カテゴリー「中小企業診断士」の103件の記事

2008/09/01

理論政策研修

 昨日は、福岡県支部主催の理論政策研修に参加してきた。実務の研修がなくなって、理論政策研修の中に事例研究のようなものが取り入れられるようになったのだが、今回は時間も短く、考える時間がほとんどなかったよ。

 内容は企業承継に関するものだったのだが。企業承継は、重要度は高いが緊急度がそれほど高くない場合が多いので、どこの企業もあまり真剣に取り組んでいないというのが実情だそうだ。そして、いざとなったときに慌てる企業が多いらしい。

 事業の承継には、「資本の承継」と「経営の承継」があり、主に創業家と二代目社長となる人物との間で問題が発生しやすい。特に、これから変化の多い時代を乗り越えて行くには、企業の代表である社長が辣腕を振るわなければならないということも多いだろう。その中で、創業家が資本を独占し、新社長が雇われ社長のような印象を持てば、彼のモチベーションや彼を補佐する役員達の忠誠心にも大きな影響を与えることになる。逆に、創業家が資本を手放しすぎると、新社長の独善的な支配を御しえなくなってしまう。

 ということで、よく考えると、自社にとっても大きな問題ではあるんだよね。企業30年説というのは、アントレプレナー精神溢れる社長の、社長としての寿命と一致しているのかも知れない。

 そんなこんなで、よく考えさせられる研修だった。

| | コメント (0)

2007/03/05

自社に経営提案する

 中小企業診断士の実務のポイント充足のため、自社に提案活動を行うようにしました。というネタは、先々週の話だったのですが、すっかり忘れていました。

 第1回目は、ビジョンの明確化です。当社には経営理念はあるけど、それを具現化した経営目標・ビジョンがありません、あるいはあまり表に出していません。

 その経営目標を表に出して、従業員を目標に向かって導くようにしましょうというのが第1回目の提案でした。(もちろん、話の流れから他にもいろいろな話はしたのですが。)

 で、当社の社内システム・勤怠入力システムには、社長が毎週記事を書くページがあるのですが、そこにビジョンの話が載っていました。ちょっと苦笑・・・。

| | コメント (0)

2006/12/07

講演、終了!!(火曜日)

 火曜日に行われた講演は無事終わりました。時間が予定よりちょっと延びてしまったのはご愛嬌ということにしておきます。

 でも、ああいうのは場数を踏まないといけませんね。最初は少し緊張してしまいました。ICレコーダに内容を録音したので、どんな話し方をしていたのか、あとで聞いてみよう。

 これで、ちょっと肩の荷が下りました。このまま今週末の那覇基地航空祭に向けてテンションを上げていきます。

| | コメント (0)

2006/11/16

セミナー講師

 今度セミナーの講師をすることになりました。

 ちょっとどきどき。ネタは勝ち組企業の情報活用というお題。

 でも、まだどんなことを話すか決まっていない。

 大丈夫なのか<<俺!!

 (^_^;)

| | コメント (0)

2006/10/29

理論政策更新研修

 昨日、28日は理論政策更新研修でした。福岡会場である、福岡商工会議所にて参加してきました。

 今年から実務研修が廃止されたので、実務研修で行われていた「ブレーンストーミング」などのグループ演習を一部取り入れたのでした。でも、1時間ちょっとの討議では内容がまとまるわけもなく、何となく中途半端な研修でした。

 さて、実務補習で一緒だったメンバーと研修で一緒になったのですが、彼は転職を考えているとか。コンサル会社に移るそうですが、どうなることやら。頑張ってほしいものです。

| | コメント (0)

2006/10/22

筆記試験・終了

 本日(22日)は、中小企業診断士2次試験(筆記)の試験日でした。

 受験されたみなさん、おつかれさまでした。

 私は、九州地区の試験監督・補助として、参加してきました。

 今年の試験会場は、電気ビル。いつも使っている商工会議所が取れなかったということですが、施設はとてもよかったです。そういえば、私の診断士の同期に九電に勤めている人がいましたねぇ。

 受験者は、159-2名でした。最後の4限目までみなさん一所懸命に頑張っていて、私も心の中で応援していました。

 というわけですが、この中から一体どのくらいの人が合格するのでしょうか。例年だと合格率は10%強ですから、20名前後ということになります。筆記をパスすれば口述試験ですが、これはほとんどの人がパスするみたいなので、今回の試験が最大の難関ということになります。

 でも今年から、合格後の実務補習が15日で3社診断になり、厳しくなりました。8月に行われたクールでは、教えるほうが大変だったという話を聞きました。ご苦労様です。

 ところで、私はお小遣いがピンチ。今日のアルバイトで多少潤いました。(^_^;)

| | コメント (0)

2006/08/08

自己採点

 私の勤めている会社の社員(マネージャ)が、先週末の中小企業診断士第一次試験を受験しました。

 彼が自己採点を行った結果、どうやら合格したらしいと連絡がありました。 \(^o^)/

 おめでとうございます。2ヶ月後の第二次試験(筆記)に向かって頑張ってください。

 でも、当社のような中小企業(それも、コンサル会社ではなくてソフト開発会社)に、中小企業診断士は2人もいらないような・・・。

 転職しようかなと思う今日この頃でした。

 と、思いつつもしないのですがね。バキッ!!(-_-)=○()゜O゜)アウッ!

| | コメント (0)

2006/05/31

電話の応対に思う・・・

 今私が常駐している取引先は、大手電機メーカーの一部門(技術者集団)が独立して発足したものだそうです。いわば、Employee By Outだそうです。(この会社の常務さんが言っていた。)

 技術部門の人ばかりなので、総務部門のまとめ役とかは、独立元の会社から出向してもらっているそうです。

 とにかく、できて丸2年(今3年目)の会社なので、まだまだこれからの会社です。

 それはよいのですが、大手電機メーカーに勤めていた技術者のかたって・・・外からかかってきた電話に出ないものですね。女性社員や営業のかたが席にいるときは電話にすぐ応対しているのですが、彼らが席を外しているときは外線のコールがずうっと鳴っても誰も出ません。(たまに誰かが出ることもあるのですが。)

 これでいいのでしょうかね。私など小さな会社に勤めているので、外線は必ず取る・・・といっても、今はずいぶんと大きくなったので、総務が電話を取ることが多いのですが。もし、2回くらいコールがあって誰も出なければ、自分で取ろうと思っていますが。

 ここの技術者のみなさんは、外線に出るような訓練を(入社当初はともかく)受けていないのでしょうか・・・。とても気になる今日この頃です。

| | コメント (0)

2006/03/05

セキュリティに関する原稿を書く

 帝国データバンクが発行している雑誌、帝国ニュースの福岡版に情報セキュリティに関する原稿を書いています。

 執筆は今度が5回目で最終回の予定です。

 自分の原稿が(発行部数が少ないとはいえ)雑誌に載るのは気恥ずかしいものがありますね。

 さて、この後はセミナーの講師というのをするらしいのです。今回の原稿の内容をふまえたセミナーになりますので、そのセミナー用のネタも考えねばなりませんが・・・。

 さて、いつ頃になることやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/13

実務補習

 そういえば、今は中小企業診断士の実務補習をやっている時期です。

 2年前は受けていたなぁ。

 今年度からは新しい制度になります。実務補習も3企業しなければいけないらしいので大変です。

 更新要件も大変になるし、維持していくのも大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧