カテゴリー「カンブリア宮殿」の30件の記事

2013/01/26

カンブリア宮殿(2013/01/24放送分)

【強烈デフレの戦い方!ピンチの時こそ決断だ!】と題して、リンガーハットの米濱和英氏がゲスト。

最近は天神地区でお昼を食べるときに、リンガーハットはよくお世話になっている。長崎ちゃんぽんは現在528店舗を展開しているそうで、九州域内はもとより、関西、関東地区~そして北海道まで展開している。

ちゃんぽんは、元々長崎の食堂における中国人留学生のまかない食だったそうだ。それが1890年代で、そこから長崎、熊本、福岡などに渡ってそれぞれご当地のちゃんぽんへと派生していた。そんな中、初代社長の米濱氏の兄が長崎で食堂を経営しており、米濱氏が長崎を訪れた際に長崎のちゃんぽんに初めて触れて、そこから長崎ちゃんぽんを提供する店をオープンすることになったそうである。

番組は、まずはリンガーハットの生産技術研究所の紹介。店内のキッチンを自動化するための装置の開発を行っていた。しかし、手づくり的な装置が多い。機械化は、調理が複雑なちゃんぽんの品質を安定化させるものだそうだ。

続いて、リンガーハットの危機の話。2005年に米濱社長が退任、その後の外食不況により、クーポンなどを連発、2007年は140,000千万円の最終赤字となった。赤字の50店舗を閉鎖、クーポンを廃止。それから、野菜の国産化。これが最大の難関だったようで、社内の反対、仕入れ先の確保など。そして、国産野菜のちゃんぽんを従来より100円上げて発売。

そうして、いったんは息を吹き返したのだが、2012年になって再び外食不況により業績が悪化。しかし、今回はメインのちゃんぽんの値下げはせず、新たに低価格商品である「海鮮とくちゃんぽん」を500円のワンコインで試験販売。それが大好評となり全国で販売されることになった。一方で、セルフ携帯の店舗もオープンさせ、そこではランニングコストの削減により安い価格(490円、通常より60円引き)で提供していた。

まとめとしては、デフレだからと言って安易な値引き競争には陥らない。主力商品を安く売ると言うことは、自分たちの価値を下げているのと同じだということ。

リンガーハットに関しては、利用することが多いのだが、従業員のオペレーションとか、店舗の清潔さとか、問題があるところも多い。その点の改善をしてもらいたいものだと思う・・・。

| | コメント (0)

2013/01/15

カンブリア宮殿(2013/01/10放送分)

新春スペシャル~アジア大攻略2013 ここを奪わずして、世界は獲れない!と題して、東南アジアマーケットで成功している企業の紹介。

まずは、「VAPE」を提供しているフマキラー。インドネシアでシェアNo.1の蚊取り線香となっている。フマキラーがインドネシアに進出したのは20年以上前の1990年だが、それから1997年までは赤字を垂れ流していた。それをひっくり返したのは、インドネシアの蚊に対応した殺虫成分を開発する拠点の設置と、地方集落へのローラー作戦。地方集落に必ず1軒ある「ワルン」という個人営業の小さな店・・・日本でいうと駄菓子屋&コンビニのようなもの。集落の人々は日用品の大半をその店で買うそうだ。そこで、売り込むのだが、「ばら売り」「近隣の住居への試供品提供」という草の根営業を展開していた。地道だが、効果は絶大!。一度効果が分かれば、消費者は乗り換えないということで、シェアNo.1まで上り詰めたということだろう。

次は、ベビー用品を開発している「ピジョン」。国内で少子高齢化が進んでいるが、それでも売上高を伸ばし続け、今や591億円となっていた。特にほ乳瓶のシェアが7割くらいあり、それを中国の富裕層に向けて売っている。戦略としては中国国内各地域の拠点となる産婦人科に母乳育児相談室というような施設を設置して運営サポートを行い、そこで自社の製品に触れてもらおうというもの。そこでは母乳の大切さをアピールするポスターを掲載しているのだが、そこにもピジョンのロゴを入れているという。また、上海の有名劇団の公演もサポートして、そこで自社のブランドをアピールしている。中国では6(シックス)ポケットと呼ばれているように、子供のためにはたくさんお金を払う傾向があり、そういった優良顧客をがっちり押さえているなという印象だった。ただし、ピジョンは、プロモーションだけが優れているのではなく、あくまでも基本は製品に関する研究開発ということであった。ま、そうでなければ、最終的に消費者から選ばれないだろうけれど・・・。

そして最後は、楽天。ここについては皆知っていると思うけれど一応おさらいしておくと、楽天が他の通販サイトと違うのは、商品のみの出店ではなく、楽天市場という仮想の商店街を構成していること。WEBサイトの構築を含めて、自分の店舗としてアピールできる点である。その際に重要になってくるのは、個別に作成されたWEBサイトのフォローである。楽天ではコンサルタントが中心となって、WEBサイトの改善からプロモーション戦略に至るまでさまざまなアドバイスを実施している。それこそが、楽天の強みというわけ。
今回の番組は、アジアには可能性がある・・・ということ。そこから先は個別の国々の事情に合わせた戦略が必要・・・だった。でも、この程度だったら、レギュラーの番組とあまり変わらない・・・。フマキラーとピジョンと楽天の3社の紹介をくっつけただけという感じは否めなかった。

| | コメント (0)

2012/12/23

カンブリア宮殿(2012/12/20放送分)

角上魚類がテーマ。個々は日本海で獲れた新鮮な魚介類を専門に販売している魚介類専門店。社長は栁下浩三氏。

まとめると、
・日本海側の市場で仕入れた魚を各店舗に直送(関東で築地市場にかけない)
・品揃えが豊富
・対面販売
 ・店員が魚介類の知識、調理方法もアドバイスできる
 ・切り身にするなどのサービス
・売り切るための工夫(ロス率0.05%~普通のスーパーの魚介類ロス率が6.6%)
 ・売れ行きをリアルタイムで把握し、刺身や寿司用あるいは唐揚げに加工したりする
・売れ筋の商品でも高値であれば仕入れない
 ・安めの魚を大量に仕入れるが、工夫して売り切ることで利益率の向上に寄与
 ※スーパーなどでは廃棄ロスを避けるため、高くても売れ筋の定番魚を仕入れる
・店員への徹底した教育
 ・包丁を使ったこともない新入社員に一から使い方を教え込む
 ・各店舗のトップ調理人を集めて更なる上を目指すための研修を行う

要は、魚の知識が無い消費者に、食べ方ごと提案していると言うこと。

もともとは、新潟寺泊地区で魚介類の卸問屋をしていたが、昭和40年代にスーパーマーケットが台頭してきて、卸では太刀打ちできないことになり、小売に進出。その後関越自動車道開通により関東へ進出。海のない群馬の高崎などで食文化を変えたとして高崎の市長から表彰されたこともあるそうだ。最初はフランチャイズによる展開も行ったそうだが、フランチャイズだと個店に目が届かず、2日目、3日目の魚も売ったりしており、そういった店からは自然と人が離れていったそうだ。

来店者が目的買いではなく、店員との対面で今日の料理を決めるというような状況を演出しているという気がした。その提案型の販売が、お客様に受けていると言うことなんだろうな。

| | コメント (0)

2012/11/10

カンブリア宮殿(2012/11/08放送分)

【タイヤ世界一!勝ち続ける“純国産"巨大メーカー】

ということで、ブリヂストンの話。だが、番組は巨大企業の多岐にわたる事業を紹介するばかりで、あまりおもしろみがなかった。

・ブリヂストンの沿革の話。よく知られている「石橋」を逆にして英語にした話。
・地下足袋の製造から始まって、その後タイヤに進出するとすぐに輸出を始めた。(1949年だったかな)
・直径4mもある巨大タイヤを作っている。(これは北九州工場だったな。セキュリティが厳しく、画面はモザイクばかりだった)
・航空機のタイヤ、特に787用ではシェアが100%に近い。
・免震構造のゴムでも、国内シェアは50%でトップ。
・リトレッド、つまり中古のタイヤを回収して表面を削り、トレッドパターンを張り直すという技術でも、大手で手がけているのはブリヂストンだけ。
・海外に70,000haの天然ゴム農園を持っている。

とかいう話ばかり。

一つおもしろかったのは、課長職以上は4桁の部門コードで表されると言うこと。社内の調整を行うときなど、部門名が長くて呼びにくいので創業者が4桁の部門コードを考えたのだとか。ずいぶんユニークだが、番号の意味を知らないと全く何を言っているのか分からない。でも、社員達は符牒が短くなるので便利だと言うことらしい。

--

ブリヂストンは、言わずと知れた福岡県の久留米発祥のグローバル企業。だから、どんな話が出てくるか楽しみだったが、あまり目新しい話はなかった。過去に紹介された事業内容のみだった。う~ん、これだけ大きいと深掘りも難しいのかもね。

| | コメント (0)

2012/11/02

カンブリア宮殿(2012/11/02放送分)

【古い物件を“家賃を倍"にする不動産再生集団】

中古アパートをリフォームして付加価値を付け、再生させようという会社「ブルースタジオ」がテーマ。リノベーションと呼んでいたが、完成当時の価値を超えるものにすることがミソらしい。

勿論、家主からの依頼で賃貸アパートのリノベーションを行うだけでなく、一戸建てや、マンションなど所有者からの依頼もこなしているらしい。

日本の住宅は、中古になると途端に安くなるものが多いので、そこそこの中古を購入して自分なりにアレンジするという需要はあるということ。金額的には、購入費と改造費を合わせても新築の半分~8割程度で、より凝ったことをしたい人は、新築よりも高くなることもあるそうだ。

住宅に個性を求める人が多いのかな~?

| | コメント (0)

2012/10/26

カンブリア宮殿(2012/10/25放送分)


【伝統の中の革新経営!マネキンビジネスの真髄に迫る!】
デパートなどの洋服売り場で圧倒的なシェアを持っている吉忠マネキンの吉田忠嗣(よしだ・ただつぐ)氏がゲスト。

シェアを拡大していった戦略としては、業界で初めて「マネキンのレンタル」を始めたとこと。デパート側は季節や商品に合わせて希望のマネキンをレンタルでき、在庫をする必要が無かったり、傷が付いたり壊れたりしたものの補修をしなくても良いという。

で、他社を圧倒する吉忠マネキンの特長としては
・再生技術(リサイクル)
 レンタル中に傷ついたり壊れたりしたマネキンを補修して再利用することで、コストを下げる。
・豊富な在庫(10,000点)
・客の要求に徹底対応
 既存のマネキンを改造して顧客の要望に合ったマネキンを作る。

ということで、国内デパートの90%で使われているとともに、世界30カ国で使われているそうである。また、マネキンだけしか登場しないコメディー番組「オー!マイキー」に使われているのも同社のマネキンらしい。

国内のマネキンメーカーは39社、そのうち、原型作家がいるのは12社しかないそうである。

もともと吉忠は京都の呉服屋だった。戦前、同じ京都のしまず製作所が人体模型の作成技術をベースにマネキンを作っていたのだが、戦争中は贅沢品と言うことで製造中止。戦後、その島津のマネキンを吉忠が売ったのが始まりと言うことだった。

その吉忠マネキンであるが、現在はマネキンの売上は全体の6.4%に過ぎず、ディスプレイなどの内装が52.4%と売上の過半数を叩き出している。吉忠がマネキンから店舗の内装業へとシフトしていったのは、1980年代以降の「ハウスマヌカン時代」を経験したから。マネキンの需要が大幅に減少し、それを挽回するために隣接事業であるディスプレイの内装を手がけるようになったと言うことだった。

--

吉田忠嗣社長本人が言っていた「マネキンを母として商空間、商環境を良くしていくことが我々の使命」というのが、吉忠のドメインをよく表しているな~。

| | コメント (0)

2012/10/24

カンブリア宮殿(2012/10/18放送分)

【業界激震!スーパーマーケットの革命者たち】

まずは、大黒天物産という会社、「LAMU(ラ・ムー)」、「ディオ」というスーパーを岡山を中心に展開している。特長は、バックヤード(倉庫)を持たないこと、商品数を絞ること(他のスーパーの半分程度)、PB商品の展開。

次は、福島屋というスーパーの話。低価格志向ではなく、美味しいものにこだわった商品の品揃えで顧客を呼ぶというもの。美味しいものにこだわると、無添加で安全な物になっていったということ。

この二者は真逆の戦略だね。

最後は、北海道の「コープさっぽろ」というスーパー。ここは、移動販売車「おまかせ便」による出張販売で、買い物弱者に対応するというもの。道内で40台運用しているそうだ。この移動販売車は徹底して、希望する人の家の前まで来てくれるらしい。また、移動販売で売れ残ったものは店舗に戻すことで、ロスを削減することにより、黒字を実現しているそうだ。

--

ということで、スーパーの売り上げは毎年減少傾向であるのだが、これらのスーパーだけは売り上げを伸ばしている。というのは、独自の戦略により新たな顧客を獲得しているから。

| | コメント (0)

2012/10/14

カンブリア宮殿(2012/10/11放送分)

カンブリア食欲の秋スペシャル!“儲かる味”の革命児たち

スペシャル版といえば聞こえがいいが、要は過去の放送分のダイジェスト。ランキング形式で紹介

5位:兵庫県三田市にある「パティシエ・エス・コヤマ」、「小山ロール」で有名
 ・限定販売で、消費期限が販売当日というものもある
 ・地元で取れるこだわり食材を使っている
 ・テーマパーク化している

4位:宅配寿司の大手「銀のさら」、宅配寿司のシェアが54%
 ・ウソのない寿司、ちらしの写真と同じものが届くということ。実物を見てがっかりしない
 ・特別のネタ、ネタが大きいということ
 ・解凍方法が独自であり、おいしさを逃さない(高電場解凍機)

3位:地鶏の専門店「塚田農場」、みやざきの地頭鶏(じとっこ)を使って人気
 ・お客のテーブルで冷えた地鶏をアレンジして出し直す、それも無料で
 ・リピーターを獲得するために、オリジナル名刺を渡すサービス

2位:体験農場「伊賀の里 モクモク手づくりファーム」、地元の食材を使ったバイキング形式のレストランが人気
 ・昔ながらの製法で、食材を加工
 ・来場者に体験させることで、ファンになってもらう

1位:B級グルメの王者「築地銀だこ」のホットランド
 ・ミディアムレアでマダコがいちばんおいしくゆであがる
 ・焼き方は、外はカリッと中はとろっとしたもの
 ・たこ焼き台は特注の南部鉄を使ったもの

最後は、この1位の佐瀬社長が、「ホット横町」を震災間もない石巻に出店したことを紹介していた。

というわけで、新しい映像は全くなし。

| | コメント (0)

2012/09/30

カンブリア宮殿(2012/09/27放送分)

【オタクを超えた精巧さ!大英博物館も認める技術集団】

フィギアで有名な海洋堂がテーマ。ここは、本社大阪府門真市で、前職で大阪勤務の時に前を通ったことがあるが、確かに一見異様な建物だった記憶がある。ここは、時代に合ったものを作ろうとか、消費者に受け入れられるものを作ろうとかいう考えは一切なし。

マーケティング:いっさいしない!
社員教育:ほったらかし!
会社の成長:興味なし!
5年後の未来:考えても仕方なし!

まさに、専門家集団、アーティストの集まりだった。ということで、逆にここで書くことはあまりないのだが、テレビを視聴している分にはとてもおもしろかった。

番組では、フィギアの制作工程が紹介されていたが、造型師たちは天才だね。あんなに器用に原型を作れると思うよ。

海洋堂のフィギアとして番組に出てきていたのは、

・北海道、旭山動物園のガチャガチャ
・東京国立博物館のガチャガチャと、風神、雷神像のフィギア・・・これほしい。
・外国でも英国大英博物館のお土産
など・・・

--

海洋堂は、プラモデル作りをやっている人たちには昔から馴染みだが、一般に有名になったのは、1999年のチョコエッグだ。日本の野生動物のフィギアが入った食玩で、当時大ブームになった。私も当時、何個か買ったかな。私はどちらかというとその後に出た、戦闘機シリーズのほうが好きだったのだが。

| | コメント (0)

2012/09/23

カンブリア宮殿(2012/09/20放送分)

【カニカマ製造機で世界シェア7割!知られざるグローバル中小企業】

まずは、世界でかにかまが食べられているという話から。ビチュナイという、リトアニアにある会社がかにかまの製造では世界一の企業であり、ヨーロッパを中心に「SURIMI」としてかにかまを提供している。日本では、カニの模造品、代用品のような扱いだが、ヨーロッパでは最初から魚のすり身として、人気なのだそうだ。

そしてゲストは、食品関連の製造機械、特にかにかまの製造機では世界シェア7割を誇る、ヤナギヤ社長の柳屋芳雄氏。

今の社長は3代目。会社は山口県宇部市にある。もともとは、かまぼこ業者だったが、職人のかまぼこを練る作業の重労働を見かねて、自動練り機を作ったのが始まりで、そこから食品機械製造業へと転身していったというもの。

柳屋社長の方針としては、頼られる企業になることが生き残りの必要条件だと言うことで、そのために、以下の点を強調していた

1.誰もやらないことをやる~とにかく他の企業であれば尻込みするような仕事でも請けるというもの。紹介されていたのは、山口県下関市の水産大学校のふぐ加工機だったが、確かに面倒なふぐの皮むきなどを自動化する機械を試行錯誤して納めた感があった。そのような試行錯誤が、自社の技術力、ノウハウの蓄積になるから、大変そうな機械でもやっていこうというものだった。

2.客の仕事を知り尽くす~紹介されていたのは、豆腐の製造機であったが、にがりの配合など豆腐メーカーの職人並みの知識を持っていた。顧客の社長も、いろいろな提案をしてくれるとか、いろいろな要望に応えてくれると高評価だった。

3.一歩先を提案する~顧客に、今までに無い商品の提案をしていた。まだ、提案した仕様を満たす機械の設計図もすぐに着手。提案型と、素早い(アジャイル)対応力が発揮されていた。

柳屋社長は、雑食性企業が生き残る。いろいろな機械をすぐに作れるのが、中小企業の良いところだ。と言っていたが、BtoBとBtoCでは違うだろうなという気もする。大量生産する機械であれば、プロセスやら製造機械やらをあれこれ検討しなければいけない。個別受注生産とは違うよね。

--

東日本大震災では、かまぼこの一大生産地である、東北の太平洋沿岸に甚大な被害をもたらした。ヤナギヤが納めた機械の多くも、がれきとヘドロ、海水にまみれてしまった。ヤナギヤでは、再建の意思のある顧客企業から機械をいったん回収して、山口の本社で泥やさびを落として復旧させた。

--

来週は、「海洋堂」。ここは、他の企業の常識が通用しない特殊な企業だが、それはそれで楽しみではある。


| | コメント (0)