« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月の40件の記事

2004/11/30

大震災に

 「中越地震が中越大震災でなくて良かった(被害が震災と呼ばれるほど大きくなくて不幸中の幸いだった)」という記事を以前書きました。しかし、「大震災」と呼ばれるようになりそうです。新潟県が、甚大な人的、経済的被害を受けた今回の地震を「中越大震災」と呼称するよう決定したというニュースが流れてきました。

 地震と大震災の線引きはどこかなどというのは不謹慎ですが、今年のように台風被害や地震被害が多いと、政府の「激甚災害」に指定されるケースが増えます。もちろん政府の予算には限りがありますし、援助を受けた被災者もその援助だけで現状復帰できるわけではありません。被害が発生してから処置を行うのではなくて、被害が発生する前に予防線を張っておくことが重要ではないかと思います。例えば、地震に対しては、耐震構造の家屋に住むとか、家具を固定しておくとかすれば、被害は少なくてすみます。

 というわけで、私の住んでいる地域には活断層があるのかどうかを調べてみました。直下ではないのですが、数キロ離れたところに「活断層」があることが分かりました。この活断層は、最近になって航空写真の分析により初めて存在が確認されたものです。この活断層が動くと、私の住居も大きく揺れることになるでしょう。地震対策はしっかりしておかねば。子供のころ関東に住んでいたときは、よく地震があったのを覚えていますが、今のところに越してきてからは滅多に地震が起きません。だから、周りの人もそれほど地震対策を考えていないのではないでしょうか。だとしたら、いったん大きな地震が発生すると対策していれば防げたような被害が続出することも考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徒歩で往復

 新居と現住アパートのあいだを徒歩で往復しています。今夜は4往復しました。引越し業者に頼めないようなデリケートな品物を運んでいるのです。

 でも、引越しの準備としてはやはりあまり進んでいないのでした。引越しまであと1日、明日仕事から帰ってきてからが勝負?です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築城、行けませんでした。

 あぁ、あんなに楽しみにしていた築城の航空祭だったのに。引越し準備が全然はかどらないのでどうしてもいけませんでした。(T_T)

 F-1の最後、有終の美を見たかったのに・・・。

 友人が単機で出撃してくれたので、彼の撮影したビデオを見せてもらうことにします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/11/27

入れ替え戦

 取り敢えず、サッカーJリーグ(J2)のアビスパ福岡は3位となり、入れ替え戦への進出を決めました。J1再昇格へ首の皮一枚つながったということでしょうか。

 後は、J1の再開チームの決定待ちですが、うーん、まだ分かりませんね。

 いずれにしろ、アビスパはどこが相手でも勝ち続けなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/26

ウクライナ政情不安

 ウクライナで野党側が臨時革命政府樹立を宣言したそうです。現時点では情勢がどのようになるかは予断を許さないところなのです。事態の推移を見守りたいと思います。

 ところで、ちょっと気になったのは、革命という言葉です。今回の政変は「革命」なんですかね。「クーデター」ではないのかな。というわけで、辞書で調べてみると、クーデターとは支配層内部の政権移動を意味すると書いてありました。ということは、どこかの王国で、幼い国王を廃してその後見人が政権を掌握するようなのがクーデターということになります。

 それに対して革命とは、それまでの被支配階級が支配階級から国家権力を奪い取って政治の形態を変えることです。いちばん有名なのは「フランス革命」ですよね。

 クーデターと聞いて(私が)一般的に思い浮かぶ、軍事クーデターに関してはどうでしょうか。軍部は支配層なのかな?。これも、どこかの王国で、××将軍なんてのがいて、彼が股肱の部下を率いて王族を廃して政権を掌握するというのであれば、軍事クーデターということになるのでしょうね。

 一般に、シビリアンコントロールの元での軍隊は「支配階級」ではないので、もしその軍による政権の収奪が行われても「クーデター」とは言わないような気がします。この場合、「軍事革命」ということになるのかな。

 明治維新が、「革命」なのか「クーデター」なのかは微妙なところです。地方政権が中央政府を軍事力で追い払ったのですから、やはり「クーデター」に入るのか。

 その後の、大日本帝国時代の五一五事件(1932)、二二六事件(1936)に関してはどうなるのかな。事件以降、政党政治は終焉を迎えて、軍部が政権を取ったという意味では軍事クーデターということか。

 いずれにしろ、日本の場合は、「天皇」の存在が状況をややこしくしていますね。日本史の政変劇(武士階級が登場して後のもの)では必ずその存在がキーになります。

 今回のウクライナの政治危機に戻りますと、野党側は一応支配層のような気もします。でも、民衆の力を借りているという点では、革命なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/25

煮込みうどんと交差点のポール

 そう言えば、昨日の名古屋までの出張で煮込みうどんを食べてきました(23夜)。みそかつ、きしめんと行きたかったのですが、ホテルにチェックインしたのが21時くらいでしたので、たいがいの店はしまっていました。それに、ホテルはビジネス街の一角にあり、勤労感謝の日は営業していない店も多かったような気がします。で、名古屋コーチンの煮込みうどん(玉子いり)を食べました。

 おいしかったですよ。でも、夜中喉が渇きました。汁まで飲んでしまいましたし、それが結構濃かったからですかね。

 それにしても、宿泊先の界隈は、交差点の車道部分にポールが・・・。あのポールは違法駐車禁止用のポールだそうです。なんでも、名古屋では交差点のぎりぎりのところにまで違法駐車する人が多いそうなのです。県民性ですか?

 私の地元も交通ルールに関してはあまり偉そうなことは言えませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乱発

 昨日、某社の業務の流れに関するヒアリングを行った際に名刺を乱発しました。各部署から担当のかたが沢山お見えになったのです。最後は足りるかどうか心配になるほどでした。今回のプロジェクト用に作成してもらった名刺のうち、残ったのは1枚(T_T)。今後は、元の名刺を配ることになるのでしょうか。取り敢えず、「名刺が切れそうです。」というアクションはおこしてみますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引越準備の進捗が芳しくない。

 引越準備が全然はかどりません(T_T)。なんだかんだと要るものばかりで、梱包できない状態が続いています。このままだと、引越前日の夜遅くに作業しなければということになりかねません。

 当面の問題としては、スカパーの再設定です。今度の部屋のベランダは鉄格子ではなくて、コンクリート塀なので、貫通型のステイは使えません。で、跨ぐタイプのステイを買ってこなければなりません。

 それと、前日の夜遅くまでスカパーを見ていようと思っていたので、朝一番にパラボラを外して、移転先で真っ先に設置しなければ!(^_^;)。

 もちろん、移転の手続きもしなければなりません。PPVも見られないしね。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコノミークラス

 今回の出張、帰りは飛行機の便がないので新幹線で帰りました。名古屋発19:34でしたが、終着駅に着いたのは、22:55・・・。何と3時間半近くも乗っていたことになります。あぁ、きついなぁ。新幹線の座席は、いくらリクライニングシートを倒しても大腿部が伸びないので、危ないです。旅行血栓症(深部静脈血栓症)になりそうでした。・・・いや、もしかしてもうすでに血栓ができているかも。(^_^;)

 ※今回、行きの行程で乗せてもらったJALに感謝して、JALの深部静脈血栓症のページにリンクしています。(^_^;)

 うーん、やはり飛行機を使ってひとっ飛びに帰れば良かったです。でも、時間が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/24

急がば・・・

 今回の出張は4人できたのですが、そのうち3人は飛行機で、残りの一人は新幹線で移動でした。なんでも、本を読む時間がほしいからという理由で新幹線にしたそうです。彼は4人の中でいちばん役職が上なのですが・・・わがままですねぇ。で、その新幹線は、1時間以上遅れてしまったそうです。

 ま、読書する時間が十分あったようで、それはそれで良かったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/23

ホテルのグレード

 今回泊まった名古屋のホテルは、名前を聞くと結構いい感じのホテルです。一般のビジネスホテルじゃなくて、高級感漂う名前です。ホテルに来て、「お、高級な感じ」と思いました。今回の出張はお偉いさんと一緒だから、いいクラスのホテルなのかな。当日、同じ取引先向けの別件の仕事で同じく名古屋に出張してきている同じ部署のI君は、×××シティホテルという、いかにもビジネスホテルっぽい名前のホテルに泊まっているはずですが。

 でも、今回のホテル、キーがオートロックじゃなかったんですよね。???。なんで?設備が結構古いのかな?でも、内装はきれいだったし、洗浄式トイレ付きだったし、浴室内もきれいだったし。

 うーん、なんで、オートロックではないのでしょうか。不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/22

新名刺(一時的?)

 今度のコンサル業務に関連して、専用の名刺が出来上がりました。肩書きは、「××事業プロジェクト・コンサルタント」。・・・本当にいいのか?(^.^)

 当該企業の業務フローを見せてもらいました(NDA:秘密保持契約を結んでいますよ。)。しかし、結構複雑な業務フローです。これをシステム化できるのかな?ちょっと心配です。取りあえず、経営者がどのような考えを持ったかたなのかというところから、ヒアリングを始めねばなりません。どうなることやら、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/21

大山のぶ代さん、降板へ。

ドラえもんの声が交代へ 来春、大山のぶ代さん降板  テレビ朝日系の人気アニメ「ドラえもん」で四半世紀にわたってドラえもんの声優を務めてきた大山のぶ代さんら主な声の出演者5人が来春、降板し、若手と交代することが21日明らかになった。  後任の人選が進行中で、交代決定を受け入れた大山さんは「テレビ放送から25年がすぎ、ちょうどよい交代の時期。遠い未来までずっとずっとみんなに愛される『ドラえもん』であってほしい」と話している。  「ドラえもん」はゴールデンタイムに2けたの視聴率を取る同局の看板アニメ番組。原作者の藤子・F・不二雄氏が「ドラえもんはこういう声だったんですね」と認めるほど、大山さんらははまり役で、人気の原動力になっていた。 (共同通信) - 11月21日21時49分更新

Yahoo!ニュースより

 ルパン三世のCVだった山田康夫さんや、ヤン・ウェンリーのCVだった富山敬さんなどのように、CVのかたが亡くなってから代役を立てるのではなく、また、2代目磯野カツオの高橋和枝さんのように体調を崩してもの降板でもなくて、まだ元気なうちに後進に道を譲るというのはかなり画期的な気がします。

 後進がどのような人になるのかは未定ですが、ちょっとだけ楽しみです。(今時ドラえもんなんて見ていないのですが、CVが替わってからはちょっと見てみたいです。)

 そういえば、ルパン三世も、一度CVを総入れ替えしたことがありました。(まだ、山田康夫さんが存命の時です。)その映画は不評だったようですね。今回のドラえもんはどう評価されるのでしょうか。私としては、全くタイプの異なる声もいいのではと思うのですが、そうなると一般にはどう受け容れられるのか、心配ですね。

| | コメント (1)

2004/11/19

そろそろ経済原論のお勉強を・・・

 そろそろ、経済原論のレポートを書き始めねば・・・。というわけで、経済学関連のサイトを調べていたら、結構有用なサイトを見つけました。

 サイト名は、暇つぶしなお勉強の部屋。です。

 中小企業診断士第一次試験の「経済学・経済政策」の試験対策にも向いているかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新装

 引越の準備をしなければいけないのですが、なかなか捗っていません(T_T)。困ったものです。

 ところで、新居用にカーテンを買って照明も新しくしてカーペットも新しく購入したものを敷いてエアコンも新しく買って、とあれこれ考えていたら膨大な出費になることが判明しました(T_T)。

 取り敢えず、卑近に必要なものから買いそろえていくことにします。カーテンとカーペットは必要なので買うとして、照明は現在使っているやつを引き続き使うことにしました(T_T)。

 カーテンは、最初、内覧会の時の業者さんに頼もうかと思っていたけれど、どうしても値段が高すぎます。何で、オーダーカーテンはあんなに高いのでしょうか(T_T)。確かに、良い品質であり、デザインも優れているのでしょうけど。というわけで、市販のレディメードのカーテンを買ってきて裾を調節することにしました。

 カーペットもちょっといいやつになるとめちゃくちゃ高くなってしまいます。品質が良くて値段の安いものをなんとか探してこなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基地上空?

 築城航空祭のプログラムを見ていて気付いたのですが、スクランブル展示は「基地上空」とあります。10年以上前に、T-33を領空侵犯機に見立ててそれを追尾するという展示飛行を行ったことがありますが、それと同じような展示なのかなぁ。でも、F-15の再発進展示も「基地上空」と書いてあります。この再発進展示は明らかに「エプロン地区」で行われるはずですので、もしかして「基地上空」と「エプロン地区」とは区別していないのかも知れません。

 ここ最近、どの基地の航空祭もメニューが画一的になって地元色があまりでなくて残念に思っていました。でも、今年はいろいろ趣向を凝らした展示をやってくれるみたいなので、楽しみにしています。

 後は天気次第ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/18

派遣は難しい・・・その2

 先日、大分の取引先に常駐させている当社の従業員に対して、その取引先から「引き取ってもらう」ように要請がありましたが、その従業員は昨日今日会社を休んでしまいました。簡単な課題を与えられてそれが解けなかったことで、精神的に落ち込んでしまったらしいのです。それに、そのことで上長からいろいろと叱責を受けたらしいです。(私じゃないよ。)

 あぁ、大変だ。取り敢えず営業のメンバーが急遽、彼のところに行ってみることになりましたが。それにしても、厳しいな。

 私の彼に対するサポートのあり方に問題がなかったかどうか考えさせられます。うーん、どうなのかなぁ。でも、正直言って、能力的にもっとできると思ったし(年齢を考えてね)、その後はちゃんとサポートをしたつもり。物理的な距離の制約から、メールと電話でのサポートだったけど。それに、問題発生の翌週(今週)には、よりサポートを充実させるべく打合せに赴いたし。

 でも、なんだか自分の言い訳をしているばかりのよう。

 派遣に出す前に、もっと本人の能力を見極めなければいけなかったのかな。そこでNGであれば傷口は小さくて済んだかも。そこは、反省すべき点ですね。

 彼は今モチベーションがダウンしているようなので、彼が自信を取り戻すよう、支援したいと思います。(でも、大分は明日までなんだけど。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/17

落穂拾い

 10月の科目試験の結果が郵送されてきました。

 10月の科目試験は、8月末までにレポートを提出した科目に対して受験資格が与えられます。しかし、私は8月末までに新たにレポートを提出することができませんでした。・・・モチベーションが昨年ほどなかったのです。(昨年は2科目のレポートを出していました。)それに、仕事が忙しかったしね。したがって、7月に受験した科目のうち、結果がD(つまり不合格)だった科目を再受験しました(2科目)。8月末の段階で、試験が不合格になったままの科目がこの2科目です。この2科目を引っ張ったままで次の科目を受験するよりも、すでに受験が可能な科目を受験して、単位取得を狙う作戦にしました。(というか、レポートを出していないので好むと好まざるとにかかわらず、再受験を行うしか手がなかったのですが。)いわば、落穂拾いです。

 結果はどうだったかというと、見事2科目ともBでした\(^o^)/。

 よかった~。2科目のうちの1つである「法学(憲法を含む)」は、なんと3回目の再受験(都合4回目)だったのです。

 この法学合格は、大きな喜びです。今まで何度受験しても(書いた答案はうまくできているつもりだったのですが)、なぜか結果がDでした。それで、「もしかして、何か基本的なことが間違っているのでは」という心配をしていたのです。でも、今回合格できて、そんな心配は稀有であったことが証明されました。難関突破はモチベーションアップにもつながりますしね。

 というわけで、今月末のレポート締め切りまで気合を入れてがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X43マッハ10間近

 【ワシントン=笹沢教一】今年3月にジェット機としては世界最速のマッハ7(音速の7倍)を記録した米航空宇宙局(NASA)の無人機X43Aが、米東部時間16日夕(日本時間17日朝)、カリフォルニア州沖上空の飛行でマッハ9・8(時速約1万1000キロ)を記録、世界最速を更新した。(読売新聞)

Yahoo!ニュースより

 NASAの高速飛行実証機X43が記録を更新です。前回記事を書いたときは、マッハ7でしたが、今回はマッハ10に近い速度を達成したということで、今後が大いに楽しみです。

 スクラムジェットの技術というのは、宇宙往還機にとっては欠かせません。前回も書きましたが、やはり、水平離陸、水平着陸を行う宇宙往還機というのは、ロマンです(^_^;)。・・・でも、この辺は、既存の飛行機のメージに縛られているような気もします。でも、宇宙往還機が貨物を運ぶのであれば、地上では水平になっているほうが便利です。旅客を運ぶ場合も同じことが言えます。(宇宙空間での貨物の積み降ろしは、無重力のためどの方向を向いていても問題ないのでしょうけどね。)

 でも、マッハ10はまだ第1宇宙速度にはほど遠いです。今後の実験の積み重ねによる技術の進歩を期待しています。

 水平離着陸型の宇宙往還機にロマンを持っている私としては、是非頑張ってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/16

パウエル=>ライス

 時事ネタです。

 米国のコリン・パウエル国務長官が辞任を発表し、後任にコンドリーザ・ライス補佐官が就くことが発表されました。(ライス女史の就任は決定には至っていないようですが。彼女が就任以来を断る理由はないです。)

 ブッシュ政権の良心と言われていたパウエル長官が辞任することで、ブッシュ政権、つまり米国が強硬派一辺倒に傾き、一国主義的な行動が加速されるのではないかと心配しています。

 ライス女史は、黒人女性初の国務長官職に就くのですが、パウエル氏ほどの国民的支持は得られないでしょうし、したがって彼女の政権内での影響力も限定的なものになるでしょう。とても、心配です。

 私は、パウエル氏もライス女史も好きなので、彼らが政権内の重要なポストで活躍してほしいと思っていました。でも、パウエル氏は前述のようにブッシュ政権の良心といわれており、イラク戦争に一貫して反対の立場を取っていました。そのため、政権内部で孤立し、辞任に至りました。本人が、「1期のみ国務長官を勤める」と言っていたのは、裏を返せば、それ以上は付き合いきれないという意味だったのかもしれません。

 ところで、政権を離れるパウエル氏はともかく、ライス女史は、ブッシュ政権と命運をともにしなければいけません。・・・本人が辞任するか、政権途中で解任されるかしない限りは。ライス女史が国務長官になって、政権内でタカ派を抑えるべく動いたとしても難しいのではないでしょうか。もしかして、ブッシュ政権が、国務長官をお飾りの名誉職として彼女に与えたのかもしれません。黒人女性初の国務長官という看板で、国民の支持を得るためだけに彼女が利用されるのではないかと思っています。

 米国の右傾化が更に進まないことを祈らずにはいられません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

派遣は難しい・・・

 営業チームのメンバー(パートナー関連の営業をしている人)と、大分の取引先まで当社の派遣要員に関するクレーム処理に行って来ました。営業のメンバーと行くときは、営業カーに同乗させてもらいます。そして、高速道路経由で行きます。私一人のときは、JRの特急で行っています。

 この取引先は、仕事の受注をするとともに要員も派遣しています。今後、この取引先とは一定の関係を維持していきたいと考えています。

 今回、取引先の会社は、当社の派遣要員である彼の能力が足りないと言ってきました。あれこれと話をしてみましたが、どうしても能力が足りないのがネックのようで、年齢的にもこれから飛躍的に能力が向上しそうにもないし、現在の契約金を考えると、これ以上継続は難しいという結論です。というわけで、残念ながら彼は当社に戻すことになってしまいました。うーん、残念です。

 彼に与えられた課題を見せてもらいました。彼はこの課題を1週間かかっても解けなかったそうですが・・・。私が見た感じ10分でできる課題でした。困ったものです。彼がこの程度の能力であると最初から分かっていれば、出さなかったのですが。でも、立場的には、「私が十分サポートしますので、何とか継続して派遣を続けていただけませんか。」と言わねばなりません。自分の考えていることとは全く逆のことを言わなければならないのは、結構ストレスがかかりますね。

 当然、取引先も優秀な人材を低額で手に入れたいのでしょうが、優秀な人材は引く手あまたで、そうタイミングよく割り当てることもできません。それに単価も高いしね。

 ところで、同行した営業のメンバーは夕方から北九州で打ち合わせがあるとのこと。当初の予定では、午前中に打ち合わせを終えていったん帰福した後、彼のみが北九州に向かう予定だったのでした。しかし、大分での打ち合わせが長引いたため、直接北九州に向かわねばならなくなりました。で、私は北九州市内のJR駅前に置き去りに・・・(T_T)。JRで博多駅に向かいましたが、すでに定時を越えてしまったので、直帰してしまいました。

 大分から北九州に向かうといえば、なんと言っても国道10号線を通ることになります。・・・築城基地。航空祭の練習をしているかも。期待していたのですが、F-15が基地周辺を周回しているのは見かけましたが、航空祭の練習かどうかは判別できませんでした。あぁ、エアバンド・レシーバーを持っていっていれば状況が分かったのに・・・(T_T)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/15

情実中途面接

 近頃、忙しい上長の代わりに、私が中途採用者の技術面接を行う機会が増えました。(いや、私も忙しいのですが。)今日も午後から一名、面接を行う予定です。当社は、一貫として事業の拡大を行っており、新卒の採用と中途の採用を大規模に行っています。つい最近までは、来るものは拒まずという方針だったように思われますが、最近(自社ビルを建てた頃から?)新規・中途とも入社希望者が増え、完全な買い手市場の様相を呈しています。

 で、やってくる人材ですが、かなり優秀なかたが多いです。少なくとも私が経歴書を見せていただくとそのような印象を受けます。でも、面接を行って、結果を上長に報告しても、最終的に採用の可否を行う役員の方々は、NGを出すのです。結構厳しいです。明らかに、今自社にいる社員よりも優秀だよと思われる人もいるのですが。

 それに、私はちょっと感情移入しすぎるきらいがあります。面接で話をした人に対して、好感を持ってしまうのです。で、是非とも入社してほしいと思ってしまうのです。だから、採点が甘くなってしまうのかなぁ。それから、転職しようとする人は、それだけの覚悟を持っています。どうも、当社の従業員にはそういった切実なものが感じられません。ぬるま湯につかっているような感じを受けます。爪の垢を煎じて飲ませてあげたい。(多分に、私にも当てはまるのでしょうが。)

 もう一つ思うのは、入社した後、それだけのフォローがないということです。入社する人の面接につぎ込むエネルギーのうちの幾ばくかでも社員とのコミュニケーションに費やせないものかな。(^_^;)

 最初に面接を行ったときは、何を聞いていいのか分からず戸惑ってしまいましたが、最近では随分質問するのにも慣れてきました。労基法に引っかからないように注意しながら、頑張って面接官をやりたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/14

有終の美

 航空自衛隊の築城基地のWEBページにて11月28日に行われる航空祭のプログラムが公開されています。

 今年は、築城基地に配備が始まったF-2の展示飛行が行われるとともに、F-1のスクランブル展示があります。築城のF-1の地上シーンが撮影できるのではないかと楽しみにしています。これを逃したらもう撮影する機会がありません(^_^;)。それと、F-15の再発進展示もありますので、楽しみです。

 というわけで、2週間後に迫った築城基地航空祭は非常に楽しみなのですが、問題は足の怪我と引越の準備と大学のレポート提出ですね。足のほうは、痛みはなくなったのですが、まだあまり左足で踏ん張れません。新しい爪が生えてくるまで辛抱です。それから、引越の準備ですが、なんとか片を付けておきたいと思いますね。そして、大学のレポートですが、これもなんとかしようと思ってはいるのですが(^_^;)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒星スタート

 昨日の土曜日、町内に部屋を構えている友綱部屋を見に行きました。といっても外から見ただけなのですが。実は不在時に届いた郵便物を受取に行った帰りに、例の話を思い出して「それならちょっと見てみようかな。」と探したのです。

 部屋はJR原町駅前にありました。通り(県道)からはちょっと入ったところでわかりにくいかな。でも、こんな間近に大相撲の部屋があるなんて知らなかったな。それも友綱部屋です。大関魁皇の横綱昇進が今場所の焦点のひとつでありますが、その大関魁皇が所属しているのが友綱部屋です。

 その魁皇、黒星スタートだそうで(^_^;)。いきなり横綱昇進、黄信号が点ってしまいました。うーん、もろさがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/11

配慮してもらっている?

 コンサルの仕事が来ました。今回は中小企業診断協会経由ではなくて勤務先経由です。したがって、案件はシステム化のコンサルです。

 私の勤務しているソフト会社は、今回の案件の企業に対して、もともと制御系のソフトを納めていたのですが、それが高く評価されたのか、それとも営業がうまくいったのか、今回基幹システムを提案できるようになりました。新規システムは、現状のシステムをリプレースするとともに、ビジネスプロセスを含めて再考するそうです。私の役割は新システムの提案書作成です。そのために現在のその企業の業務フローと組織体制の分析などを行います。

 取りあえず来週その会社に出かけて行って、現在の組織体制や業務フローをヒアリングしてくる予定です。システム化の担当者は別の人間がなりましたので、私はコンサルから提案書作成をメインにやることになります。

 ちょっと楽しみでかつドキドキしています。でも、中部地区まで出かけるのは結構大変だな。

 ところで、診断士らしい仕事を会社からもらったのは初めてです。一応配慮してもらっているのかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やせがまん

 先週、親元に帰りました。私の両親はともに亡くなっています。それで、親元には母方の祖父と妹夫婦とその子供(甥二人に姪一人)が住んでいます。

 マンションを購入したことは、その時に初めて伝えました。(別に隠していたわけではないのですが。・・・親不孝者なので親元にあまり帰りません。それで言いそびれていたのです。)伝えたときに、別に反対はされませんでした。といっても、もう引越まで間がないのに、今さら反対されても困ります。

 逆に、祖父はおもむろに預金通帳を渡して、「これを使え」と言ってくれました。その預金通帳は私名義で、残高は・・・。マンションのローン負担を大幅に軽減してくれるほどの額でした。年金生活者でよくこれだけ、貯められるものだと思うとともに、親というものはありがたいものだなと感謝の心でいっぱいになりました。(T_T)

 でも、受け取らなかったのですねぇ。一応、返済計画は私の現在の年収レベルで無理のないものだと考えておりますから。それに、今まで多大な親不孝を繰り返しているのに、これ以上親のすねをかじるわけにはいかないでしょう。(いったい年は幾つだと言われそうです。)迷惑はかけられません。

 ところで、祖父は年金で生活しているのですが、私と妹名義でこのような預金をしていました。いったいどこにそんな余裕が。

 祖父は90をとうに過ぎているのですが、矍鑠としていて、競馬、社交ダンスなどに精を出しています。競馬は毎週、車を運転して場外馬券売り場に行っています。それ以外にも、夫婦共働きの妹夫婦のために、幼稚園に通う曾孫(私の姪)の面倒も見ています。兄貴二人はいずれも小学生なのでそれほど手はかからないのですが。いずれにしろ、どこにそんな元気があるのでしょうね。

 私はとうてい、祖父の年齢までは生きられないなと思っています。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命がけの帰還

 先日、右足首を骨折して入院していた私の同僚は、9日に無事退院したそうです。15日までは有休になっていましたので、今頃は自宅で療養していることでしょう。その後ですが、まだギブスは取れないので、車の運転をするわけにも行かず、バイクも当然乗れませんので、鳥栖の取引先に行くことは不可能ということになります。

 というわけで、16日以降は本社で作業ということに決まりそうです。鳥栖の取引先には多くの社員が常駐で作業しているのですが、多くは本社に戻りたいと言っています。(中には逆に戻りたくないと言っている人もいるようですが。)今回、彼は短期間とは言え本社に戻ることができます。でも、命がけですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/10

セーフ!

 自転車で家に帰る途中、自宅まで後50mというところで、額にぽとりと雨粒が。家に帰って着替えをしてから外を見ると、すでに土砂降りに。あぁ、危なかったな。今日は18時以降雨の予報だったのですが、それが見事に当たったことになります。

 濡れずにすみました。雨男返上かな。そういえば、芦屋辺りから好天に恵まれていますので、もう雨男とは呼ばせません。

 でも、明日は電車で通勤・・・。雨の中、痛い足を引きずって歩くのはいやだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タカ目・タカ科

 ソフトバンクが福岡ダイエーホークスを買収することが、本決まりになりそうです。新球団名はどうなるのかな。「福岡」と「ホークス」の名前は残すと言っていましたから、「福岡ソフトバンク・ホークス」となるのでしょうか。ちょっと長いですね。「FDH」も「FSH」になるかも。私の希望としては、「福岡ヤフー!・ホークス」の方がいいのではと思います。会社名よりもサービス名を全面に出したらいいのでは?

 名称がどうなるのかは個人的には楽しみですが、よりいっそう楽しみなのがYahoo!のWEB画面などにホークスのキャラクターが登場するのではないかと言うことです。その上、ブロードバンド・TVを利用した試合の中継などを行うことも考えられます。

 ホークス側のメリット

 今まで、ホークスは福岡(九州)では絶大な人気を誇っていましたが、全国的な人気には至っていませんでした。もちろん、福岡で年間300万人の観客動員を達成するのですから、球団としては成功していると言えるでしょう。(チケットの単価が安いと言われていますが。)それが、WEBのポータルサイトとしては大きなシェアを持つYahoo!に登場するとしたら、ホークスの知名度&人気アップは確実でしょう。そうなると、ホークスが全国区の人気球団になります。
 そういったプロモーションの面での効果以外に、ソフトバンクの潤沢な資金を得て、戦力補強が測られることのメリットもあります。

 ソフトバンク側のメリット

 Yahoo!は、これまでインターネットをあまり知らなかった人への自社のサービスの周知効果、及びインターネット利用者で他のポータルを利用していた人を自分のサイトに呼び込む効果を考えると、相当の効果が考えられます。今までIT関連の企業はとかくマイナーで得体の知れないイメージもありましたが、国民的人気(と言っていいのかどうかは疑問が残りますが)のプロ野球に進出することは、社会の表舞台つまり、檜舞台に登場することになりますので、企業イメージアップの効果もあります。

 こう考えると、両者にとって今までの顧客以外の新しい顧客を呼び込むチャンスが増えるということになります。大きなシナジーがありますね。

 というわけで、来春、パリーグが楽しみです。「ホークス」隊「イーグルス」となると「鷲鷹」対決なんて呼ばれるかも。でも、鷲と鷹とは生物学上は同じ分類「タカ目・タカ科」なんですよ。そのうち、大型のものの総称が「鷲」で、中小型のものが「鷹」だそうです。となると、ホークスは不利かなぁ。(^_^;)

--

 球団買収のあかつきには、新しいブランドを打ち立てるらしいです。そうなると、「福岡ソフトバンク・ホークス」でも、「福岡ヤフー!ホークス」でもない、新しい「福岡**ホークス」が誕生することになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/09

発熱しました。

 昨夜は眠れませんでした(^_^;)。普段は1時半くらいに床に就くのですが、昨夜は足が痛くて気力が萎えていたせいもあり12時過ぎに床に就きました。そうしたら、10分程度意識がなくならない状態が続いて、「お、眠れないぞ」と思っていたら、いつの間にか寝ていました(^_^;)。ところが、夜中の2時前に携帯電話の振動音で目が覚めました(^_^;)。眠りが浅かったのでしょう。それから、3時くらいまでまた眠れない状況が続いた後、7時過ぎまで眠っていたようです。あの携帯電話の振動音(メールの着信)がなければ、朝まで寝てたかも知れないと思うと、ちょっと悔しいです。

 今回は、精神的なストレスではなくて、足がずきずき痛かったから眠れなかったのでした。

 足の痛みと言えば、発熱していたようです。床に入るときに少し悪寒がしたので、もしかしたら熱が出たのかと思い体温を測ってみましたが、その時は平熱でした。しかし、夜中にもう一度測ってみると、37.0度でした。でも、この発熱はなぜか心地よい発熱でした。手足の指先がとても暖かくなって気持ちよかったです。気分の悪さは全くありませんでした。「傷の回復のため毛細血管を開いて体の末梢部分に血を行き渡らせるとともに、細胞の活動を活性化させているのかな。人間の体ってすごいな。」と妙に感心してしまいました。本当は傷のせいで発熱しただけかも知れないのですが。

 そして、朝目覚めると足の痛みは見事に消えていました。でも、足を踏ん張るとやっぱり痛みがぶり返します。しばらくは、歩行に苦労しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/08

睡眠導入剤

 今日、私はプロジェクトのメンバーと二人で取引先に行き、新規業務案件の打ち合わせをしてきました。また、大分の案件です。この取引先とは3件目のソフトウェアの案件になります。私はFAのロボット制御のシステム開発を主に扱っております。この取引先も、3件ともロボットの制御システムの開発です。

 この取引先、今後も取引が続きそうです。仕事があることは有難いことなのですが、どうもこの会社はソフトウェアに関する考え方が古いようで、ギャップを感じています。あぁ、ちょっとやばいです。

 ま、この話はまた別の機会にするとして、今日は一緒に行ったプロジェクトメンバーの話です。彼は、私よりも7つ年上の・・・40台半ばのシステム開発者です。

 彼が、最近(ここ2週間ほど)急に夜眠れなくなったそうです。それで、先週の金曜日に医者に行って睡眠導入剤を処方してもらったとか。彼は前の職場のときも夜眠れないことがあって、そのときも睡眠導入剤を処方してもらったということです。

 ストレス?でしょうか。私のせい?彼には、そんなに厳しい業務を強いてはいないのですが。

 彼の話では、不定期に夜眠れなく症状が起きるとのこと。本人の弁では、人生とか宇宙の真理とかを考えていると眠れなくなるなどと言っていました(^.^)。

 うーん、でも、私って、夜眠れないことなんてないんですよね。これでも、私には結構ストレスがかかっていると思うんですけどね(^.^)。これって、ストレスに強いっていうことなのかな。だったらいいのです。しかし、たまったストレスがじわじわと体のほかの部分の負担になって蝕んでいるのではと思うとちょっと気がかりです。いつか急に発病したりしてね。

 というわけで、少なくともストレッチ運動くらいは毎日しようかな・・・。あぁ、でも足が痛い。(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生爪

 タイトルからなんだかいやな予感がするでしょうけど、そのとおりです。非常にスプラッターな話ですので、気分が悪くなる恐れがあります。というわけです。(^.^)。それでも読もうというかたのみ、読み進めてください。

 ほんの先ほど、左足の親指の生爪を剥いでしまいました。(T_T)

 引越しの準備で重たい雑誌の入った段ボール箱を引っ張ったときに、その段ボール箱に左足の親指を引っ掛けてしまったのです。(T_T)

 爪がほとんどはがれてしまいました。うーん、痛いよー。(T_T)

 とりあえず、絆創膏を張っています。でも、絆創膏が血に染まって真っ赤です。左足の親指だと、歩くときに力(体重)がかかります。この状態で歩いてみましたが、ちょっと痛め・・・。

 明日からしばらく、痛い足を引きずりながら通勤しなければなりません。それに、これから重たいものも持ち歩かなければならないのに、困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/05

山之内理事長(JAXA)退任

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)の山之内理事長が退任することになりました。理事長談話はこちら

 鳴り物入りでJAXA(当時はNASDA)の理事長に就任した山之内氏は、H-2A初号機から5号機まで、立て続けに打ち上げを成功させ、日本のロケット開発技術の失地回復に努めてこられました。しかしながら、H-2A・6号機の打ち上げに失敗してしまいました。H-2Aの打ち上げ再開には未だ至っていません。

 できうることならば、7号機の打ち上げ成功を見届けるまで在任して陣頭指揮を執っていただきたいと思っておりましたが、健康上の理由というのであればやむを得ないところです。後任の理事が、JAXAをよりよい方向に導いてくれることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

・・・部屋

 今日、町役場に行ったときのこと。手続きが終わるまでシートにかけて待っていました。受付のすぐ近くの席でした。すると、男性が受付の女性のところにやってきて、「・・・部屋の場所を教えてくれ」と尋ねていました。???。「・・・」のところがよく聞き取れなかったので、ちょっと傍耳を立てます。受付の女性もよく分からなかったみたいで、聞き直します。部屋のところは聞こえたので、「どこかの担当部署が入っている部屋のことかな」と思っていましたが、どうやらそうではないようです。

 何度か聞き直しているうちに、私にも「・・・」の部分が理解できました。それは、「友綱」だったのです。つまり、その男性は、「友綱部屋」の場所を聞いていたのでした。なぜその男性が「友綱部屋」の場所を聞いたかというと、それは、今週末から始まる大相撲九州場所のため友綱部屋が私の住んでいる町内に部屋を構えたからなのです。(話を聞くまで知りませんでしたが。)

 その友綱部屋にはご当地出身の力士「魁皇」がいます。なんといっても、JR九州の特急の名前にまでなった力士です(^_^;)。役場の受付で友綱部屋の場所を聞いていた男性も、魁皇の出身地である直方(のおがた)から来たと言っていました。

 その男性は、結局役場の総務課の人から詳しく場所を教えてもらい、友綱部屋を見に行ったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/04

プレゼンを聞きながら・・・

 今日は、取引先の会社のひとつである某社が私の勤めている会社を訪れて、プレゼンを行いました。目的は、某社が輸入しているコンピューター製品の紹介です。具体的には遠隔監視・制御システムのハードウェアとプログラミングツールについてでした。パワーポイントを使ってプレゼンしていただきました。

 私は最前列で聞いていたのです。ところが、午後一で、かつプロジェクタ利用のため薄暗くした部屋で、声のボリュームは大きいけど強弱がなくて、と三拍子そろったため、途中からうとうとと・・・。(^.^)

 30分前後、そういった状況が続いたものと思われます。

 目覚めると、私の書いていたノートにはミミズが這ったようなメモが・・・。(解読不能)

 お客様には大変失礼なことをしました。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログアフィリエト始まる

 ココログでアフィリエイトが始まりました。書籍の紹介です。何でも、私のサイトを経由して書籍を購入すると3%ほどが報酬として支払われるそうです。というわけで、早速設置してみました。取り敢えず、私はベーシックタイプなので、@niftyBOOKSのアフィリエイトです。

 取り敢えず、航空関係と診断士関係でお薦め?の書籍を記載してみました。

 中でも、「帰ってきた二式大艇」は、超お薦め。飛行艇開発プロジェクトに関する感動もののお話です。NHKのプロジェクトXに登場してもおかしくないほどです。でも、タイトルにある二式大艇の話はあまりなくて、戦後の飛行艇開発にまつわるエピソードが多いんですよね。表紙もUS-1Aだし。(^_^;)

 ・・・二式大艇を知らない人が表紙を見たら、US-1Aを二式大艇と勘違いするかも。(^_^;)

 多分、タイトルにある二式大艇は、アメリカから返還されて今鹿屋にある二式大艇を指すとともに、「飛行艇開発技術」という意味も入っているのでは。つまり、飛行艇といういわばニッチな技術を第二次世界大戦から現在まで綿々と守り育ててきた新明和の頑張りが、US-1A、XUS-2となって花開いた、ということも言いたかったのではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震

 今朝3時半頃、地震(前後数回)がありました。私は眠っていたのですが、揺れで目が覚めました。結構大きな揺れでした。でも、朝会社に来て周りに尋ねても1名以外は誰も知らない。なんで?入院中の同僚にもメールで聞いたけど、彼も知らない。おかしいなぁ。でも、我が家は家具の配置上、大きな地震が起こると私の命は大丈夫だけどPCが危ないと言うことに気付きました。PCの横に本棚があって、非常に不安定になっているのです。新居では、耐震性(というより、ダメージコントロール)を考えた家具の配置にしなければ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/03

新札、5枚

 今日、近くのディスカウント・ストア内にある某銀行のATMで、預金を引き出すと新札でした!ちょっと、感動。そういえば、硬貨はかなり古いものも出回っていますが、日本銀行券のほうは更新されるのが早いです。夏目漱石も、新渡戸稲造ももうすぐ見られなくなるわけですね。

--

 記事の中で、夏目漱石(旧)と野口英世(新)を勘違いして書いていました。記事は訂正しました。ご指摘下さったみなさま、ありがとうございます。

 でも、なんで、あの二人を間違えたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/01

頭痛薬に思う

 昨日から頭痛で、バファリンを飲んでしのいでいました。でも、今朝になっても治りません。それで、今朝もバファリンを飲もうと思ったのですが、切れていることに気付きました。薬局が開く10時まで横になってそれからバファリンを買いに行きました。

 店員さんに、バファリンありますか?と聞くと、高い方と安い方がありますよ。といわれました。なんか童話「舌切り雀」の気分ですが、貧乏性なので、安い方を買って帰りました。

 その時は気付かなかったのです。帰って2錠飲んだときも気付きませんでした。その後会社に来て夕方もう2錠飲んだ後、カプセルの印刷を見てびっくり。その安い方のバファリンは「バッサリン」なのでした。・・・これ、ちゃんとした薬なの?。

 ネットで調べると、どうやらコピー薬のようです。成分は同じだとか。ちょっと安心しました。これって、俗に言う、特許切れの後発医薬品というやつでしょうか。ま、効能が同じならば、安い方がいいのですが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気予報が大外れ!

当たらぬ天気予報 風当たり 30、1日「雨」「晴れ」逆に 苦情100件超 平謝り 福岡管区気象台

 「雨」のはずが晴れ、「晴れ」のはずが雨―。十月三十日から十一月一日朝にかけての福岡県内の天気予報が外れ、福岡管区気象台には、予報を見て週末の外出を控えるなどした市民らからの苦情・問い合わせが百件以上寄せられた。同気象台は「低気圧に伴う雨雲の大きさの予測がずれた。ご迷惑をおかけした」と平謝りだ。
Yahoo!ニュースより

 確かに、先週末は雨予報だったのですが、見事に晴れました。近頃天気予報の精度は上がっているはずなのですが、今回は見事に外れたという感じです。

 でも、だからといって、苦情を寄せるの?雨の予報だったので、行楽をキャンセルしていたのに実際は晴れてしまったとか、天日干しするはずだったのに雨が降ったので台無しになたとか。損害が発生したから、苦情ということでしょうか。うーん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »