« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の17件の記事

2006/10/29

さらば、docomo

 携帯番号ポータビリティが始まったので、早速電話会社を変えました。

 メールアドレスは引き継げないのですが、まあいいか。

 とりあえず、NTTグループとはおつきあいしたくなかったので、 \(^o^)/です。

| | コメント (0)

理論政策更新研修

 昨日、28日は理論政策更新研修でした。福岡会場である、福岡商工会議所にて参加してきました。

 今年から実務研修が廃止されたので、実務研修で行われていた「ブレーンストーミング」などのグループ演習を一部取り入れたのでした。でも、1時間ちょっとの討議では内容がまとまるわけもなく、何となく中途半端な研修でした。

 さて、実務補習で一緒だったメンバーと研修で一緒になったのですが、彼は転職を考えているとか。コンサル会社に移るそうですが、どうなることやら。頑張ってほしいものです。

| | コメント (0)

2006/10/27

池袋にて

 卒論指導を受けたあと、いったんホテルに戻り指導内容を卒論指導ノートに転記。また、参考するように言われた書籍(研究室で見せてもらったもの)をアマゾンで購入。

 その後、池袋で、8月まで作業をしていた会社に引き続き行っているメンバーと、10月からその会社で新たに作業をするようになったメンバーと落ち合い、夕食をしました。

 ところが、京浜東北線で寝過ごしてしまい、「田端」で乗り換えるところを「王子」まで行ってしまいました(T_T)。おかげで大遅刻。二人には迷惑をかけました。

 ま、食事は楽しめましたけどね。

 それはさておき、関東は日が暮れるのが早いですね。特に冬場は顕著な気がします。福岡だとまだ明るい時間でも東京は真っ暗です。

| | コメント (1)

2006/10/26

卒論指導されました。

 今日は三田で卒論指導を受けました。25~27が卒論指導の集中日で、研究等で個別に行われました。

 私は商学部の先生でした。卒論の書き方あたりから詳しく指導していただきました。

 先生に突っ込まれて気付いたのですが、私が問題として認識しようとしているところはまだぼんやりしています。これをしっかりしたものにしないとまずいと感じました。さすがは教授。

 次は来年の5月です。申し込みは1~2月になります。残りの単位も大変だけど、卒論も頑張らねば。

 ところで、担当教授は、妙齢の女性でした!! (゜-゜)\バキ

| | コメント (0)

今日は、卒論指導

 先ほど、飛行機で羽田に着き、蒲田のホテルに到着しました。

 日付が変わったので、今日は卒論指導です。

 初めてなのでちょっとドキドキしています。

 さて、どうなることやら。

| | コメント (0)

2006/10/23

今日は有休・・・

をとった人が多かった!

 常駐先のS主任技師、それに問題があるときに限っていないPさん。

 どうやら、先日書いたN男君の風邪(細菌性のへんとう炎)が完治していないらしい。咳によって感染するそうだから、みなさん、その風邪がうつったのかな。

 そういえば、昨日東京で中小企業診断士の2次試験を受けたYマネージャーも(WEBで出勤状況を確認すると)休んでいた。あの80分*4科目を一日で受験するのは疲れるよな。

| | コメント (0)

寡占市場における最適な企業数

 寡占市場においても、せめて3社くらいあれば、3社間での競争(独占的競争)が行われるのではないかというのが、私の私見です。

 ビール業界におけるキリン、アサヒ、サントリーは好例かな。航空業界では、JAL、ANA、JASと3社があったのですが、そのうち2社が合併してしまって2社になってしまいました。しかしながら、私がよく使う「福岡~東京」便では、スカイマークががんばってくれているので、3社といえないこともない。もし、スカイマークがなければ、われわれはもっと高い航空運賃を払わなければならない羽目になる、と考えるとスカイマークをおろそかにはできません。

 航空機産業で言えば、こと民間機部門においては米国のボーイング社が一人勝ちです。アンチテーゼとしてのヨーロッパ・エアバス社は苦戦を強いられています。実は、つい最近までエアバスは絶好調だったのですが、A380の開発が大幅に遅れたことによる業績の悪化が著しいです。航空機ファンの私としては、空港で見る旅客機がみなボーイングでは面白くないので、ぜひエアバス社にもがんばってほしいのですが。そして、ボーイング、エアバスに次ぐ第3の旅客機メーカーが立ち上がってくれることを祈っています。でも、開発にかかる予算と需要との関係で、世界市場で3社目を立ち上げるのは難しいかもしれない。

 パソコンソフトに関しては、OS部門、オフィスソフト部門におけるマイクロソフトの台頭が著しい。ほかのメーカーは何とかしないのかね。

 逆に、寡占化(業界再編成といったりします)が進まず開発部門(技術者)が各社に分散してしまって競争力が低下しているのが家電業界。東洋経済によると日本には9社あるそうで、それらに技術者が分散して開発しているから、国際的な開発競争に対して立ち遅れが目立つそうです。

 開発コストと市場の大きさに応じた(寡占市場の)最適な企業数が存在するとは思いますが、家電はともかく、航空機産業とパソコンソフトに関しては、もう少しほかの企業にもがんばってほしいと思います。

| | コメント (0)

2006/10/22

筆記試験・終了

 本日(22日)は、中小企業診断士2次試験(筆記)の試験日でした。

 受験されたみなさん、おつかれさまでした。

 私は、九州地区の試験監督・補助として、参加してきました。

 今年の試験会場は、電気ビル。いつも使っている商工会議所が取れなかったということですが、施設はとてもよかったです。そういえば、私の診断士の同期に九電に勤めている人がいましたねぇ。

 受験者は、159-2名でした。最後の4限目までみなさん一所懸命に頑張っていて、私も心の中で応援していました。

 というわけですが、この中から一体どのくらいの人が合格するのでしょうか。例年だと合格率は10%強ですから、20名前後ということになります。筆記をパスすれば口述試験ですが、これはほとんどの人がパスするみたいなので、今回の試験が最大の難関ということになります。

 でも今年から、合格後の実務補習が15日で3社診断になり、厳しくなりました。8月に行われたクールでは、教えるほうが大変だったという話を聞きました。ご苦労様です。

 ところで、私はお小遣いがピンチ。今日のアルバイトで多少潤いました。(^_^;)

| | コメント (0)

2006/10/20

ぬかるみの男

 今一緒に仕事をしているメンバーですが・・・。

 彼のソフトウエア開発能力に関して、著しく疑問があります。ぬかるみを歩くように、一歩進んでは足をとられ、また一歩進んではまた足を取られと言うように、なかなかソフトウエアのテストが進まないのです。彼もそろそろ中堅といわれるようなところにさしかかっているのに、こんな状態で大丈夫なのでしょうか。

 彼にも優れた面はあります。それは、コミュニケーション能力です。開発現場で積極的にコミュニケーションをとっています。そして、長期間にわたる付き合いから、確たる人間関係ができています。しかしながら、ソフトウエアの開発レベルはまだまだなのです。

 彼が、今の開発現場にずっといるのであれば、それもまぁいいでしょう。開発現場でのコミュニケーションを生かして、このままやっていけるのではないかと思います。しかしながら、その開発現場を離れて新たな開発に携わったとき、彼は大きな壁に突き当たるのではないでしょうか。新たな開発現場では、人間関係の構築が行われる前に技術者としての能力を見られるからです。

 その彼が、今の開発現場を離れてほかの開発に携わりたいとの希望を出しています。それが受け入れられるかどうかは分かりませんが、実際にほかの開発現場に移る前にぜひスキルの向上に努めてほしいと思う今日この頃です。

| | コメント (0)

2006/10/16

バナナ

 今日会社から来たメール。

 「本日のおやつはバナナです・・・」

 なにそれ?

 私は鳥栖の会社に常駐しているのですが、本社では今日おやつにバナナが配られたそうです。それも、一人あたり2~3本というから、結構たくさんあったのでしょう。いったいどういうことなのか。会社でおやつにみなにバナナを配る・・・。

 会社はどんな方向に行ってしまうのだろうと思いました。多分、今フィリピン辺りに出張に行っているXX氏が送ってきたのかな。

 それにしても、社員全員にあんなメールを送るとは・・・。

 いや、私も食べたかった・・・というわけではないですよ。

| | コメント (0)

2006/10/15

科目試験2日目

 土曜日の夜は珍しく勉強してしまった。そして日曜日は、試験2日目。

 でも、解けなかったよぉ。

 目標の5.6単位は難しいかも。

 会社法が・・・。

 それから、地理学1は、とりあえず後回しにしようかな。同じ群に持込可の科目が2つもあるし。他の人に聞いたら、持込可の科目を優先的に取っていくのが「常識」だそうです。今まで何も考えていなかった。

 試験後の講演会は、「モーツアルトの効用!?」。モーツアルトは芸術じゃないというお話しでした。

 でも、半分以上、寝てました。(^_^;)

| | コメント (1)

2006/10/14

2006年10月科目試験1日目

 1日目は、金融論(E)のみ。

 しかし、2題論述が出されたが、2題目はよく分からなかった。適当に書いたけれど大丈夫かなぁ。

 そして、その後は懇親会。また結構盛り上がりました。10月に入学したばかりの方もいらして、ずいぶんと刺激になりました。

 で、そのまま中州のラーメン屋台に流れて。

 15日は、3科目試験を受けるのだけれど、大丈夫なのか、俺!!。

| | コメント (0)

送別会

 13日は、会社の送別会でした。同じ部にいた若手が一人、15日付で退職することになったのです。

 我々の会社って、新入社員をある程度教育した後、社会に放出しているよなぁ。こんなことでよいのだろうかと思う今日この頃でした。

 そして、14日は、試験1日目。また懇親会で酒を飲みます・・・。

| | コメント (0)

2006/10/13

会社法レポート、再々提出

 今日はちょっと頭が痛かったので会社をお休みして、家で会社法のレポートを書いていました。

 添削者に指摘された部分と、新会社法のみの言及にする修正を行って完成。

 今回の提出が3回目です。レポートは、送り返された分を重ねて綴じて提出するので再提出するたびにレポートは厚くなっていきます。10枚を3回提出すると30枚・・・。ホッチキスの針が通らなくなりそう・・・。

 今度こそ受かっているといいのですが。

| | コメント (0)

2006/10/06

オセロ・ゲーム

ニュースを読んでいて初めて知ったのですが、

 オセロゲームは、1945年、旧制水戸中1年だった長谷川五郎さん(73)(日本オセロ連盟会長)が、碁石で相手の石を挟む遊びを考えたのが原型。黒人の将軍と白人の妻が登場するシェークスピアの「オセロ」から命名し、73年のゲーム盤発売後、愛好者は約40か国で推計約9000万人を数えるという。(Yahoo!ニュースより)

 オセロ・ゲームの語源が、シェークスピアの「オセロ」だったこと、日本人が考えたゲームであることは、今まで知りませんでした。

 いかにも西洋風な遊びに思えたのですが。

| | コメント (0)

2006/10/05

2006夏期スクーリング・結果通知が来ました。

科目名     単位   取得年月 成績
論理学(A) 総合 人文 4 通信 2004年04月 A
文学 総合 人文 2 通学 2003年08月 A
経済学 総合 社会 4 通信 2003年10月 C
経済学 総合 社会 2 通学 2003年08月 A
法学(憲法を含む) 総合 社会 4 通信 2004年07月 B
法学(憲法を含む) 総合 社会 2 通学 2003年08月 B
政治学(A) 総合 社会 4 通信 2003年07月 A
社会心理学 総合 社会 2 通学 2003年08月 A
地理学 総合 社会 2 通学 2004年08月 B
数学(線形数学) 総合 自然 2 通信 2004年07月 B
数学(微分・積分) 総合 自然 2 通信 2004年07月 A
数学(基礎) 総合 自然 2 通信 2004年10月 B
地学 総合 自然 4 通信 2004年04月 A
統計学 総合 自然 4 通信 2004年01月 B
自然科学特論 総合 自然 2 通学 2004年08月 A
             
英語Ⅰ 総合 英語 2 通信 2003年10月 C
英語Ⅱ 総合 英語 2 通信 2004年01月 B
英語Ⅲ 総合 英語 2 通信 2005年01月 B
英語(リーディング) 総合 英語 1 通学 2004年08月 A
英語(ライティング) 総合 英語 1 通学 2004年08月 A
             
経済史 専門 必須 4 通信 2005年07月 C
経済政策学(E) 専門 必須 2 通信 2006年01月 B
経営学(E) 専門 必須 3 通信 2006年04月 B
経済原論(E) 専門 必須 4 通信 2006年07月 B
憲法(E) 専門 選択 2 通信 2005年07月 B
財政論 専門 -- 2 通学 2005年08月 A
世界経済論 専門 -- 2 通学 2005年08月 A
会社法 専門 -- 2 通学 2005年08月 B
国際法 専門 -- 2 通学 2005年08月 A
簿記論 専門 選択 2 通信 2005年01月 A
経営分析論 専門 選択 2 通信 2006年01月 A
経営数学 専門 選択 2 通信 2005年10月 C
会計学(E) 専門 選択 3 通信 2006年07月 C
経済地理 専門 -- 2 通学 2006年08月 C
経済政策 専門 -- 2 通学 2006年08月 A
金融論 専門 -- 2 通学 2006年08月 A
社会心理学(専門) 専門 -- 2 通学 2006年08月 B
地理学1 専門 選択        
会社法(E) 専門 選択        
財政論(E) 専門 必須        
金融論(E) 専門 必須        
合計 通信 通学 所要 通信 通学
総合 42 30 12 40 28 12
英語 8 6 2 8 6 2
専門 32 24 16 32 24 16
合計 90 60 30 88 58 30

 ちょっと待ち遠しかった2006年夏期スクーリングの結果が来ました!!

 経済地理が「C」なのは納得がいかない!!。でも、単位が取れたからよしとしよう。

 これで、スクーリングの単位は充足しました。来年は、夏期スクーリングに行かなくてすみます。 \(^o^)/。夏期スクーリング自体はきついけど楽しい、でもお金がかかるのよねぇ。(^_^;)

 科目の残単位数は、116-88=28単位!!10月の試験を含めて後5回試験を受けるとして、平均して5.6単位ずつゲットしていけば、卒業所要単位の充足が可能です。この5.6単位というやつ、多いかな少ないかな・・・。

 もし・・・来年もスクーリングに行って8単位ゲットすれば、通信の試験は20単位となり、これだと、平均4単位ずつ取ればいいことになります。

 単位を取るか金を取るか・・・。(スクーリングといってもちゃんと授業に出るのは当たり前ですが・・・)。来年4月までの科目試験の取得状況を見て考えよう。(^_^;)

| | コメント (0)

2006/10/02

芦屋キャンセル

 芦屋に行けませんでした。天気がよくなかったのと、私自身が体調を崩したのとで、アクティビティ・レベルが下がってしまいました。というわけで、行かれたかた、どうだったのでしょうか?

 ということで、次はもう築城かなぁ。よく考えたら、今年は航空祭にあまり行っていない。鹿屋、防府北、芦屋をパスしてしまったから・・・。うーん、XL-1もあまり使っていないぞぉ。

 でも、静浜には行ったし、入間もRWYウォークに行った。後は、那覇だな、那覇。今年は実働回数が少ないから那覇には行こうかな。F-4EJも撮れるだけ撮っておかないと。ほかは、もう行くところが見当たらない。10/29の浜松には行けないし、11/3の入間にも行けない。浜松は前日に福岡で研修があるので物理的に行けない。入間は物理的には行けるのだが、あの混雑には巻き込まれたくない。さらに、10/7には小牧で航空祭があるのだが、T-1なきあと、見所がない。その翌週の岐阜は試験があるので行けない。

 というわけで、残すところ築城、新田原、那覇と、後わずかの航空祭。がんばって出かけよう。

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »