« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の33件の記事

2005/07/31

また太陽系に10番目の惑星

太陽系に10番目の惑星、冥王星より大?…NASA

【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)=笹沢教一】米航空宇宙局(NASA)は29日、米カリフォルニア工科大などのチームがカリフォルニア州パロマ天文台の観測で、太陽系の最遠部に冥王星より大型と見られる天体を発見したと発表した。(読売新聞)Yahoo!ニュースより

 また、10番目の惑星?が見つかったようです。前回もニュースになったのですが(記事はこちら)、惑星の定義にあてはまらなっかたのか?最近話題に上がらなくなりました。今回は冥王星よりも大型と言うことで、惑星の可能性は大です。

 しかし、前回の記事にも書きましたが、軌道を占有していなければ惑星とはいえないそうなので、他の天体がその軌道上にないかチェックする必要がありそうです。定義の上からは、冥王星が9番目の惑星であると言うことも怪しいのですが・・・。

 続報に期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/30

緊急事態発生!!

 当社が初めて中国のソフト開発会社を下請けに使って開発しているプロジェクトがあります。その中国のソフト会社の納めるソフトに品質上の問題が多いので、マネージャーが現地に飛んで、一所懸命頑張っているのですが・・・。

 なんだか大変そうだな、と思っていたのですが、どうやら現地でバグをつぶしているだけでは間に合わなくなって、本社でもバグつぶしをすることになりました。

 で、そのバグつぶしの要員として私の名前がでたらしいのです・・・。

 本屋でぶらついていたときに、ふと携帯電話を見るとメールが届いていました。それを読んでみると、「至急、会社に電話してください!!」とありました。で、会社に電話してみると「すぐ来てくれ!」とのこと。

 行ってみると、「今日から作業してくれ!!」

 しまった!! (T_T)。期間は来週一週間です。

 でも、仕方ないですね。

 しかしながら、今回はVB.NETです。私は経験がないのですが。そもそも、私はC/C++が専門ですよ。BASICは、高校生の頃PC-8801mk2でしこしこ作っていた経験があるだけです。ま、本に載っているサンプルプログラムなどは作ったことありますがね。

 どうやら、私ならなんでもできると思われているような雰囲気が・・・。ま、そう思われるのは評価してもらっていると言うことで「とてもうれしい」のですが、初めての開発ツールで、力が発揮できるかなと不安です。もう、若くもないし、物覚えが悪くなってきていますから。

 ま、来週一週間、頑張るしかないですね。もしかしたら、このブログ、来週は更新が止まるかも・・・。(;´_`;)

 そして、土日は中小企業診断士の一次試験。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

財政論・速攻再提出!!

 受理されずに帰ってきた財政論、ちょっとショックだったみたいです。深層心理に衝撃を与えた?。眠れない?。このまま引きずるのは精神衛生上よくないので、一夜で全面的に新しい課題に書き直して提出しました!!。

 あぁ、疲れた!!。

 でも、なんだか満足。

 駅前の大きな本屋さんで夏期スクーリングのテキストとして指定されている市販書を物色して帰って寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/29

財政論のレポートが不受理に・・・

 昨日再提出した財政論のレポートが、受理できませんと言われて帰ってきました。

 私の理解が間違っていたらしいです。今年度提出できるレポートは、04年度と05年度の課題のみと言うことらしいのです。がーん!

 財政論のレポートは、最初から書き直さなければなりません。(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/28

スペース・シャトルに孫の手?

 航空機であれば、軍用機であれ民間機であれ離陸前にパイロットが機体の外観検査をします。

 戦闘機であれば、飛行中の点検として、戦闘中に被弾した場合とか、コックピット内でコーションランプが点灯した場合は、ウィング・マンがジョインナップして外観検査をします。戦闘機の場合は必ず編隊で飛行しますからそう言った飛行中の点検もできるわけです。

 民間機の場合は飛行中に外観検査はできませんね。(ま、小型の航空機などで飛行中の民間機に接近することは可能でしょうが、後流渦に巻き込まれると危険ですし。)

 何年か前、福岡空港に着陸しようとした旅客機が、ランディング・ギアをダウンしてその状態で固定されたことを確認するランプがつかなかったため、一度飛行場上空をロー・アプローチして地上要員に目視でランディング・ギアの様子を確認してもらってから着陸したことがありました。そのときはどうなることかとどきどきしたものです。

 ところで、今回のスペース・シャトル・ディスカバリーは、ロボットアームの先にさらに延長棒を取り付けてその先のカメラで外観検査をしています。考えることは皆同じだなぁ。

 残りのスペース・シャトル、アトランティスとエンデバーにも同様の機構がついているのでしょうかね。

 それにしても、また外部燃料タンクの断熱材がはげ落ちたとか。困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

製造業向けセミナー

 「というわけ」で、中小企業診断士のネタとを書いたわけではないのですが・・・。

 製造業のIT化に関するセミナー「製造塾」に行ってきました。

 このセミナーは某総合電機メーカー(F社)・IT部門・営業社員向けに同社のITソリューションの内容を説明するというものでした。F社の社員向けのセミナーだったのですが、当社がF社の営業担当の方と親しかったので紛れ込ませてもらったのでした。

 製造業というものの基礎の話からどうやってF社のソリューションを適用させていくのかまで幅広い内容でした。

 基礎的な話はつまらなかったけど、F社のソリューションをいろいろ知ったのは有意義だったかな。

024651540000  それから、ただで本をもらいました。日本実業出版社から出ている「工場のしくみ・イラスト図解」です。

 製造業の知識をおさらいするのにはもってこいの本でした。この本をいただけたのも、意義のあることの一つだったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

URLが載っていました。

0508

 今日紀伊國屋書店に行くと、「企業診断8月号同友館)」が平積みにされていました。

 とりあえず立ち読みしてみると、このブログのURLが載っていましたねぇ。あれ、思ったよりずいぶん上位に載っています。アイウエオ順かな?

 というわけで、ちゃんと購入しましたよ。(・・・本当は定期購読すべきなのかな?。)

 でも、このブログ・・・あまり中小企業診断士ネタがないのに、中小企業診断士のブログとして取り上げられているので面映ゆいものがあります。

 すこしは中小企業診断士ネタを増やした方がいいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/27

企業診断8月号

 企業診断8月号に、このブログのURLが記載されているらしいので、紀伊國屋書店福岡本店に行きましたが、平積みされているのはまだ7月号でした。_| ̄|○

 明日も探しに行ってみますけどね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/26

機会損失vs.パブリシティ

 ある製品が売れすぎて製造が追いつかず、やむを得ず出荷を一時停止。中途半端な量を出荷していては、卸売業者によっては入荷できたりできなかったりと、不公平感を与えるからでしょう。逆に言えば設備増強をしてまで製造する気がない?(悪魔の辞典でしたっけ。)

 というわけで、出荷休止と聞くと大体近頃はサントリーの定番となっているようです。マーケット規模を読み間違えたのか、うれしい悲鳴なのか、はたまた品薄感をあおって人気をつり上げているのか・・・(失礼)。

 昨年の「伊右衛門」に続いて今年は「ザ・プレミアム・モルツ」が出荷休止に。と聞いただけで、またやらかしたのかと思っていましたが、なんとさらに「バブルマンソーダジェット」まで出荷を休止するとか。

 何やってんだろうね。機会損失(本来売れるべき量が売れなかったことによる売上の減少額)はどのくらいになるのだろうか・・・。

 でも、はっきり言って私は「バブルマンソーダジェット」という商品を知りませんでした。ニュースになって初めて知りました。それで、「そんなに売れているのなら今度コンビニで探してみよう」という気になりました。意外と広告効果があるかも。

 つまり、ニュースという公平な記事として「売れている!」と宣伝されているみたいなものですからね。自社で広告打つよりも消費者に与える影響は大きいかも。パブリシティというやつですね。

 ということで、機会損失とパブリシティ。秤にかけるとどっちが大きいかな。

 まさか、サントリーがパブリシティ効果を狙って品薄にしてニュースネタを提供している訳じゃないだろうけど。

 (^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆噴射なしで着陸

<日航機トラブル>逆噴射不作動で着陸 子会社の整備ミス

 日本航空の羽田発新千歳行き1001便(乗員・乗客284人、ボーイング777ー300型機)が24日、左右エンジン(各1基)の逆噴射装置が作動しないまま着陸していたことが分かった。けが人や混乱はなかった。直前に子会社に委託した整備作業の終了時、同装置を不作動にする安全ピンを抜き忘れたのが原因で、同社は26日、今井孝雄・日航インターナショナル常務整備本部長を報酬1カ月10%カットの社内処分を発表。国土交通省は再発防止策を講じる文書で厳重注意した。

 滑走路がウェットコンディションだったら大変なことになったでしょうね。そう言う場合は、タッチ&ゴーで再離陸するのかな?あらかじめスラスト・リバーサーが動作しないことが分かっていたならば、もっと機首上げのまま減速させたんでしょう。滑走路の長さが3000mあったのも幸いしたかもしれません。短かったらオーバーランしたかも。

 いずれにしろ、怖いですね。

 整備後、旅客を乗せて離陸し目的地空港に着陸してエンジンをリバースに入れるまでロックされていることに気づかないことも問題のような気がします。きっと、整備場から出発ゲートまでトーイングされてきて、一度も試験飛行をしないまま旅客を乗せたと言うことでしょう。

 整備後は、とりあえず一通りの動作確認をしてみればいいのに・・・。ソフトウエアのテストであれば常識なのですが(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/25

採用遅滞者

 イノベーション(今まで市場になかった製品やサービス)の普及過程において、

  1. 革新者(イノベーター):革新的なものを購入することに意欲的な人々
  2. 早期採用者(オピニオンリーダー):比較的早く新しいものを買う人々
  3. 前期多数採用者:早期採用者に刺激されて購入する多数の人々
  4. 後期多数採用者:イノベーションが普及してから購入する多数の人々
  5. 採用遅滞者:そのイノベーションを購入しない人々

の順に普及していくことが知られています。

 携帯電話などはすでに後期多数採用者まで普及しており、今頃携帯電話を持っていないのは、採用遅滞者と言われる人々でしょう。

 その、どうしても購入しない人々の中の一人だと思われていた我が社のAさんがついに携帯電話を買ってしまったそうです。彼はかつて、自宅にPCが無いのにZAURUS(Linux)を買ったという噂の人なのです。

 すごいです。携帯電話の普及がついに採用遅滞者にまで及んだのか・・・。とさえ、思いました。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

財政論・レポート再提出

 先日、「D」で返されてきた財政論のレポート、日曜日に書いて今朝再提出(投函)してきました。

 返却されたレポートは、各評価項目が全て「4」(5段階評価中の4)だったのに、総合評価が「D」だったのですが。講評欄にあった指摘をもとに修正しました。でも、各評価項目が「4」だったので、大幅な変更はなし。多少の追加を加えた程度です。

 これで、うまく合格できるのか、少し心配です。

 ところで、この財政論の科目群は経済原論と同じB群なので、経済原論を2回突破しないと財政論の試験は回ってきません。(先に財政論を受けてもいいのですが・・・。)

 A~Fの科目群の中でB群がいちばん厳しいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バンパイア詐欺

シチリア島で吸血鬼といつわり脅迫、5万ユーロ詐取

[パレルモ(イタリア) 23日 ロイター] イタリアのシチリア島パレルモで、自分たちは吸血鬼で、反キリストの子を受胎させると脅し、1人の女性から4年間にわたり5万ユーロ(約670万円)を騙し取っていた男女2人組が逮捕された。
 詐欺を働いていた男とその女友達は、反キリストの胎児を中絶する薬といつわり、被害者の47歳の女性にピルを1錠3000ユーロで売りつけていた。
 

(ロイター) - 7月25日7時41分更新

 吸血鬼で詐欺だなんて日本人から見れば嘘のような話ですが、ヨーロッパ、それも南東部のヨーロッパではそう言う伝説を信じている人がいるんですね。

 同じ内容でもこれが北欧になると詐欺にはならないんでしょうけど。

 日本で言えば、M資金なんていうのがそれに当たるのかもしれません。(全く話は違うのですが・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総務部マネージャーがぎっくり腰

 私の勤めている会社の総務部マネージャーがぎっくり腰で会社をお休みしました。

 ぎっくり腰ってなったことないんですけれど、ひどいらしいですね。腰が全く動かせない状態になるとか。

 で、2~3日お休みかと思っていましたが、夕方電話があってなんと入院したとのことです。大変だぁ。

 ま、安静にして一日も早い復帰を祈らずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

今度は東京で地震が・・・

 3月には福岡で地震が起きましたが、今度は東京で比較的大きな地震が・・・。

 でも、揺れの割には被害の報道が少ないように感じるのはやはりもともと地震が多い地域だから地震に対するハードソフト両面の備えが万全だったからと言うことなのでしょうか。

 高層ビルなどは大きく揺れたのではと思いますが。

 さすがに、交通機関は一時止まったみたいですがね。

 あと2週間ちょっとで夏期スクーリング・・・。ちょっと不安ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/20

防府北基地航空祭その2

 あまり書くのが遅くなってもいけないので、まとめて3つ書きます。

  1. 友人は私と同じビデオカメラ・キヤノンのXL-1を使っているのですが、なんとファインダー部分を忘れてしまったとのこと。ご存じない方のために説明しますと、XL-1はレンズ交換式のビデオカメラで、ファインダー部分などを分解することができます。それがないと、ズームやピントが分かりません・・・。と言うわけで、彼はその日、デジカメでの撮影に徹したのでした。
  2. F-4の機動飛行はとても迫力があったのですが、私はビデオが一時停止のままでした。おかげでちょこっとしか映っていなかったのです。うーん残念。
  3. エアロックのブースに行ってきました。ブースの中には岩崎氏の写真が飾られており、それを見るとちょっと熱いものがこみ上げました。で、やはり何かグッズを買ってエアロックを応援しようと思いいろいろと物色しました。うーん、何もかもほしい心境なのですが、我慢してエアロックの軌跡という写真集を購入しました。これは、一般の書店では売られていないそうなので、貴重かもしれません。写真集を見ると、元気なロック岩崎氏の姿が・・・。昨年の築城が100回目のショーでその後、野田でプライベートなエアショーを行ったのが101回目。ということで、彼がショーを行ったのはわずか100回あまりの回数だったのですね。もっと見ていたかった・・・。

 ビデオを見直してみましたが、気温が高かったせいかあまり画質がよくありません。やはり、秋から初冬にかけてが航空祭の本番なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サンダーバーズ史上初の女性パイロット

 これもJウィングが元ネタ。

 2006年度のサンダーバーズのパイロットにサンダーバーズの史上初の女性パイロットが就くことになったという話です。

 サンダーバーズはもとより、現在ジェット機で運用しているアクロバットチームで女性パイロットをメンバーに加えるのは初めてと言うからすごいです。

 米軍は進んでいるなぁというお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横田基地フレンドシップ・デイ2005

 今日送付されてきたJウィング9月号に、やっと今年の横田基地フレンドシップ・デイの日程が記載されていました。

 今年はずっと開催日が未定だったのです。でも、やはり8月20日~21日の日程となりました。これで今年も横田に行くことができます。なんと言ってもスクーリングで東京にいますからね。これで、2003年から3年連続で横田に出撃できることになりました。

 昨年は、暑い中ビールを飲んでいたら脱水症状になったみたいでひどい頭痛。

 今年は少しは暑さが和らいでくれたらいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/17

防府北基地航空祭その1

 防府北基地航空祭に行ってきました。福岡を出るときはどんよりとした曇り空で、あまり期待していなかったのですが、天気は見る間に回復!!

 ブルー・インパルスも久々の第1区分の演技を見ることができました。

 それから、F-16は不参加だったのですが、なんと代わりに?ハリヤーが飛来していました。\(^o^)/

 ハリヤーを見るのも久しぶりです。飛行展示はなかったし、前日飛来で、翌日帰投と言うことで飛行する姿を見ることはできなかったのですが、今回参加した唯一の米軍機と言うことで人だかりができていました。といっても、防府北基地航空祭の人だかりなのでたいしたこと無いですが。

 晴天のため、日焼けでひりひりしています。

 とりあえず、撮影した写真をここにアップロードしています

 今回はいろいろなエピソードが。それは、明日以降ゆっくり書くとして、まずは報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/07/14

防府北基地航空祭、F-16が不参加に。

 先日、防府市のWEBサイトに防府北基地航空祭の訓練と本番の飛行予定が記載されていると書きましたが、なんと友人からのメールで確認してみるとF-16が不参加になっています。

 がーん。

 ま、いいか。エア・ロックのブースが目立てだしね。

 というわけで、それでもやはり楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/13

渇水対策本部解散!!

 今日、市のサイト県のサイトを見るといずれも渇水対策本部(節水推進本部)が解散していました。

 今年の梅雨は6月は全く雨が降らず、夏の水不足が心配されました。7月になると一転して大雨。両サイトでは主要ダムの貯水率を連日更新していますが、見る間に回復!!

 大雨で被害が出た地域には申し訳ないけど、水不足が解消されてまずは一安心です。

 今後心配なのは台風ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

健康診断

 今年も健康診断に行ってきました。

 昨年、血圧が高めと言われて意識していたのか、血圧検査の時に心臓がばくばく状態に・・・。で、脈拍が92に、血圧がレッドゾーンに。

 うーん、家に帰って昨年買った血圧計で計り直してみると、やっぱり低い値なんだよねぇ。

 やはり、病院で緊張していただけなのか。それとも、自宅の血圧計がしょぼいのか。

 別の血圧計を買ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/08

防府北基地の予行訓練公開

 防府市のWEBサイトにて、防府北基地航空祭の予行訓練の日程と航空祭当日の飛行スケジュールが公開されました。

 期待していたスパホはなしですか・・・。

 でも、例年通りF-16の機動飛行もあるし、エア・ロックのブースも出店されるし、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/07/07

国際法のテキストが来る

 郵便でお願いしていた、「国際法」のテキストの頒布ですが、本日そのテキストが届きました。今年の夏期スクーリングで使用します。

 おぉ、法学部のテキストだから色が違いますね。

 後、必要なテキストはなんだっけ。

 ぼちぼち買っておかないとね。

 また、初日に並んで買うのは勘弁してもらいたい。疲れるしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前線南下

 梅雨前線が南下して、九州北部は大陸の高気圧の勢力圏内に入りました。おかげで昨夜と今夜は過ごしやすいです。

 雨も多少なりと降って少雨傾向に歯止めがかかったことだし、一安心といったところですかね。

 ところで、私はここのところ体調不良。今日はだいぶん良くなってきましたが、月曜、火曜はひどい頭痛でした。

 うーん、たまに頭を使うとだめだなぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/04

ディープ・インパクト!!

NASA探査機放出の銅製衝突体、第1彗星核に命中

 【ワシントン=笹沢教一】彗星に金属をぶつけて内部を調べる史上初の観測のため、米航空宇宙局(NASA)の探査機「ディープインパクト」が放出した銅製の衝突体は4日午前1時52分(日本時間同日午後2時52分)、目標のテンペル第1彗星の核に命中した。

 探査機は、約500キロ離れた地点から衝突の様子を高解像度カメラで撮影することにも成功。観測結果は、太陽系の起源や隕石落下に伴うクレーターの形成過程などの解明に役立つと期待されている。

 衝突体は円筒形で、直径約1メートル、重さ約370キロ。衝突の約24時間前に、探査機から放出され、秒速約10キロで核に突っ込んだ。

 衝突時にはTNT火薬約5トン分の爆発に相当する衝撃があったと推定され、衝突の瞬間をとらえた画像には、核の一部が爆発したように白く輝き、氷や塵(ちり)と見られる成分が飛び散っている様子が写っている。

(読売新聞) - 7月4日19時18分更新

 彗星迎撃というと、日本のアニメを想像してしまうのですが、あれは空中発射型のミサイルでしたっけ。(^_^;)

 でも、現実の科学技術で彗星に正確に衝突させることができるとは、全くたいしたものですね。

 このプロジェクト、確か6年くらい前から始まったはずです。6年かけてやっと一発衝突させることができるというのであれば、まだまだかな。

 彗星は、夜空で尾を引いて明るく輝くけど、あれは太陽からの熱で水分が融け出して、それが太陽風の影響で太陽と反対方向に尾を引いているのです。というわけで、彗星はどんどん小さくなっているのです。また、彗星自体もともと小さくて、形は球形ではないし、成分も一様ではありません。だから、途中で彗星が分解したり噴出物が変化したりすることにより、軌道が微妙に変化するので、その核に衝突させるのは大変なのです。

 いずれにしろ、このプロジェクトの名称のもとになった映画のような現実は起こりえます。だから、こういった技術の蓄積は必要です。

 BMD(弾道ミサイル防衛)に応用できると言っているわけではないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/03

科目試験、2日目

 今日は科目試験二日目。今日受験したのは1科目「経営数学」のみだったのですが・・・。

 だめかもね。計算問題ならば良かった?のですが、用語を解説する問題でした。どうりで、持ち込み不可のはずです。(計算問題が出される科目であれば、電卓持ち込み可になることが多い。)

 というわけで、だめかなぁ。今回は粗製濫造で、レポートはたくさん出したのですが、勉強の方がいまいち追いついていなかった気がします。うーん。

 しかたない、次回頑張ろう。(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/02

中国語会話

 毎週水曜日の定時後に行われている「中国語会話教室」ですが、「う・わ・さ」によるとその講師をやっている中国人の同僚も辞めるらしいです。(あくまでうわさです、うわさ。だから広めないでくださいね。)

 あぁ、この講座はどうなってしまうのかな。

 うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がま腫

 先日新入社員歓迎会に来ていなかった同僚のあごの腫れ物の正体は「がま腫」だったのです。

 というわけで、彼は先週途中から入院して手術を受けたのです。そして、今週木曜に退院したそうです。

 実は先週末にお見舞いに行く予定だったのですが、入院していることを「すっかり!」忘れていました。m(__)m

 彼が入院していた部屋は二人部屋なのですが、一人で使っていたようで、ほとんど個室状態だったらしいです。

 うーん、うらやましいなぁ。

 そういえば、子供の頃扁桃腺の手術で1週間くらい入院して以来、全く入院していないなぁ。逆流性食道炎とか、交通事故で脚の骨を折るとか、そう言う目には遭っていませんね。ま、あわないに越したことはないのですが。(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

卒論指導登録表が届く

 もう一つ大学ネタ。

 先日出した「卒業論文指導登録申し込み」の返事が来ました。あ、出したのは先週後半だったかなぁ。それとも今週初めだったか。とにかく、ネタにするの忘れていました。

 結果は、OK!!。というわけで、卒業論文指導の資格を得ました。\(^o^)/

 でも、これから、卒論もがんばらなければならないとは。

 結構たいへん・・・かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

科目試験第1日目

 今日は大学の科目試験1日目でした。

  1. 憲法:ま、書けた方かなぁ・・・。
  2. 経済原論:初回:まただめだった!!
  3. 経済史:なんか、勘で書いてしまった。

というわけで、B群の科目がやばくなってきました。原論の後に財政論も採らなければならないのです。必須科目参照。

 そして、明日は残り1科目、経営数学。・・・だめかも。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

スペース・シャトル、打ち上げ再開へ

 【ロサンゼルス=岡田敏一】米航空宇宙局(NASA)は三十日、日本人宇宙飛行士、野口聡一さん(40)らが乗るスペースシャトル、ディスカバリー号の打ち上げを七月十三日午後三時五十一分(日本時間十四日午前四時五十一分)に決定した。
 今回初の飛行となる野口さんは、一九九六年に宇宙飛行士に選抜。日本人のシャトル搭乗としては五人目で、滞在中は故障した宇宙ステーションの姿勢制御装置の交換など、宇宙空間での船外活動を三回予定している。(Yahoo!ニュースより)

 スペース・シャトルは、2機が事故で喪失しましたので、残り3機です。(全5機が同時に存在したことはないのですが。)今後、今のタイプのスペース・シャトルを補充する予定はないですから今の3機体制で運用をしなければなりません。スペース・シャトルの寿命は100フライトといわれています。今ここで、残存する各機体の寿命は個別には分かりませんが、全体では200回~300回程度の打ち上げが可能と言うことになるでしょうか。しかし、一回フライトを行うと、整備に大きな時間をとられます。次世代のスペース・シャトルが就航する2010年代までに、300回の打ち上げが行われるのか疑問ですね。

 次世代スペース・シャトルについては、ブッシュ大統領が構想を発表した後、音沙汰がありません。いったいどうなったのでしょうか。

 うーん。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

久しぶりの雨

 昨日は、福岡市の水瓶である江川ダムの上流でかなりの雨が降りました。

 そして、今日は市内でもまとまった雨となりました。

 これで、水不足も一息ついてくれればいいのですが。

 とりあえず、自転車で雨の合間を縫って帰ってきました。

 さて、来週以降、どうなりますやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »