« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月の82件の記事

2004/09/30

ToDo

 いついつまでに申込をしなければいけないとか、返信のはがきを出さなければいけないとか、仕事を終わらせなくてはならないとか、このような状況はたくさんあります。これら「締め切り+何かの作業」の管理について、今までは記憶に頼ってやっていました。というよりも、「言われたらすぐする」タイプだったので、締め切りに追われるということもなかったのです。でも近頃、やきがまわったのか作業がたまることが多くなりました。仕事がはけなくなったと言うことです。

 で、私が愛用しているPDAにToDoという機能があります。ToDoはイントラネットなどにもあります。携帯電話にもついていたりします。プロジェクト管理ツールなどには基本的についているもので結構メジャーなのかも知れません。ですが、私はこれまでこの機能をあまり使いませんでした。いちいち入力するのが面倒くさいという理由からです。でも、最近、まめに入力するようにしました。使ってみると結構便利です。

 私は「言われたらすぐする」タイプだったので、そのすぐしている作業の途中で何か他の作業をする事態になると困っていました。予定調和ということかな?自分のシナリオの続行に支障を来す割り込みをひどく嫌うタイプ?それはさておき、私は前の仕事と次の仕事の優先順位も考えずに前の仕事をひたすら片づけていたということです。それでも、次々と仕事をこなせている間はそれで良かったのですが、どうやらそうも言っていられなくなってきました。

 納期と優先順位を考えて今行うべき最善のことを行うためのツール。などといえば格好いいですが、「ToDo」結構、役に立っています。ま、本当はただの備忘録なのですがね。

| | コメント (0)

台風一過

 台風が通過した後、昨晩は随分涼しかったです。普段は毛布一枚かけて寝るのですが、さすがに昨晩はそれでは寒かったので、掛け布団を出しました。今夏以降の初布団の夜となったわけです。暑さ寒さも彼岸までといいますが、こうして少しずつ秋が深くなっていくのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ

 (本来「ホームページ」は、WWWの各サイトのスタートページのことを差すのだけれど、ここでは日本語となった「ホームページ」としてWebサイトのページ全体のことを差すことにします。)・・・私って結構こういう言葉の定義にはこだわるんです。(^_^;)

 私は@nifyのホームページを閉じてしまって、ココログ一本でやっているのですが、私の友人は逆に最近ホームページを開設しました。扉絵には百里のサンダーバーズの列線の写真があります。まだまだ、作成中ということですが、彼の飛行機画像コレクション公開の場として期待しています。動画も配信するかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無償修理

 ソーラー+電波時計(腕時計)が復活しました。実は修理完了の連絡は、百里出撃中に携帯電話で頂いたのです(26日)。でも、忙しくて取りに行く暇がありませんでした。結局、昨日(29日)定時で退社して取りに行きました。二次電池の不良ということで、今回は修理代が無料でした。CASIOさんも粋なことをやってくれます。ちょっとラッキーかな。でも、修理に出している際に使っていた腕時計に比べると、電波時計は大きいな。しばらく腕にはめていると、2週間前の腕に慣れた感じが戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/29

洋傘リフレッシュの効果

 月曜日に洋傘の表面をリフレッシュさせましたが、今日台風の影響で大雨が降る中、早速その効果が表れました。雨粒をはじきまくります。会社に着いてからその傘を閉じて、ひさしの下のコンクリートの地面にとんとんと軽くノックさせると雨粒が全て落ちてしまいました。とても快適です。

 近頃は安いビニール製の傘がコンビニなどで売られていて、使い捨てに近い状態で使用されています。ちょっともったいない気がしますね。雨が降るかも知れない状況で、傘を持ち歩くのが面倒くさいという気持ちがあるのでしょうか。雨が降り出したらコンビニによって傘を購入する人がいます。そんな傘は雨が止んだらゴミ箱に捨てられることもしばしばでしょう(ゴミ箱に捨てられていればまだましです。路上にうち捨てられていたりすると可哀想です)。

 ものの価格が安くなるのは良いことですが、それによって人がものを大切にしなくなるのはちょっと悲しいです。いいものを長く使う、そんな文化が育たないかなと思う今日この頃です。

| | コメント (0)

浜松予約

 今年の年末には大きな買い物が控えているというのに散財してもいいのだろうか。と思いつつ浜松へ行くための航空券と宿を予約しました。最初は乗換なしで便利な新幹線で行こうと思ったのですが、浜松まで新幹線で行くと結構高くつきます!!というわけで、飛行機で行くことにしました。百里の天気があんなだったから、今回は是非晴れてほしいです。

 それから、東京では、ゲームショウ2004にてデジカメを使いました。そのためにバッテリーを使いすぎて百里でバッテリーがなくなってしまうという事態に陥りました。というのもちゃんと充電しておかなかったからです。それに、ゲームショウ2004ではフラッシュを焚きましたので、電池の消耗も早くなります。ちゃんとフル充電しておかないとね。本当は充電器も持っていけばいいのですが、かさばるので持っていきたくありません。ということで、予備の電池を買おうかな。

 私は普段デジカメを仕事で使っています。打ち合わせの時にホワイトボードを使いますが、そのホワイトボードにプリント機能がない場合など、打ち合わせの時にデジカメで撮影しておいて後でテキストファイルに落とします。

 東京に行ったときも、デジカメの中に打ち合わせ内容が残ったままでした。当然充電などしていません。デジカメはサブ的な扱いをしています(メインはもちろんビデオ撮影です)が、もう少しケアしてあげないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風21号が九州に上陸

 今日はまた台風が接近しています。今回の台風も九州上陸みたいです。今年は台風が直撃するパターンが多いです。今日会社が休みになれば今年3回目になるはずだったのですが、そうはなりませんでした。JRは(私たちの地区では)平常運転でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/27

洋傘リフレッシュ

 傘はしばらく使っていると雨粒をはじかなくなり、傘の表面がびっしょりと濡れるようになってしまいます。で、こうなるとなかなか乾きません。この状態になった傘の表面を買いたての状態に戻す方法が、以前TV番組で紹介されていました。

 それは、傘を開いて、その布部分の内側にドライヤーの熱風をあてるというものです。実際に熱風をあてると傘の布の表面部分の色(光沢)が変わっていくのが分かります。こつは、結構ドライヤーを近づけてあてることです。こうして光沢の変わった部分は、布表面の繊維の突起が立ち上がった状態になっています。(買いたての傘の状態に戻ると言うことだそうです。)この突起部分が、雨粒をはじいて布の繊維に水が浸透しないようになるのだそうです。※この技が使えるのはナイロン製の傘のみです。この技は半永久的に使えるそうです。

 で、そのTV番組が放送されたときに試しにやってみたら、見事に水をはじくようになりました。感動して、家にある傘を手当たり次第やってみたものです。それから何年か経ち、再び傘の撥水性が衰えてきたようなので、寝る前に何年かぶりに再びやりました。

 でも、この傘自体、20年ものなんだよね。限界かも知れない。でも、差せる限り使い続けるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/26

帰投

 ブルーが14時30に帰投、サンダーバーズは15時に帰投ということが決定したので、私は帰ることにしました。というのも、その日のうちに自宅まで帰らなければならなかったからです。ブルーは帰投時にローパスをやっていました。帰りは東門から出て常陸小川駅に向かうことにしました。道が不安だったので、会場を出たところの交差点にいた警察官の方に道を聞きました。常陸小川まで歩くというとたいそう驚いていたのが印象的ですが、親切に教えてくださいました。

 で、結局帰りも2時間かかりました。?少しは時間短縮ができるものと思っていたのですが、いったいどうなっているのでしょうか?


 無事にその日のうちに自宅に帰り着きました。さすがに、重たい機材を抱えての4時間の歩行(全体としてはもっと長い時間の歩行)は疲れました。足も少し張っています。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨天

 歩いて会場に向かう途中もそうでしたが、雨が降ったり止んだりの天候でした。その中で、会場に向かう途中、F-15やらRF-4Eやらが、とても低い高度で航過飛行を行っていました。パイロットも意地でも飛びたかったのでしょうね。その後、救難展示でUH-60Jが派手に飛びましたが、飛行展示はそこまで。午前中に予定されていたロック岩崎氏のアクロまでもが中止となりました。自称晴れ男の面目躍如とはいかなかったようです。その後、午後になっても飛行展示は行われません。場内アナウンスは、「サンダーバーズとブルーインパルスのアクロバット飛行は天候不良のため調整中です。」と気を持たせる内容です。ま、そうはいっても実際のところは中止というのは揺るぎないところでしょう。取り敢えず、地上に置いてあるサンダーバーズを何枚か写真に納めたので最低限の目的は達したことになります。

 ところで、サンダーバーズは予備機を2機持ってきているのですね。ブルーは1機なのですが。微妙なところで運営が違うんだなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常陸小川駅

 理由は後で考えて分かりました。それは、シャトルバスが「石岡=>常陸小川=>会場」の順に巡回するからです。石岡で満杯になったシャトルバスに、常陸小川から乗れるはずはありませんよね。それでも、常陸小川で降りた人はバス待ちの列に並んでいました。

 常陸小川駅は、情緒のある駅でした。そもそも鹿島鉄道というのは、日本の田舎を走るひなびた鉄道というイメージそのものの鉄道でした。機会があったらゆっくりと旅してみたいな。鉄道模型でレイアウトを作りたくなりましたよ。(^_^;)

 それはさておき、小雨の降る中、徒歩で会場に向かうことに決めました。うーん、我ながら無謀だったかな。

 友人は、石岡駅近くに宿を取り、朝一番のシャトルバスで会場に向かっています。その友人から、携帯メールが次々と届きます。つまり、彼の乗ったシャトルバスも渋滞で全く進んでいないと言うことです。確かに、渋滞で止まっている車の脇をすり抜けながら歩いていきました。そして、2時間後、北門をくぐったのです。?間違って、北門から入ってしまいました。途中から左に曲がれば東門から入ることができたはずなのですが。(^_^;)

 結局、私のほうが1時間近く早く着きました。来年は考えものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石岡駅の大行列

 石岡駅を降りてびっくり。航空祭会場までのシャトルバス待ちの乗客が長蛇の列です。その列は歩道橋の上まで伸びていました。約200Mはあったと思いますよ。1Mあたり2人でかつ2列の列が200Mで計算してみると、ざっと800人はいたことになります。シャトルバスが1台あたり50人乗せるとしても16台必要な計算になります。

 私も最初その列に並びました。しかし、計算していて怖ろしくなったので、鹿島鉄道の常陸小川駅まで行くことにして、再び石岡駅の改札を入りました。鹿島鉄道に乗ると10分くらいで常陸小川駅に着きました。列車の中は全然混んでいなくて、十分に座れました。百里基地の最寄り駅なのに、何で?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月26日・東京2日目

 26日は朝5時起きでした。6時前の電車に乗って一路上野へ。上野から常磐線普通列車で石岡を目指します。上野からの列車には、航空機ファンらしき人がちらほらと。それでも、座れないことはなく、十分ゆっくりできました。ホテルを出てから約2時間、8時には石岡に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/25

本妙寺

 結局、山手線で巣鴨に行きました。本妙寺に行くのが目的です。本妙寺は大通りから少し入ったところにありました。思ったよりも駅から遠かったので探すのに苦労しました。が、入口にはいるところの近くの歩道に地図があったので、その地図をたよりにだどりつくことができました。

 本妙寺の山門の写真はこちら

 本妙寺には歴代本因坊の墓や遠山金四郎の墓、明暦の大火の供養塔などがありました。


 それから品川の宿まで帰りました。翌日に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆりかもめ

 帰りはりんかい線で有明まで行ってから、ゆりかもめに乗りました。いやぁ、実は乗ってみたかったのですよ。ビッグサイトに行く用事でもなければ乗りませんからね。でも、たいしたことなかったな。無人運転であるということはほめてあげたいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グッズ

 前回行ったときは沢山グッズを買ったのですが、今回は次の日の航空祭向けの荷物がたくさんあったので何も購入しませんでした。というか、購入できませんでした。残念です。(T_T)

 なんだかんだで、3時間近く会場にいました。配っていたうちわをズボンの後のポケットに突っ込んでいたのですが、いつの間にか落としてしまいました。ごみを増やしてしまいました。申し訳なかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ゲーム・ショウ2004

 というわけで百里は取りやめて東京ゲームショウ2004が開かれている幕張メッセに向かうことにしました。さて、どういう経路で行こうかなと思いましたが、オーソドックスに東京モノレール+JRで向かうことにしました。

 東京駅で長い乗換通路を通って京葉線の乗り場に行き海浜幕張駅へと向かいます。途中、激しい雨が降っている箇所もありましたが、幕張に着いたときは雨がやんでいました。

 何年か前に訪れたときと全く同じシステムで入館しました。あ、でも、入口が多少違っていたかな。人は・・・かなり多いようでした。数年前と比べてもどうかな。相変わらずの人だかりです。でも、その人だかりが多いブースと少ないブースとがはっきりしています。人の集まるところに自分も行きたがるのは人情かな。でも、キャンギャルで客寄せしているブースもありました。あれはどうかな?

 東京ゲーム・ショウ2004の写真はこちら

 あ、そういえば、生で榎本温っちゃんを見てしまいました。TAITOのブースで司会をしていました。いやぁ、見られてよかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月25日・東京1日目

 朝一の便に乗って羽田に着いたのは、08:30過ぎでした。慢性的な混雑が続く私の地元空港にしては定時出発が実現できたので到着はどうかなと思っていたのですが、ちゃんと定時に着くことができました。乗ったのはポケモン・ジャンボでした。最新の垂直尾翼にピカチューというタイプではありませんでした。この機の機長さんがお話し好きみたいで、ランプアウト前に一回とフライト中に一回アナウンスされていました。それによると、気流の状態はおおむね良好だが、羽田に向かって降下中に前線を通過するので揺れがあるとのこと。案の定、降下中に少し揺れました。

 そして、羽田に着きました。滑走路はダンプ・コンディションという感じでした。所々に水たまりが残っていましたが、その他の部分は乾いていました。でも、空は一面雨雲でいつ雨が降り出してもおかしくない状況です。それに、霧が発生しいて視程が悪い状況でした。これでは、百里での展示飛行は望むべくもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/24

よく会う

 今日、甲○君と○やにて焼き鳥を食べました。そこに、以前常駐していた会社の知り合い尾○さんと矢○さんが現れました。聞くと、彼らは毎週とは言わないまでもよくその店に来ているそうです。ま、よく会います。以前、同じように甲○君と同じ店に来たとき、全く同じ状況で二人が現れたのです。う、酔っ払っているので、「ヒカルの碁」を見たら、すぐ寝ます。明日は起きられるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルス付きメール

 出たての頃は騒がれたけど、それが一般的になると騒がれなくなるということはよくあります。国内での強盗や殺人などの凶悪犯罪がそうならないように願っているのですが、今回はそれとは少し話が違います。

 私のメールアドレスは、会社で使っているものと個人で使っているものとがいくつかあります。その中で、個人で使っているメールアドレスに最近ウィルス付きメールが頻繁に届きます。仕事柄、コンピューター・ウィルスやらネットワーク・セキュリティやらには注意を払っているつもりで、当然、アンチ・ウィルス・ソフトを導入しています。そのアンチ・ウィルス・ソフトがウィルスを検出します。

 数年前、ウィルス付きメールが来たときは「驚きと興奮」を持って迎えられたのですが、最近ではうっとおしいだけになってきました。

 特に、中小企業診断士の県支部のメーリングリストに登録したあたりから多量のメールが来るようになりました。メーリングリストの誰かのPCがウィルスに感染したままになっているのではないでしょうか。

 こう頻繁に送られてくると、「中には、アンチ・ウィルス・ソフトの最新定義ファイルの更新タイミングよりも早いタイミングで送られてくるウィルス付きメールがあるのでは?」と不安になったりもします。

 さて、どうしようかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明日の天気と東京ゲームショウ2004

 今朝のニュースで、9月25日~26日に東京の幕張メッセで「東京ゲームショウ2004」が開催されることを知りました。行きたいなぁ。というわけで、25日は晴天乃至曇天であれば百里の予行(本当は予行ではないのですが)を見に行くことにし、雨天の場合は幕張メッセに行くことにします。巣鴨の本妙寺にも行きたいな。

 近頃、ゲーム(主にコンピューター・ゲーム)といえば、とかく悪者扱いされています。「キレやすくなる」だとか、「ゲーム脳」だとかね。実際のところ、どうなのでしょうか。また、ここ数年はコンピューター・ゲーム市場が縮小しています。ゲーム離れということなのでしょうか。それらの答えが、「東京ゲームショウ2004」で見つかるかも知れません。(そんなわけありませんが。)(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も雨

 今日も雨が降っています。ちょっと肌寒いかな。会社に来るときに半袖のシャツだと寒かったです。風邪がぶり返さないように気をつけないといけないのに、油断してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/23

○や

 以前常駐していた会社の方に教えてもらった焼き鳥屋さんが近所にあります。結構おいしいので、お気に入りなのですが、一人ではなかなか足が向きません。明日は、昔同じ会社に勤めていて今は大阪で働いている甲○くんが休暇で戻ってくると言うことなので、久しぶりに飲みに行くことにしました。楽しみです。(^^)

 でも、明後日は朝一から東京に行くのに、飲んでいても大丈夫なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名刺入れ見つかる

 金曜日に着ていったスーツと木曜日に着ていったスーツを勘違いしていました。金曜日のスーツの胸のポケットに入っていたというわけです。もっとよく探せばよかったかな。でも、名刺がたくさんはいる名刺入れがほしいと思っていたところだから、まあいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンダーバーズ三沢へ

 米空軍のアクロバットチーム・サンダーバーズが三沢基地に到着しました。日本の各基地での航空祭には、この三沢基地をベースにして展開することになります。サンダーバーズが国内基地のどこをベースにするかについては、三沢あるいは横田のいずれかと思っていましたが、やはりF-16の部隊が存在する三沢となったようです。百里や浜松では、当日移動して基地に展開し、その後演技してから三沢に帰投するのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋雨

 今日は朝から雨が降ったりやんだりの天気でした。気温も上がらずじまいです。涼しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/22

中小企業診断士第一次試験の合格率

 中小企業診断協会のWEBサイトに今年の中小企業診断士第一次試験の結果などが記載されています。今年も合格率は10%半ばです。しかし、驚くことに私の地区の合格率はとんでもない低い値だったということです。先週の木曜日に県支部の会長から伺いました。私たちのいる地区は、他の地区に比べて何が劣っていたのだろうかと疑問に思います。
 資格取得を目指す専門学校の数とかは、それは少ないでしょう。でも、それは一部の地区のみ突出しているのであって、残りの地区はそんなに大差ないはずです。はてさて、いったいこの合格率の低さの原因はどこにあるのか、興味深いところです。(試験官の資質の問題でないとは思いますが。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

XL-2

 ところで、そのYカメラ1Fのビデオカメラコーナーに、私の愛機XL-1の後継機、「XL-2」が展示されていました。あぁ、ついに来たか。という感じです。もの、特に製品のライフサイクルが短いビデオカメラなどは頻繁にモデルチェンジを繰り返します。そして、旧来の機種は陳腐化していくのです。実は、XL-1の後にXL-1?(SだったかTだったか(^_^;))なる製品が登場していたのですが、それはXL-1に便利機能を追加しただけのいわばマイナーチェンジ品でした。今回は、型番が1から2に上がっています。メジャー・バージョンアップといってもいいでしょう。(でも、スタイルはあまり変わっていません。)

 外見上は際だった変化はありませんでした。製品紹介のところに、24P対応と書いてありました。なにそれ?

 キャノンのXL-2のサイトで製品情報を調べてみました。そこでわかりました。24Pとは、秒間のコマ数が24枚のプログレッシブ(ノンインターレス)ということだそうです。映画と同じですね。今回は、通常のNTSCモード(秒間60枚のインターレースモード)以外に24Pでの撮影もできるそうです。そこが、大きな特徴です。

 それと、16:9の画面モードを押し進めたいようです。通常は、4:3のCCDの上下を切って16:9を実現するため、16:9では画素数が減ってしまいます。ところが、XL-2では、16:9の左右を切って4:3にしています。16:9でXL-1と同じCCDのサイズを実現しているようで、4:3だとCCDの有効画素が少し小さくなります。そのため、4:3の時の倍率が少し望遠側にシフトしているみたいです。(これは、航空機撮影の時に少し有利になりますか。)

 でも、XL-1で航空機を撮影していて思うのですが、遠距離撮影では空気の揺らぎなどの影響がありますので、これ以上の倍率を得られても鮮明な画像にはなりません。というわけで、今回のバージョンアップは私にはあまり興味のないものでした。

 というわけで、ほっとしています。(^_^;)・・・私のXL-1はまだまだ現役で使えそうです。今度買うとすれば、当然ハイビジョン対応のビデオカメラになるでしょう。ハイビジョン自体が一般に浸透していませんので、買い換えるのはまだまだ先になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名刺入れ紛失

 以前、常駐先の企業に入って作業をしていた頃は滅多に名刺交換などしなかったのですが、本社に戻ってからというもの、名刺交換する機会が増えました。もう一つの理由は中小企業診断士になって研究会などに参加する際に名刺交換を行うことが増えたこともあります。

 で、先週の木曜日・金曜日はその中小企業診断士の実務能力維持更新更新研修だったのです。ですが、その時に名刺交換して以来、私の名刺入れがなくなってしまいました。普段は小銭入れや定期入れと一緒の場所に置いているのですが、今日出かけるときにポケットに入れようとその場所を探しても見つかりません。金曜日にはいていたスラックスや鞄の中を探してもやはりないのです。

 やばいです。というわけで、名刺入れを買いに行きました。私はよくスラックスの後のポケットに名刺入れを入れます。なくした名刺入れのその前に使っていた名刺入れは、革製だったので、中に入っている名刺の角が曲がったり、革の色がしみたりしましたので、金属製の名刺入れを探しました。(なくした名刺入れも金属製(アルミ製)でした。)

 最初、駅ビルのIデパートに行ったのです。なくした名刺入れを購入した無印良品のフロアを探したのですが、なぜか発見できませんでした。(撤退した?)会社で良品計画のサイトを調べましたが、どうやらあの駅ビルのテナントからは撤退したようです。

 仕方ないので、Yカメラに行きました。そこの1Fの文房具売り場に、アルミ製の名刺入れが売っていましたので購入しました。なくしたものよりも厚めでした。なくしたものは名刺が10枚ちょっとしか入らなかったので、名刺交換の多いときなどは不安になっていましたが、今回は35枚はいるそうなので安心です。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ咳き込む

 まだ多少咳き込みますが、なんとか回復して今日は会社に来ています。全く、困ったものです。季節の変わり目には注意しないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/21

ヒストリーチャンネル・特集・北朝鮮

 スカイパーフェクTV!ヒストリーチャンネルにて北朝鮮の歴史が特集されています。第二次世界大戦後の南北分断から、朝鮮戦争を経て、金日成、金正日へと体制が変わっていく過程と北朝鮮の実情が特集として放送されています。

 この特集は、アメリカの番組制作会社が制作したもので、朝鮮戦争当時の貴重な映像も含まれています。番組は基本的に、「アメリカから見た北朝鮮」という感じを受けました。

 でも、我々日本人から見ると、大国の思惑に翻弄された朝鮮半島の哀れさが伝わってきます。小学校あるいは中学校だったか、社会科(歴史)の時間、先生が、日本も第二次世界大戦の降伏が遅くなっていたら南北に分断されていたかもしれない、と言っていたのを思い出しました。ソ連は不凍港を求めていましたからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脚立、レジャーシート禁止


 今日送られてきたJwingsを読んでいると、浜松基地航空祭のお知らせの欄にこの文言がありました。混雑度は推して測るべしですね。というわけで、脚立は持っていかないのですが、こうなると地上シーンを撮影するのは至難のわざと言うことになりそうです。サンダーバーズの地上シーンを撮影するのは、やはり本国にてと言うことになるのでしょうか。

 当然、百里も同様の混み具合になるのでしょうね。やれやれです。今週末に開催されますが、いったいどうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4連休

 今日は頭痛でお休みしてしまいました。昨日は気分が悪くて眠りにつけず、横になっても頭が痛いので、座ったり横になったりを繰り返して、結局寝付けないまま朝を迎えました。そして、大変な頭痛でした。昨日の夕方は調子よかったのですが、夜中くらいから悪くなったようです。というわけで、4連休になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/20

風邪ぶり返し

 おかげで、この3日間はほとんど寝ていました。せっかくの3連休だったのに。(T_T)やりたいこともいっぱいあったのに。少し熱も出ていたようで、悪寒もしていました。私の場合、具合が悪くても食欲だけはあるのですが、今日の昼間は少しそれも衰えて、何も食べたいとは思いませんでした。
 この時間、幾分回復しています。明日は大丈夫でしょう。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天動説

 「「天動説」の小学生4割=月の満ち欠けと月食も混同-国立天文台調査


 「太陽は地球の周りを回っている」と思う子供が4割、月の満ち欠けが起きるのは「月が地球の影に入るから」と、月食と混同している子供も4割-。国立天文台の縣秀彦助教授や小学校教諭らが20日までに全国の公立小学校4~6年生を対象に調査したところ、こんなショッキングな結果が出た。
 縣助教授は21日から岩手大で開かれる日本天文学会で、「理科の授業で、地球が丸いことや自転、公転していることさえ扱わないのが原因」として、学習指導要領を改善するよう訴える。
(時事通信) - 9月20日19時1分更新
Yahoo!ニュースより

 まさか!という感じです。小学校4~6年生ですよ。信じられません。何でこんなことになってしまったのでしょうか。学力低下でしょうか。サイエンス番組など子供の興味を引く番組が不足しているのでしょうか。
 例えば、SFアニメなんか見ていれば、地球が丸いことなどは理解できると思うのですが。それとも、アニメの中のことは実世界と全く関係ないと思っているのでしょうか。・・・これはアニメを作る側にも、少し考えてもらいたいですね。・・・そういえば、近頃はSFアニメなどあまりありませんか?
 月の満ち欠けと月食を混同するというのも、すごく残念な結果です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘉手納の様子を拝見

 友人が嘉手納で撮影した写真をWEBページに記載していたので覗いてきました。米空軍のアクロバット・チーム・サンダーバーズが来なかったせいか、思ったほど人がいません。築城のF-1支援戦闘機とか百里のRF-4偵察機とかの特別塗装機の前に人がたかっていないんですもの。私が横田に行ったときは、RF-4の特別塗装機の前は人だかりでした。それに比べるとねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/17

メール転送

 先月のスクーリングなど、会社のメールを取れない状況に対応するために、会社のメールアドレスに届いたメールを携帯電話に転送するように設定しました。ところが、会社のメールを転送させると、結構パケット代がかかることが分かりました。(T_T)

 私が使っている携帯電話は、個人の所有物ですので当然電話代の支払いは個人負担です。うーん、なんとかしたいです。でも、会社のメールを携帯電話に転送すると、ほぼリアルタイムでメールを受け取れますので、重宝する場合もあります。

 もともと、メールは「手紙」だと考えるとせいぜい郵便局員が1日に1回配達する程度のもの、つまり即時性を求めてはいけないのでしょうが、携帯メールではほぼリアルタイム性が確立されます。こんな使い方でいいのでしょうかね。多分携帯電話会社はメールの即時性に関する保証はやっていないんでしょうけど。

 何はともあれ、携帯電話の契約を1ランク上のものに変えました。これで、無料パケットの枠が少し増えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3ポイントゲット!

 実務能力更新研修の2日目が終わりました。今日は各班ごとの発表です。私たちの地区は班の数が9ありましたので、1~5班がAグループ、6~9がBグループとして発表を行いました。そして、各グループごとに最優秀の班を決めて、その両者が全体で発表するという、予選・決勝形式(勝手に名付けましたが)で発表が行われました。

 今回の実務能力更新研修の題目は、「製造業の販売革新戦略」でした。そのために、何を誰にいくらでどのように売るのか(4P)が鍵となります。そして、そのために工場の設備を増強するとか、そのための原資をどうやって調達するかとかが、助言の鍵となりました。

 それにしても、各班とも同じ資料を基に検討を行ったにもかかわらず、こうも助言内容が違う者かと感心させられます。資金の調達に関しては、一方では工場の一部売却によって行うという案があったり、自己資金で調達するという案があったりです。また、ある班は多角化から選択と集中に移行するためにある製品分野からの撤退を提案していました。

 感想としては、結構おもしろかったです。費用が¥15,000-かかりますが、それくらい払ってもいいかなと思いました。参加者にはお年を召した方も散見されました。彼らには結構きつかったのではと思います。まさか、「自然淘汰」させるためにこの研修がある訳じゃないんでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/16

実務能力更新研修1日目

 今日は実務能力更新研修の一日目でした。結構、面白かったです。

 でも、結構大変なのです。事前に与えられてのは、薄めの冊子です。その中には企業の概要と財務諸表、中小企業診断士に求める改善案が書かれています。その薄めの小冊子と講師の先生の簡単な説明だけで、改善策を提案しなければなりません。時間がないので、実務補習のときのように図書館に行って資料を探したりインターネットを検索したりする暇がありません。

 このシチュエーションは、中小企業診断士が企業を訪問して社長から企業の概要をヒアリングした後、その場で企業の問題点を挙げるのに似ています。つまり、限られた情報、時間で問題の核心を突かなければいけないということです。

 実際に中小企業診断士が企業を訪れて、そこの社長から「今後も引き続き指導をお願いします」と言ってもらうには、これくらいのことができてないといけないのだそうです。(by講師の先生)

 でも、慣れていないと問題点の核心が見えてきません。今日もさんざん議論した挙句、なんとなく問題点が見えてきたような気がします。

 明日の午前中に発表用の資料をまとめて、明日の午後発表です。一班あたり20分くらいの時間です。結構大変かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/15

実務能力更新研修

 明日と明後日は、中小企業診断士の「実務能力更新研修」が行われます。私のように企業内診断士で普段診断の実務に携わっていない者は、その実務能力を維持するために今回のような研修を受けなければなりません。これは、診断士の資格を更新するために必要な研修です。研修といっても、講義形式だけではなくグループディスカッションのようなものもあるらしいので、期待と不安が半々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百里

 東京までの往復航空券とホテル宿泊券のセット(ホテルパック)を購入しました。もちろん目的は、9/26の百里航空祭、そこで展示飛行が予定されているサンダーバーズ(TB)を見る(撮る)ためです。9/25早朝出発で9/26深夜帰還のスケジュールを組みました。かなり強行軍です。その上、現地で本当にTBを見ることができるかどうか不安なのですが。ま、ダメ元で行きます。

 最初、スカイマークの便のパックを申し込もうとしたのですが、26日の帰りの便が満席ということで、取れませんでした。スカイマークを応援したい立場からは残念ですが、満席ということであれば、ス社は儲かっているのだからまあいいかな。というわけで、ANA便を取りました。¥38,800-でした。本当は、バースディ割引を使ったほうがよかったのですが、今回は直前になるまで行く決心をしていなかったので買えませんでした。というわけで、ホテルパックですが、まあまあ安いかなと思っています。

 25日の早朝に東京に向かうので、25日の(一般非公開の)TBも見ることができるかも知れません。例え撮影することができなくても、いろいろと情報収集はできるかなと思っています。但し、百里まで行くのにお金がかかりますが。(^_^;)

 さて、持っていく機材ですが、どちらにしようか迷っています。やはり7年に一度のイベントを撮るのであれば、最高の機材、つまりXL-1にしようかな。浜松との兼ね合いもあるし難しいところではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋雷

 このところ、毎日昼過ぎから夕方にかけて雷が鳴って、夕立が降っています。天気が不安定です。あの雷は本格的な秋の訪れを告げているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/14

停波

 どこかの電波が止まったわけではありません。

 私が愛用している腕時計が止まってしまいました。(T_T)・・・CASIOのWave Ceptorです。ソーラー+電波時計で、メンテナンスフリーだったはずですが、ソーラーを補助する2次電池がいかれてしまったようで、暗いところでは全く動作しません。明るいところでも、ずっと充電レベルが最低の状態でいっこうに充電されません。

 購入してから、2年と2ヶ月くらいです。このくらいでだめになってしまうとは。やはり、ソーラー+電波時計の出たてだったからでしょうか。そういえば、診断士試験の監督をしていたときに、他の監督官のかたと電波時計のお話をしました。そのかたも私と同じタイプの腕時計を持っていたのですが、同じように2次電池がいかれてしまったそうで、最新型の腕時計に買いなおしたそうです。(買いなおしたのもソーラー+電波時計だそうですが。)何でも、私の持っているタイプは過充電の保護回路がついていないそうで、そのために2次電池がいかれることがあるそうです。

 というわけで、私は新しいタイプに買いなおすお金もないので(^^)、時計屋に持っていって修理してもらうことにしました。やれやれです。修理期間は2~3週間だそうです。その間は、引き出しの中にしまっていた、スポーツ用の腕時計を使うことにします。うーん、でもこいつはちょっと子供っぽいかな。電池の切れたほかの腕時計の電池を交換して、使おうかな。

 いずれにしろ、万能だと思われていたソーラー+電波時計にも意外な弱点があったというわけです。なんか、教訓めいたものを感じました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/13

風邪

 風邪が治りませーん。昨日(航空祭に行って)きつかったのでかえって悪化したかな。(^_^;)・・・ま、今週は何もイベントがないからいいかな。あ、でも木曜日・金曜日は中小企業診断士の実務能力更新研修の日だった。それまでには治しとかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘉手納

 さて、岩国に一緒に行った私の友人は、月曜日に仕事をして、火曜日・水曜日は嘉手納に出かけるそうです。嘉手納ではサンダーバーズは演技しませんが、アメリカンな雰囲気は味わえるでしょう。頑張って見てきてほしいものです。サンダーバーズは、1994年に三沢基地で展示飛行をした後、10年ぶりの来日となります。本来ならば2001年の秋にパシフィック・ツアーが計画されていたのですが、ご存じの9.11同時多発テロによる国際情勢の急変によって中止されてしまいました。
 あのときは、私も航空券など予約していたのです。確か行く予定だったのは三沢の航空祭でした。割引率を重視して「早割」で購入していたので、キャンセル料が高くついたのを覚えています。
 サンダーバーズの行動パターンはよく分からないのですが、先週11日の土曜日にグアムで航空祭を行った後、嘉手納に飛来するはずです。火曜日から嘉手納に行く彼は、運がよければサンダーバーズの飛来するところが撮影できるでしょう。(後で見せてもらおうっと。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海上自衛隊岩国航空基地航空祭

 岩国基地の航空祭は、基本的には昨年と同じものでした。
・祝賀行事(式典)
・航空学生のファンシードリル
・祝賀飛行
後は地上展示機を見るのみです。

 数年前は、滑走路を挟んで米軍側を撮影禁止だったそうですが、一昨年からはそういうことはなくなったようです。

 それから、一昨年はLCAC(ホーバー・クラフト型の上陸用舟艇)の揚陸が見られたそうですが、昨年、今年とそれは無し。是非見たいと思っているので、いつかその機会があることを祈っています。

 ちなみに、地上展示機をデジカメで撮影したものは、こちらです。US-1A改(XUS-2)は展示されていました。築城から来ていたFー15が通常塗装だったのが残念です。(それから、F-1は来ていなかった。)特別塗装機を人混みにじゃまされずに撮影できるのではと期待していたのですが。(T_T)

 航空自衛隊の築城・新田原両基地から飛来して地上展示されていたF-15、F-4は帰投時に派手なローパスを見せてくれました。離陸して脚格納後、機首上げせずに滑走路上をはうようにして加速し、滑走路端で一気に急上昇!。その後、場周経路を一周してきて、滑走路上で翼を振り振りしてくれました。また、その後のU-125もローパスして帰っていきました。そして、圧巻はその後に上がった新田原のT-4のローパスです。エプロン地区に突っ込んでくるような派手なローパスでした。その後、海自隊員の方から「16:00以降は基地内で撮影しないでほしい」(というか実は早く帰ってくれ)という事を言われたので、最後の築城のT-4は撮影しませんでした。築城のT-4はたいしたことなかったので、まあいいか。

 帰宅後、撮影したビデオを見てみました。やはり、新田原のT-4は追えていませんでした。(T_T) ・・・あんなに近くを飛ぶんだもの。

 前にも書きましたが、今回持っていったのは愛機XL-1ではなく、元愛機(今でも愛していますが)のVX-1000です。扱い方を一部忘れていて、ゲインシフトのやり方を探すのに苦労しましたが、ビデオカメラとしては正常に機能してくれました。感謝しています。VX-1000も、現在では後継機が出ていますが、後継機と比べて基本性能はそんなに変わっていません。ましてや、現在発売されている各社の普及機型デジタルビデオカメラに比べると性能はまだまだ勝っています。なかなかいい買い物をしたなと思っています。

 また、私の(現在の)愛機のXL-1ですが、今回海上自衛隊のオフィシャル撮影部隊(広報担当の隊員さん)が使っているのを見かけました。少なくとも2機はあるようです。そのうち1機はハンガーの屋上から三脚を構えて式典の模様を撮影していました。(^_^;)・・・危ないよね。
 XL-1はスペースシャトルにも乗っているそうです。NASA公認のビデオカメラということでしょうか。

 ところで、中国地区の航空祭にはよく出没する、航空ファンのS氏とY氏には、今年はお会いできませんでした。(私が普通の格好をしていたから向こうも気付かなかったのかな?)会えるのを楽しみにしていたのにちょっと残念です。両氏とは@niftyがまだNifty-Serveと呼ばれていたパソコン通信時代の航空フォーラム(FAERO)以来の知り合いですが、お元気でしょうか。・・・そう言えば、S氏とは防府北でお会いしていましたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローカル2

 なんだか、毎週月曜は大分に行くようなペースです。というわけで、またまたローカルなテキストファイルに書いています。ネットにアップロードされるのは明日かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/12

海上自衛隊岩国航空基地航空祭速報

 疲れました。(^^)

 岩国は、晴れ時々曇りといった天候でした。飛行展示はあまり望めないのはわかっていたけど、お目当ての「US-1A改」が拝めたのでよしとしましょう。

 航空自衛隊から参加していた地上展示機は帰り際のローパスがすごかったです。

 詳細はまた後ほど。明日は大分なのでもう寝ます。次回更新は水曜日か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/11

チェーン・メール

 ちょっと昔だと、「不幸の手紙」といったものでしょうか。インターネットのメールシステムでは「チェーン・メール」と言われています。電子メールではコストがかかりませんのでいろいろなものが出回っているようです。今回ニュースになっていた「子犬助けて」というチェーン・メールも同様ですね。不幸の手紙は紙の手紙であり、郵便料金など一定のコストがかかりました。ワープロなど無い時代では、一枚一枚手書きで書かなければいけないのでそれなりの手間もかかります。ところが、電子メールでは、転送システムを使えば、手軽にチェーン・メールを送ることができます。手軽さ故に、いたずら目的でも利用されてしまうという、困ったものです。
 ところで、私もIP電話を使っているのですが、これが普及していくと「電話=ただ」の時代が到来するかも知れません。通話料金がただになることは一般の利用者にとってはありがたいことなのですが、悪徳業者が電話で商品やサービスの勧誘を図るようなケースが増えるような気がします。着信拒否をしても次々と電話番号を変えるような業者とのいたちごっこになってしまう可能性があります。そうなると、手紙というものが見直されるようになるかも知れません。
 ちなみに、我が家の電話は必ず留守番電話にしておき、かかってきた電話に直接は出ないようにしています。そうすると、勧誘の電話でしょうか、留守番電話に切り替わった瞬間に相手が電話を切るということが多いです。(本当に要件のある人は留守電に録音するでしょうからね。)そうやって自衛手段を執る必要が、今後は増えるでしょう。便利さの裏には危険がつきまとうというのは・・・厳しい時代が到来しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予備機

 明日は、岩国基地航空祭です。今回は、普段使っているビデオカメラXL-1ではなくて、VX-1000を持っていこうと思っています。VX-1000はXL-1購入の前の1996年~1999年まで使用していたビデオカメラです。今年は購入から8年目となります。主にノンリニア編集時の読み出しデッキとして使用していたのですが、今回ちょっとビデオカメラとしても使ってみようと思い、復活させました。

 実は、百里に行くとしたらXL-1ではなくて、VX-1000を持っていこうとも思っているのです。多分とんでもない混雑になって、三脚とか使えないのではないかと危惧しています。従って、大きくて取り回しが難しいXL-1を諦めてVX-1000にしようかなと思っています。

 実際はどちらを持っていくことにするかを決めていないのですが、取り敢えず、今回VX-1000が正常に機能する事を確認するために岩国基地航空祭に持っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/09/10

海上自衛隊岩国基地航空祭

 明後日、12日は山口県にある海上自衛隊岩国航空基地の航空祭です。この航空祭では、あまり飛行展示は行われません。でも、一昨年はLCAC(揚陸用ホーバークラフト)の揚陸演習が見られたとか。残念ながら昨年は見られなかったのですが、今年は期待しています。それに、開発中のUS-2が見られますしね。今年の5月5日の岩国基地フレンドシップディには行かなかったもので。(米海兵隊の岩国基地と海上自衛隊の岩国航空基地は同じ敷地にあります。)
 週間天気予報ではあまりよい天気ではなかったのですが、今日天気予報を見たら、曇りのち晴れとありました。暑くなくていいのではないでしょうか。
 とりあえず、US-1(2)の離着水とLCACの揚陸が見られればよしとしましょう。US-2に関しては地上展示だけでもいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

機械の立ち上げ

 今取引をさしていただいている機械メーカーですが、担当している機械の立ち上げが遅れています。困ったものだ。来週初めから機械の調整用のプログラムのテストができるはずだったのですが、来週後半にしてほしいと連絡がありました。やばいじゃん。それでなくても、FA分野のソフト屋は、いろいろなトラブルに見舞われるのにね。なんとか、できるところからテストしなくてはね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球スト回避

 プロ野球のストライキが回避されました。喜ばしいことなのですが、今回の合意内容を見ると、球団側がうまくごまかしたと言う印象をぬぐえません。まぁ、対人間相手では海千山千の手だれである球団代表者たちと、「野球バカ」(とえいば言葉が悪いかな)の選手達とでは、所詮交渉術のレベルが違いました。私としては、地元福岡ダイエーホークスの行方が心配なのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賭けの支払い

 賭けに負けた¥5,000-ですが、今日会社に来ていたFSL氏に渡しました。これで肩の荷が下りました。ほっ。

 私の会社は明日は出社です。火曜日が台風の影響でお休みになったからです。でも、私は、出張先の会社にでていましたので、明日はお休みします。でも、夕方でかけて、PCを持って帰らなければなりません。また来週出張ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/09

MMA

 以前、次期対潜哨戒機の話をしましたが、米軍だけでなく、やはり、国内でもMMAを採用してはどうかという議論がおこっているらしいです。さて、どうなることやら。そのうち、次期中距離輸送機(C-X)もという話になってくると、いよいよ日本の国内開発が尻すぼみになってしまいます。確か、C-X開発用の工場は建設中だったのではと思います。だから、今さら国内開発をやめるとは言わないでしょう。

 結局、F-2にしろ、対潜哨戒機にしろ、コスト高がネックになっているのです。コストを下げるには、沢山出荷した方がいいですよね。というわけで、もう一つの議論である、武器輸出三原則の緩和という話になってくるのでしょう。いきなり最新の攻撃システムを搭載したF-2は売れないでしょうが、輸送機など非武装の機体は海外に売れるのではという話です。例えば、今開発中のUS-2という救難飛行艇などは、波高の高い外洋でも離着水ができるという高性能な飛行艇です。こういう機体を海外に売ることができれば、正負にとっては調達する価格を下げられますし、開発メーカーにとっては新たな技術開発の予算が得られます。それが、次の機体の開発コストの削減につながり、より低価格で高性能な機体を開発していくことが可能になるのです。
 というわけで、非武装の航空機の輸出は、是非とも解禁してほしいですね。「薬人を殺さず、薬師人を殺す」と言いますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F-2

 次期支援戦闘機、F-2が岐路に立っています。8月の上旬に我等が築城基地への配備が始まったのですが、もしかしたら、これで最後になるかも知れないのです。
 F-2は、米空軍のF-16をベースに支援戦闘機(攻撃機)として開発されました。が、最新の技術を導入したためか開発が遅れ、当初の倍の開発費がかかりました。1機体あたりの価格もF-15と同じ程度にふくれあがりました。また、F-15は大型の機体ですので、アップグレードの改造が比較的行いやすいのに比べて、機体の小さいF-2はアップグレードの余地があまりありません。
 つまり、高価でかつ将来性がないという結論に達したようなのです。というわけで、築城への配備を最後に調達を打ち切る可能性が増えてきました。そして、本来、F-2最後の飛行隊になるはずだった三沢の第8飛行隊(現状はF-4を使用)について、今後その後継機を前倒しで調達することで決着したらしいです。
 これは暗に、「国内開発はやめにして、外国で実績のある機体を購入したほうが安上がりだ」と言っているようですね。確かに、現状ではそうかも知れません。でも、国内の航空機製造技術を守るという点からも、安易に決めてほしくありません。
 しかしながら、多分、大手の航空機開発部門というのは、国の予算で開発する場合は、経費の無駄遣いなど結構やっているのではないでしょうか。無駄遣いといえば口が悪すぎるのであれば、非効率的な開発といってもいいです。開発のために必要な試験もあるでしょうが、無駄な出費を抑えて効率よく開発する手法などいくらでもあると思います。国内航空機製造メーカーはもっと経費削減努力をすべきだと思いますね。そして、安価で高性能な航空機の開発能力を身につけるべきです。国の予算に頼りすぎるのはどうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪

 月曜日から、大分に行っていました。テスト要員の現地サポートに行ったのですが、その彼が風邪を引いていました。火曜日の打ち合わせの最中、彼が大きなくしゃみを・・・その飛沫が、私の顔や手に・・・。で、その時は何ともなかったのですが、今朝起きると喉がめちゃくちゃ痛いよ。(-_-;) 声を出すのがおっくうです。やはり、あのときの飛沫によって感染したのでしょうか。困ったなぁ。仕方ないので上司に連絡して、午前中お休みをもらいました。午後から出社しています。でも、あまり調子よくありません。のど飴をほおばりながらなんとか定時まで頑張ろうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賭け

 同僚とある賭をして負けたので、彼に¥5,000-支払わなければならないのですが、すっかり忘れたままになっています。というのも、私が6月15日で鳥栖を引き上げ、本社のほうに戻って、賭の結果はその後に判明したからです。今度会ったときに払うことになっているのですが、まさか「利子」までは付けないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/08

被害

 結局、今朝帰ってきたのですが、我が家は今回は被害をまぬかれてました。ベランダの植木鉢がひっくり返っていたことを除いてはね。でも、ガラスとか割れていなくて本当によかった。出張中に被害に遭っていたら悲惨ですからね。
 今日はJRはほぼ正常どおりのダイヤだったけど、久大線で一部運休の列車があったようです。でも、福岡行きのソニックは乗客が多かったです。昨日乗れなかった人が今日乗っているのかな。そういう私もその一人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康への関心

 今年の健康診断で再検査になったあたりから、どうも健康が気になり始めました。年のせいと言う訳ではないのでしょうが、今まで健康で当たり前だと思っていたのが、そうではないらしいということを感じ始めました。(^^)
 というわけで、食べるものとか運動とか少し考えながら行うようになりました。運動といっても、エスカレーターではなくて階段を使うと言う程度ですが。
 血圧計も買ったし。でも、この血圧計、最高血圧が低めに出ているようなのです。やはり手首式はだめなのか。
 次に買うとしたら体脂肪計かな。この間、ホテルの大浴場で計測したら17.5でした。ま、とりあえず範囲内なのですが、もう少し減らしたい気もします。というわけで、体脂肪計の購入と基礎代謝量の増加を図るのが当面の課題です。
 同年代の友人の話を聞くと、健康上、結構やばい状態になっている人もいるようです。他山の石としなくてはね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

組み合わせ録画機

 TVチューナーとPCを組合わせた予約録画システムが結構順調に機能しています。数日間の出張であれば、撮り逃すことはなくなりました。でも、やはり、スカパー!チューナーとPC側と、両方の設定をしなければなりませんので、手間がかかりますし、ミスをする可能性も高くなります。やはり、スカパー!チューナー連動のDVDデッキがほしいな。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/07

大分のホテル

 というわけで、今日は鶴崎駅前のホテルではなくて大分駅周辺のホテルに宿泊しています。鶴崎駅前のホテルもこのホテルも、今回取り引きいただいている会社の指定ホテルです。宿泊費は取引先の会社持ちです。で、こんなこというのも何ですが、鶴崎駅前のホテルはともかく、大分駅近郊のこのホテルはちょっと・・・(^_^;)。部屋が狭いです。その上、ユニットバスがちょっと汚いというか、何というか。バスタブや床などはきれいなのですが、シャワーカーテンの上部に黒いカビが生えています。うーん。
 部屋の中では、壁紙が剥がれかかっているところがあるし。ちょっと経営者の資質を疑うなぁ。経営者自ら、サービスの現場である各部屋の状態を見て回り、不備があれば改善するといった姿勢がないような感じがします。
 明日朝一に帰る予定です。復旧は終わっているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2枚切符・4枚切符

 JRの特急を使うのであれば、これらを使わない手はありません。博多=大分間を片道の乗車券と特急券(自由席)で購入すると¥5,800程度します。2枚切符であれば、「指定席」で、往復の乗車券、特急券込みの値段が¥6,000(税込)です。約半額ということになります。それも、指定席。何でこんなに安いのか疑いたくなる値段です。
 そういえば、ずっと昔の特急列車は、自由席は混雑しているのに、指定席はガラガラという状況があったように記憶しています。指定席に乗ることを誘導させるという意味では、この企画は成功しているように思えます。確かに、自由席と指定席とでは、サービスは変わらないしね。(グリーンは別ですが。)指定席に座っているという優越感と、駅のプラットホームに並ばなくてもいいという利便性とを兼ね備えたこの切符、実はかなりお気に入りです。(^_^;)・・・本当は、福岡=大分間であれば、JRよりも高速バスの方が安いのです(約¥500)が、「大分自動車道は霧で通行止めになることが多いので、移動時間が計算できない」ことを理由に、特急を使っています。本当は、霧で通行止めになって途中一般道を走ったとしても30分くらいしか変わらないらしいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットワーク断絶(T_T)

 取引先の社内にいるときはネットワークにつながっていません。当然、インターネットやらメールやら見ることができません。これは結構ストレスになります。(T_T) ~症候群という言葉がありますが、まさにそれに当てはまりそうです。8月に行っていた東京近郊と比べてもホットスポットの数が少ないです。うーん。
 事務所内の机を見渡すと、無線LANカードの箱(多分空き箱)がいくつか見受けられます。ということは、無線LANが使えるかも。といって、実際に無線LANカードをPCに差すわけにもいかないし。(そんなことしたら犯罪だものね。)
 FOMAのパケ放題かそれに似たサービスに切り替えようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニック

 今日は出社しています。大分の取引先です。ソフトのテスト要員と一緒に昨日から大分に来ています。テスト要員の方は昨日から約1ヶ月の予定で大分での作業になります。私はその要員のサポートに来たのです。サポートなので、仕事が一段落ついて暇になりました。ということで、今書いているのです。(今は午前11時過ぎです。)

 福岡の本社は台風の影響でお休みになったのですが、出張先の大分の会社は通常通り営業となりました。ということで、今週土曜日はお休みします。(^_^;)

 それにしても、台風すごいです。ビルの外を風が吹きすさんでいます。出張先の会社は海に近いのですが、高潮とかが発生しないかと心配です。それに、もともと低湿な土地なので、道路などは冠水しやすいとか聞きました。

 本当は、今日昼頃までに切り上げて帰る予定だったけど、台風が最接近するのが昼前後ということで、お昼に帰るのは難しいでしょう。定時前後に運行状況を確認してから対処したいと思いますが、どうなることやら。・・・(つづく)

 引き続き、午後05時に書いています。台風は島根県沖に去りましたが、JRは点検・復旧作業が続いています。鹿児島県の一部の路線で運行が再開されたそうです。大分県内のJR再開は、もう数時間先になるでしょう。今日中に家に帰り着けるかどうか、微妙です。ま、無理せずにもう一泊すればいいのですが。・・・(つづく)

 現在、午後06時過ぎです。先ほど、JR大分駅に電話をかけました。「復旧作業中ですが、今晩中に復旧するかどうかは分かりません。」ということでした。(T_T) ・・・というわけで、今日は大分に泊まることになりました。鶴崎駅前のホテルが満杯だそうで、大分のホテルに宿泊します。やれやれです。明日の朝一に移動して帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/06

失敗学

 言わずと知れた、「畑村 洋太郎」さんの提唱するエンジニアリング?の考え方です。本当に、人というのは自分の失敗を隠したがります。その失敗が大きければ大きいほどね。でも、人は多くの失敗をします。一般に成功者と呼ばれている人でも、その裏には多くの失敗の積み重ねがあるのです。つまり、成功の情報よりも失敗の情報のほうがその情報料は多いと言うことになります。
 しかしながら、人が失敗を隠したがる傾向があることから、その重要な情報が個人レベルで秘匿されてしまいます。そのため、失敗を次に生かすということが、組織全体で行われることは難しい状況です。
 失敗学というのは、個人レベルで秘匿されている情報を収集し分析することによって失敗を生かそうという考えです。失敗情報を共有することにより、同じ轍を踏まないということが組織全体を通して行えるようになります。そのために、失敗をどのように収集し、分類し、分析するか、を学ぶのが失敗学です。
 この失敗学、出た当初はかなり取り上げられていましたが、近頃はあまり聞かれません。各組織にこの考え方が浸透していったので、あえて騒ぎ立てる必要はないというのであればいいのですが。そうではなくて、導入する方法が分からないだとか、導入しても機能しなかっただとか、そう言う理由で聞かれなくなっているのではないかなと思います。そう言う私も、自分の失敗など個人レベルで蓄積するという段階から抜け出ていません。
 この失敗学は、私の琴線にピーンと来るものがありました。なんとか組織を上げて失敗情報の共有化に努めたいです。
 でも、そうは言っても人は同じ失敗を繰り返すものなのでしょう。「歴史は繰り返す」という言葉が、そのことを端的に表しています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ローカルで・・・

 また大分です。というわけで、またローカルで書いています。台風の実況がよく分からないのですが、結構やばいことになりそうです。明日帰る予定でしたが、明日は無理かも知れません。出張先の会社がお休みになる可能性もあり、その場合はホテルに缶詰になってしまいます。困ったなぁ。
 ところで、私が宿泊しているJR鶴崎駅前のホテルですが、一階の居酒屋の定食がなかなかいけてます。前回は、灰干しアジ定食でした。今回は、サバ味噌煮定食を食べました。いずれも、おいしかったです。次は何にしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/05

アビスパ福岡

 何で、こんなところでつまずくのでしょうか。隣県のサガンとすに0-1で負けるとは。まさか、まさかの展開です。現在、J2は2位以下は混戦です。ここでの取りこぼしは許されないところなのに。全く困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンション

 私のアパートの部屋から、建設中のマンションが見えます。今回のは少し大きなマンションで10階建てで100戸以上の販売戸数があります。私が今住んでいるこのアパートに引っ越してきたのは約10年前です。そのころは、通りの向こうにまだ空き地が残るような、工場地帯だったのですが、Mr.Maxなど、大型の郊外型ショッピング・センターが次々と出店してきて、とても買い物に便利なところになってしまいました。(^^)・・・ちなみに、引っ越してきたときにあった大きな空き地に建ったのが、Mr.Maxなのでした。
 それと同時に、集合住宅(アパート、マンション)の建設も進み、私が住み始めてから、3棟目のマンションが建設中ということになります。
 ここは、そんなに住みやすいところなのかな。私の住んでいるアパートは車通りが多い道路に面しているので、結構空気が悪いです。そもそも、ベランダから見渡しても緑がありません。うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒカルの碁


 「ヒカルの碁」は平成14年にテレビ東京で放送されたアニメ番組ですが、近頃キッズステーションで、放映されているのを見ていてちょっとはまっています。(^^) AT-Xでも、放送されたのですが、そのときは、あまり興味がなかったのか見ることはなかったのですが。今回たまたま何話か見て、惹かれてしまいました。
 なんと言っても、ロボットが出てきません。(^^)モンスターも出てきません。(^^)というわけで、囲碁を通して少年が成長していく姿を描いた番組です。
 近頃の、アニメ番組には辟易していたので、こういう番組もまあいいかなと言う感じです。
 それよりも、なによりも、俺って、こんなアニメ番組(と言ったら失礼ですが)を見て感動して涙を流すような人だったっけ?老いたかな?(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風再接近2

 また、台風がこちらに向かっています。予報円の中心を通っていくとすれば、火曜~水曜にかけて直撃しそうです。その日は大分に出張だ・・・帰ってこれるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/04

サービス


 お昼に入ったレストランで、定食が来るのがどうも遅いと思ったら、小エビの天ぷらを揚げるのに時間がかかっていたらしい。それでまず、その代わりに麻婆豆腐がついてきて、「サービスです。」と言われました。なんだかラッキー。(^_^;) 小エビの天ぷらはあとから遅れてきました。まさか、そうやって客の関心を引こうとしているのかな。(じつは、麻婆豆腐を作りすぎたので、サービス作戦をしているとか。)と思ったけど、他のテーブルでも小エビの天ぷらを揚げるのが遅くなりましたと詫びを入れているようなので、サービス作戦というわけではないようです。(ま、そんなことする店はないだろうけどね。)
 でも、定食はすぐに出すのが前提だから、ある程度作り置いているはずです。それがなくなるとは、需要予測を間違ったのかなぁ。つまり、今日は土曜日だけど、月曜日の台風の影響で今日が出社になったところが多い、という予測を立てていなかったのかな。うーん、あり得る。
 この場合、どの程度の会社が今日出社になったのかを予測しなければなりません。・・・難しいかな。台風の影響をどう判断するかは各企業に任されていますからね。ある企業は午前中のみ出社だったとか、全休になったとか、いろいろあるでしょう。
 でも、月曜日の来店者数を考えれば、ある程度は予測できたかも。そうはいっても数年に一度の出来事を予測するのはやっぱり難しいでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百里再考中

 ・・・百里はたいへんだと言うことは分かっているのです。でも、嘉手納が消えた今となっては、保険として再考せざるを得ません。もっと前に嘉手納が消えていたならば、バースデー割引を考えたのですが、既に期限は過ぎてしまいました。(バースデー割引の期限は、28日前までです。)というわけで、ホテルパックを考えています。バースデー割引であれば、往復2万円+宿泊費ですが、ホテルパックだと3万円を超えるでしょう。多少高めなのですが、仕方ありません。検討します。このホテルパック、締め切りは出発日の10日前となっています。まだ考える余裕があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海岸の民家に居眠り貨物船 3棟壊れ、住民1人けが

 4日午前2時40分ごろ、広島県大崎上島町東野(大崎上島)の鮴崎地区の海岸に、大分県津久見市の西瀧海運所属の貨物船「新常豊丸」=498トン、浜田真寿雄船長(56)ら6人乗り組み=が乗り上げ、護岸ブロックを乗り越えて海岸沿いの民家に突っ込んだ。  無職安部春男さん(76)方住宅と隣の空き家の計2棟が全壊、会社員末田輝さん(62)方が一部壊れ、安部さんが右肩に軽傷。末田さん方は夫婦2人がいたが無事だった。  浜田船長は呉海上保安部の調べに対し「操船中に居眠りしていた」と話しており、同保安部と広島県警木江署が事故原因や被害状況を詳しく調べている。  近くの住民の話では、安部さん方は2階部分が崩落して1階部分を押しつぶしたほか、隣の2階建ての空き家も跡形なくつぶれ、がれきが家の前の道路を覆った。 (共同通信) - 9月4日10時00分更新

 写真がついていましたが、貨物船がまさに民家に突っ込んでいる模様が写っていました。インパクトがあります。実際にこんなことが起きるのですねぇ。それも、事故の原因が居眠りとは。大海原を航行中であればともかく、沿岸を航行中に居眠りするとは怖ろしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平常通り営業

 今日は、土曜日なのに仕事です。台風のおかげで月曜日がお休みになりましたので、その代わりに今日が出勤日になったのでした。でも、従業員の半分くらいは、フレックスを使って休んでいます。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/03

サンダーバーズ、嘉手納で飛ばず

 やっぱりというか、なんというか、残念ながら、嘉手納基地でのサンダーバーズのアクロバットは流れてしまいました。

 以下、Yahoo!ニュースからの引用です。

米軍が曲芸飛行ショー中止 ヘリ墜落後の地元要請受け

 米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)は3日、15日に予定されている米空軍アクロバット飛行隊の曲芸飛行ショーの中止を発表した。沖縄県宜野湾市での米軍ヘリ墜落事故後、地元自治体や県からの中止要請を受けた措置。
 同基地によると、在日米軍司令官のトーマス・ワスコー空軍中将が空軍幹部とも協議し「日本政府および地元自治体の懸案を考慮」して決定。沖縄県などがヘリ墜落事故を受け「県民感情として容認できない」と中止を求めていた。
 同ショーは、米ネバダ州ネリス空軍基地のアクロバット飛行隊「サンダーバーズ」が、F16戦闘機6機で実施。航空自衛隊創立50周年を記念した三沢(青森)、百里(茨城)、浜松(静岡)の各空自基地でのショーは、予定通り実施される。
(共同通信) - 9月3日13時13分更新

 というわけで、残るは、国内3基地のみとなりました。さて、どこに行くかですが。百里はやはり難しいと思っています。羽田空港から遠いしね。その日のうちに帰ってこられるかどうか。帰ってこられないとなるとやばいです。そうなると、10月3日の浜松狙いということになります。よし、浜松には行くぞ。でも、逆光なんだよな。そこがつらいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/02

東芝のRD-XS53

 この、HDD+DVDレコーダーに非常に魅力を感じています。すごくほしいです。何せ、スカパー!との連携強化がうれしいです。この最大の魅力はレコーダー側で番組を予約すれば、スカパー!チューナーが自動的にコントロールされるという点です。つまり、スカパー!チューナー側の予約がいらないということになります。
 今までスカパー!の番組を予約録画しようとした場合は、チューナー側とレコーダー側の両方を予約設定しなければなりません。面倒です。でも、そこまでならまだ許せます。今のスカパー!のEPGは一週間先の番組までしか表示されません。つまり、予約できるのは、1週間先の分までということになります。これだと、長期出張者はつらいです。それに、チューナー側で予約できる番組数に上限があります。(これは、もしかしたら、スカパー!の事情ではなくてチューナー側の事情なのかも知れませんが。)つまり、一週間に30番組とか予約できないのです。一週間に30番組なんて多いと思われるかも知れません。がスカパー!では、ある番組をまとめて一週間で放映するような企画があるのです。(映画公開記念とか、リピート放送を一挙にまとめてだとか、夏休み特集だとかです。)この場合だと、例えば、1日5話×7日間=35話放送という感じになります。これでは予約の上限に引っかかってしまうのです。その点、このレコーダーがあればばっちり行くのではないのでしょうか。見たい番組は片っ端から予約してね。やっぱり、スカパー!ライフを意識したレコーダーがほしいです。(^_^;)
 ほしいな、ほしいな。でも、予算が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり嘉手納(未練)

 未練ですが、どうしても行きたいです。国内でサンダーバーズの展示飛行を行う基地祭の中で、嘉手納がいちばん入場者数が少ないと思うのです。だから、狙い目なのです。百里、浜松はたいへんな人手になることは分かり切っています。三沢は一般入場が可能かどうかは分かりません。グアムのアンダーセンや韓国の基地でも展示飛行は行われますが、グアムは暑そうだし、韓国は撮影とか厳しそうだし。というわけで、国内の嘉手納がいちばん狙い目なのです。なんとかしたいなぁ。でも、行くとしたらホテルパックを使うことになります。このパックだと往復の航空券とホテル宿泊代込みで二万数千円で行けます。しかしながら、このホテルパックは、航空便の変更ができないし、何よりも出発日の10日前が締め切りになります。とすると、4日までに旅行代理店で申込をしなければなりません。どうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気合いの入れ直し

 最近、勉強が芳しくないので、気合いを入れ直しています。10月の科目試験用の新規レポートを結局仕上げられませんでした。本当であれば、神の導きによって?月曜日がお休みになりましたので、その日のうちにレポートを書けばよかったのです。それを夕方にでも大きな郵便局に持っていけばその日の消印を押してもらえたはずです。でも、それもできなかった・・・。というわけで、遅まきながらレポートを書いています。当然10月の試験には間に合わないのですが、来年1月の試験にはなんとかしたいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉差し

 我が家の観葉植物、ベンジャミンの「ベン君」ですが、葉差しがうまくいきません。株を増やそうと思って、勢いのある葉を切り取り、それを別に用意した植木鉢にさしているのですが、数日で葉の勢いが弱くなり萎れてしまいます。本当は、植えられた葉から根が伸びてやがて枝も伸び始めるはずなのですが・・・。水やりとか葉水とかは適切に行っているつもりですし、置く場所にも留意しています。土も葉差し用の土を使っています。なのに、どうしてかうまくいきません。うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風再接近

 涼しくなってきました。日中はまだまだ暑いのですが、朝晩が涼しくなりました。台風一過で、大陸の高気圧が張り出してきたからでしょうか。

 そういえば、もう一つの台風18号が日本の南海上にあって西進しているようです。週末には北に向きを変える可能性もあるとか。そうなるとまた直撃を食らうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/01

学問と実践

 9月1日です。大分出張中です。このホテルはインターネットに接続できないので、テキストファイルに書いています。(ローカルで書いていると言うことです。)したがって、アップロードするのは翌日以降になります。

 本題です。

 今年の夏期スクーリングの第三期は、「地理学」と「英語ライティング」を受講しました。その「地理学」の話です。

 今回の「地理学」スクーリングの講義は、河川と水害に関する内容でした。国内の河川が海外の河川に比べてどのような特徴を持っているのかから始まって、人がどのように河川を改修していき、その水害をコントロールしようとしてきたのかを歴史をたどって解説するものでした。特に、中世から近代にかけての水防の歴史と、その水防により河川がどのように変わったか、またその環境の変化がどのように人々の暮らしに影響を与えたかという内容の講義でした。

 で、その中に出てきたのが「武田信玄」です。彼が、甲府盆地を流れる「御代川」及び「釜無川」の改修をどのように行ったのかという話が、講義の中に出てきました。当時の土木技術は、当然たいしたことありません。従って、川の力を生かした水防対策を取ることになりました。有名な信玄堤なども出てきました。(反対に、現代は優れた土木技術によって河川の特徴を無視した画一的な河川改修が行われているそうです。・・・それへのアンチ・テーゼもあるのですが。)

 今日放送されたNHKの番組「その時歴史が動いた」で、その信玄の水防対策の話がでてきました。水害対策の話が、まるでその時の講義そっくりだったのでびっくりしました。

 武田信玄の治水対策により、耕作面積が3倍になったとか。彼のことを随分と持ち上げていました。(ゲストは当然、堺屋太一さんでした。)番組の趣旨は、武田信玄が上洛を決意するに至った経緯をたどるものでした。話の流れがつながっていないような気もしましたが、まあそれはよしとします。今回は番組の話がメインではないので。

 その「地理学」の講義では、関東平野を流れる利根川の話も出てきました。利根川は、江戸時代にあるきっかけで川底が上昇しました。その結果、それまで比較的穏やかな流れだったものが、暴れ川になって、頻繁に氾濫繰り返すようになってしまったそうです。

 そのきっかけというのが、「浅間山の噴火」なのでした。江戸時代におこった浅間山の噴火によって利根川の流域に多量の土砂が堆積しました。その土砂が降雨によって利根川に流れ込みました。そのため、利根川の河床が上昇し、その流域の各地で氾濫を繰り返すようになったのです。そして、その土砂の堆積による影響は、近代土木技術でそれを除去できるようになる明治時代まで続いたということでした。

 一晩のうちに、「地理学」で出てきた内容が2つも起きるとは・・・(それも、防災の日で、各地で大規模な災害を想定した避難訓練を実施した日にね。)。なんだか怖いですね。その浅間山、今後の動向が気がかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »