がOJTを担当したHK君という人です。「昨年のOJTの課題がきつすぎたのかな。きっと嫌われているからに違いない。(^^)」なんて思っていました。(本当は思っていないですが。)

 すると、今朝になって親睦会の案内メールが再送されてきました。どうやら、メール送信時の不具合があったようです。

 というのも、現在HK君が常駐している鳥栖の会社では、社外の人間のメールアドレスから外部に発信できない設定になっているのです。それで、本社で立ち上げているWebMailを使っているのです。(WEBは今のところまだ閲覧できます。・・・これもやがては閲覧できなくなるらしいのですが。)このWebMailは、フリーソフトなのですが、大変使いづらいと言う評判です。・・・なんとかならないの?

 親睦会は来週の金曜日(16日)に行うそうです。全社の会議と懇親会が終わった後に開くそうですが・・・

 ま、とりあえず行くつもりではいますけどね。(^^)

 そういえば、来週前半は出張です。ここ数年来、泊りがけの出張と言うものに行ったことがありません。ちょっと楽しみです。

 でも、このままのペースで行くと8月のスクーリングが危なくなりそうです。ちょっと心配しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/08

名寄せ

 銀行などもペイオフ対策のためか、名寄せが進んでいるようです。私の銀行口座の住所が古い住所のままだったので住所変更届を出したら、同一の銀行の別の休眠中の口座の住所もついでに変えておきましたと言う通知が来ました。

 でも、使っていないので同でもいいのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/07

おしっこをこぼしていないのに・・・

 昨年、会社で行う健康診断のときです。私の知り合いのYS氏は検尿の紙コップをひっくり返してしまいました。それで動揺したためかどうかはわかりません。彼の血圧が高くなってしまったのです。おかげで彼は昨年は再検査となってしまいました。(再検査のときは特に問題がなかったようなのですがね。)

 翻って今年の私ですが、そのような動揺を起こすような事態はなかったのに、血圧が高くなったのです。上が150を超えていて下は80前後でした。

 問診のときに、「あまり変化がないねぇ。」と言われたので、すかさず、「血圧が高かったのですが。」とこちらから言いました。そういわれて、医者が「じゃあ測りなおしてみようかな。」と言って測りなおしました。今度は上はそう高くなかったのですが、下が90くらいありました。

 「疲れていると下が高くなるよ。」と言われました。

 さて、血圧には少し気を付けることにしましょう。

 でも、あのおじいちゃんのお医者さん、こちらが血圧のことを何も言わなければ、そのままになっていたような気がします。・・・あぁ、あれで大丈夫なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/05

銀河英雄伝説

 今、CSでアニメ版をやっているので、見るとはなしに見ています。原作が小説である作品をアニメ化するときは、多少なりとアレンジがあったり、アニメオリジナルストーリがあったりするものです。しかし、この作品は基本的に原作の小説を忠実に再現しています。それだけ、原作のファンが多いと言うことでしょう。変にアニメオリジナルを追加すると、熱狂的な原作ファンから抗議されるんだろうな。

 ところで、CSの放送は今60話を越えたところです。自由惑星同盟のハイネセン星が陥落し、謀殺されようとしたヤンが一党を引き連れて・・・というより一党に押し進められてハイネセン星を脱出してエル・ファシルに向かうあたりです。

 このあたりが一番面白いと言うファンの方も多いです。でも、私はその前のバーミリオンでの会戦あたりが一番面白いと思います。ハイネセン陥落後のヤン一党の行動は、だんだん破滅に向かっているようで、私はあまり好きではありません。

 その後、ヤンは凶弾に倒れますし、カイザーも不治の病でこの世を去ります。この物語の後半の部分からは、登場人物の世代交代がうかがえます。確か原作者の田中芳樹さんもこのころちょうどご結婚をされたと記憶しています。生活・心情の変化が物語の流れに影響を与えのかな。生々流転・・・。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/07/04

次はスクーリング

 7月の第2期試験は何とか終了しました。今回受験した4科目は、いまいち自信がありません。でも、何とか終わりましたので、頭を切り替えないと。

 で、次は、スクーリングです。今年は仕事の都合上いけるかどうかわかりませんが、何とか都合をつけて行こうと思っています。

 でも、スクーリング終了後はすぐに第3期試験のレポート締め切りになりますので、7月中にレポートをいくつか前倒しで出しておかないと後がきつくなります。

 というわけで、7月は科目試験用のレポート作成と診断士の原稿書きの日々になりそうです。・・・息つく暇もないな。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/03

寝過ごした!!

 のは、私ではありません。

 会社では、今週の金曜日と土曜日にサブ・リーダーを対象とした「コーチング・セミナー」が行われています。会場は会社のセミナールームで、外部から講師を呼んで行われていました。

 さて、私が今日の1限目の試験を終え会社で少しゆっくりしようと自分のフロアに行くと、そこには女性社員が一人で仕事をしていました。彼女に声をかけると、電灯の消えたフロアの奥でもそもそと動き出すものが。

 誰あろう、普段は鳥栖で仕事しているFサブ・リーダーではありませんか。

 そう、彼は、13:00から始まる午後のセミナーに気づかずにそのまま午睡していたのでした。(^^)・・・13:40くらいだったので、40分は寝ていたことになります。

 あわてて、セミナールームに向かいました。

 やれやれです。

 ちなみに、会社にいた女性とFサブ・リーダーが座っていた席は離れていてパーティションで死角になっていますので、彼女に罪はありません。

 とうわけで、彼にはがんばってもらわないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/02

明日は試験・・・

 試験の監督になったり、試験を受けたり、いろいろと大変ですが、明日は受けるほうです。大学の科目試験でした。

 今回の受験科目は、
 法学(憲法を含む)
 数学(線形数学)
 数学(基礎)
 数学(微分積分)

の4科目です。

 あぁ、でも、今回は全く勉強していません。(T_T)

 大丈夫なのだろうか。

 とりあえず、明日の法学と線形数学を何とかせねば。でも、このまま寝てしまいそうです。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試験監督

 去年は、その試験を受ける立場だったのですが、今年はその試験を監督する立場になりました。もう日付が変わっているから昨日ですが、電話で監督の依頼を受けました。

 なんだか感慨深いです。

 彼らをしっかり監督しつつ、その彼らのやる気のエネルギーを受け取って自分への刺激にしたいです。

 でも、その試験の翌日からは東京だよ。というか、前日泊なので監督が終わったあとにすぐ東京に旅立たねばなりません。大丈夫なのか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/07/01

Blue Impulse/The 50th ANNIVERSARY of JASDF

 小学館プロダクションから6/25に発売されました、「Blue Impulse/The 50th ANNIVERSARY of JASDF」を入手してきました。

 もちろん、DVDのほうです。

 新科目の紹介やら、TR(訓練要員)の訓練風景やらが新鮮でした。

 最近のデジタル化の波で、機上の撮影機材もHi-8からDVCに変わっているのでしょう。機上映像もとても美しいです。

 ただ、露出が少し、開き気味か・・・。スモークや機体の白い部分がハレーションを起こしているところが何箇所か見受けられました。多分松島基地での撮影なのでしょう。あそこは逆光気味になりますから露出が難しいのはわかります。でも、プロなんだから、露出は随時調整しながらやってほしいな。

 プロの映像を見て刺激を受けたくて購入したんだから、もうちょっとちゃんとした映像を・・・。それでなくても、最近はデジタルビデオカメラの普及で、アマチュアでもプロ並みの映像が撮れるようになってきているのだから。プロとしては、悪条件の中でもきちんとした映像を撮ってほしいよね。

 それに、取材期間の制約のためか、雲ひとつない青空の元でのアクロバットパフォーマンスが収録されていなかったのが残念です。冬の松島であれば、時間をかければ晴天の日も選べたはずではないでしょうか。天気と泣く子には叶わないと言ったところでしょうか。でも、金を払って買う立場から見れば、もう少しいいコンディションでの映像が観たかったです。

 でも、悪くも書きましたが、総合評価としてはそんなに悪くもないです。買って損か得かといえば、「得」だと思います。値段も、約1時間のDVDが¥3,500-は安いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »