« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の4件の記事

2009/02/19

P社、事業所再編へ動く

鳥栖事業所閉鎖へ パナソニック子会社 社員900人配転
2月18日7時7分配信 西日本新聞

 パナソニックの100%子会社で、電子回路製造装置関連のパナソニックファクトリーソリューションズ(大阪府門真市、武本義郎社長)は17日、鳥栖事業所(佐賀県鳥栖市)を9月までに閉鎖し、同事業所の全正社員約900人を甲府事業所(山梨県)と門真事業所(門真市)に配転させると発表した。鳥栖市は同社の撤退により、法人市民税が年数億円減収になるとみている。

 鳥栖事業所は九州松下電器(現パナソニックコミュニケーションズ)の一部門として1991年に操業。2003年に現社名になり、主に製品開発拠点として機能してきたが、量産拠点の甲府事業所(現社員約350人)に開発・製造機能を集約し、体質強化と効率化を図る。

 鳥栖事業所の正社員約900人については、約800人を甲府、約100人を門真に順次移す。別に事務系の非正規労働者が約50人いるが、大半が3月に契約期間満了を迎え、期間が切れた後の再雇用はしない。約4万5000平方メートルある敷地の閉鎖後の用途は未定という。

 中島俊明専務は「昨年春から拠点再編を検討していたが、世界同時不況で加速させざるを得なかった」と説明している。

=2009/02/18付 西日本新聞朝刊=  (Yahoo!ニュースより)

 この鳥栖事業所は私も随分お世話になったところであり、それが閉鎖されてしまうのはいくら時代の流れとはいえとても残念ではある。

 そもそも彼の会社は、松下電器産業本体のFA部門と九州松下電器のFA事業部を統合したものであり、その鳥栖事業所は元九州松下電器である。そこでは地元採用の社員が多く、遠隔地への異動に抵抗を覚える社員も多いのではないかというのが私の感想である。仕事に対するモチベーションの低下や環境などが変わることによる仕事の能率の低下を引き起こしはしないか、非常に心配している。そして地元採用の多くの社員が退職を選択したらどうなるのか。景気回復後のP社の開発力には非常に危機を抱いている。

 もちろん、そういった危機を機会と捉えることが、協力会社にとっては必要なことになる。大会社の技術力が落ちたとき、そこを支えることが出来るのは私たちの会社と言うことになるかも。そういう状況を想定して、私の会社では甲府に対応すべく事業所を興す準備はしているのだが。

 いずれにせよここ半年はP社の動きから目が離せないのは事実である。

| | コメント (0)

2009/02/17

ブルトレの終焉

ブルトレ最終便切符10秒で完売!「はやぶさ」「富士」
2月14日3時20分配信 読売新聞

 来月14日のダイヤ改正で廃止されるJRの寝台特急「はやぶさ」(東京-熊本)と「富士」(東京-大分)の最終列車の乗車券が13日午前10時から全国の「みどりの窓口」で発売され、わずか10秒で完売した。

 販売された切符は3月13日午後に東京と熊本、大分をそれぞれ出発する上下4本計640席分。東京駅発着の「ブルートレイン」は両列車しかなく、最終列車以外も予約でほぼ満席となっているという。 

最終更新:2月14日3時20分(Yahoo!ニュースより)

 鉄道マニア(敢えて言おう、マニアであると!)が挙って買ったのだろう。実際に当日乗車する人は少なく、車内はがらがらである可能性が高い。JRとしては、売上が上がればよいのかもしれないが、このようなマニア的な買い方には私は苦言を呈したい。できれば、本当に最終列車に乗ってくれるような人に限定して販売することは出来なかったのか。

 切符を買った人が実際に乗ってくれるようにする方策はいくつかあるが、いちばん効果的なのは、乗った人限定で記念品を渡すというのがよいのではないか。限定かつシリアル番号を入れるなりして貴重な品であることをアピールすれば、それを目当てに実際に乗る人も多くなるのでは?また、航空機並みに、チェックインのシステムを導入して当日キャンセル待ちなどで乗れるようにするという手もある。

 何にせよ、最後のブルトレのテレビ・ニュースで、カメラ小僧ばかりが目立って客車の中はガラガラというような映像だけは見たくないものである。JRの工夫に期待する。

| | コメント (1)

2009/02/13

P社重要会議

 取引先のP社では今度重要な会議が行われるので、その日は請負、派遣など作業者は出社しないでほしいとのこと。また、当日は打合せなどで訪問することもNGだということである。さていったいどのような会議なのだろうか。

 ま、よい話ではないんだろうな。きっと悪い話だろう。それにしても、協力会社を閉め出すとはよっぽどのことなのか。

 P社への依存度が高い当社としては、影響は避けられないところ。

| | コメント (0)

打ちっ放しその2

 11日に今年二回目の打ちっ放しにいった。・・・が、前回と同じ箇所の皮が剥けて、前回の半分くらいの打数でリタイア・・・。

 やっぱり力が入っているのかな。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »