カテゴリー「パソコン・インターネット」の121件の記事

2015/11/12

TortoiseSVN リポジトリの移行(再配置)

サーバの更新などによりTortoiseSVNのリポジトリサーバを移行した場合、リポジトリのURLが変更されるので、接続が出来なくなります。

そこで、いったんローカルに置いてあるファイル群を廃棄してから、最初からチェックアウトしなおして環境を再構築している人もいるのではないかと思います。しかしながら、データ容量が膨大な場合は、チェックアウト自体に長い時間がかかるほか、旧環境下にて変更したり新規作成したファイルの移行など手間がかかります。また、ミスが発生する可能性もあります。

TortoiseSVNではリポジトリサーバを移設した場合に、以下の様に設定を変更することで、現行のファイル群のままリポジトリの移行が出来ます。

続きを読む "TortoiseSVN リポジトリの移行(再配置)"

| | コメント (0)

2015/08/27

TortoiseSVN 1.9 で、commit失敗

 SVNサーバとの通信にsvn+sshを利用している場合、TortoiseSVN 1.9では、commitに失敗するらしい。

続きを読む "TortoiseSVN 1.9 で、commit失敗"

| | コメント (0)

2015/02/18

オープンリゾルバの設定

 DNSがオープンリゾルバになっていることの脆弱性に関して、私が以前関わったシステムで設定変更(オープンリゾルバの解消)を依頼されたので、出向いてきた。

 設定の変更内容は明らかなので短時間で終わるものと思ったのだが、意外と時間がかかった。

 理由としては、

  1. 当該システムは、前サーバからの移行であったため、設定ファイルの位置が通常のものと異なる仕様であった。さらに、通常の場所にも設定ファイルがあった。当然その設定ファイルをいじっても、DNSの挙動は変化しない。
  2. 公開されているオープンリゾルバ確認サイトが、DNSの設定変更後も「オープン状態である」と表示されたままだった。しばらく(30分~1時間)経過した後に再度試みると、OKになった。この原因は今でも謎だ。確認サイト側のキャッシュの問題か?とは思う。

久しぶりに当該システムを触って、どんな設定だったのか、デザインシートなどを見ながら思い出すので、そこに時間がかかったということもあるのだが。

とりあえず、無事終了。確認サイトからチェックしても、OKとなって一安心である。

| | コメント (0)

2014/09/16

Microsoft Windowsで、アダルトサイトなどのポップアップ画面が開かないようにする方法

 最近、2件ほど立て続けに「どうにかしてほしい」と依頼があったので、やり方を備忘録代わりに載せておくことにします。

 技術要素としては、以下の3つになります。

  1. msconfig
  2. Task Scheduler
  3. regedit

 これらを「使える!」という人は、どうぞお試しください。(但し自己責任でお願いします。)

 要は、不用意にアダルトサイトなどを訪問したら、その後画面上にアダルトサイトの広告が勝手にポップアップするようになるというもの。困ったことに消しても消しても定期的にポップアップしてしまうと言うやっかいなものです。それで困り果てて、表示されている電話番号に問い合わせると多額の退会料を請求されるというもの。法的には請求される根拠は何もないので、技術のある人なら自分でポップアップしないようにすれば良いのですが、慣れていない人はそうも行かないようです。

 最初からそういう怪しいサイトには行かなければ良いのですが。

 また、こういったポップアップを無料で駆除するツールもありますが、実力はいかばかりか分かりません。技術のある人ならば自分で削除する方が賢明かも知れません。

 今回の方法は、Windowsで様々なプログラムを自動的、定期的に起動する方法がいくつかあるので、それをしらみつぶしにして、該当するファイルを見つけるというものです。

 世の中の困っている(男性)諸氏のお役に立てれば。

 それでは具体的な方法です。

続きを読む "Microsoft Windowsで、アダルトサイトなどのポップアップ画面が開かないようにする方法"

| | コメント (0)

2014/08/18

KB2982791,KB2970228,KB2975719,KB2975331 によるWindowsのトラブル

 Microsoftが2014年8月13日にリリースした、次のアップデートを適用するとWindowsが異常終了する場合があるとのことだ。

・2982791 [MS14-045]カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて(2014年8月12日)
・2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
・2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
・2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

 復旧方法は・・・。

続きを読む "KB2982791,KB2970228,KB2975719,KB2975331 によるWindowsのトラブル"

| | コメント (0)

2014/05/07

オーバーレイ アイコン の復活(Explorer)

Windowsのシェル統合されているツールは、Explorerと透過的に連携されているので使いやすくて便利である。その中でよく使うのは、TortoiseSubversionとかDropboxとかだ。ところで、こういうツールはアイコンのオーバーレイを使っていることが多い。Dropboxだと、対象ファイルであることや同期中、同期済であること、TortoiseSubversionであれば、修正済、対象外、ロック中などがアイコンのオーバーレイによって一見して分かるようになっている。

ところが、こういったアイコンのオーバーレイを使うツールをたくさん入れていると、ある時からオーバーレイ表示が出来なくなることがある。そんなとき、インストールし直すっていうのは面倒くさいので、ツールを使って、復活させる手順を備忘録代わりに書いておく。

続きを読む "オーバーレイ アイコン の復活(Explorer)"

| | コメント (0)

2014/04/25

Windows8.1 復元ポイントの作成!

新規ドライバやアプリなどを入れる場合に、問題が発生して、インストール直前の状態に戻したいと言うことがたまにある。Windows8、8.1では、頻繁に復元ポイントが生成されて、直前の状態に戻すことが出来るようになっている。しかし、ドライバやアプリをインストールした直後には問題なくても、ある程度時間が経って不具合が起こることがある。そのような場合に、復元ポイントが残っていないと、「かなり前の状態に戻さなければならない」「最悪OSをインストールし直さなければならない」ことにもなりかねない。

ということで、手動で復元ポイントを作成する方法を備忘録代わりに載せておく。

続きを読む "Windows8.1 復元ポイントの作成!"

| | コメント (0)

2014/04/22

KB2919355 の適用に失敗していた! Windows8.1 Update

Windows8.1のノートPCは、電源ボタンで休止させているので、普段はあまりシャットダウンをやらない。
そこで、気付くのが遅れたのだが、WindowsUpdateの適用を促すメッセージが出ていることに、今日になってやっと気付いた。
しかし、何度WindowsUpdate経由で重要な更新をインストールしようとしても、失敗してしまう。

それが、「KB2919355」だったというわけ・・・。

そこで、

続きを読む "KB2919355 の適用に失敗していた! Windows8.1 Update"

| | コメント (0)

2013/01/08

共食い・・・

数日前から、我が家のメインPCの調子がどうもおかしい。使用していると急に画面上に突然モザイク状の模様が浮かび上がってきて、フリーズ、ブルースクリーンになってしまう。多分グラフィックボード周りかと思い、抜き差ししたり、ドライバを更新したりしたが、どうも症状が改善されない・・・。実はメインPCのグラフィックボードはかなりよいやつ・・・メモリーもたくさん載っているのだ。メインPCの2画面でTV見ながら、パワポの資料作ったり、VM立ち上げて別作業したりと、グラボには負荷がかかることを続けてきたせいかな~。

しかし、このままでは不安定この上ない、ということで、サブPCのグラボを抜いて差し替え・・・カニバリゼーションだ!ということで、立ち上げ直してドライバーをインストールし直すとウソのように快適に・・・。やはり、グラボが逝かれていたのかな・・・。

サブPCには、もともとオンボードのグラボが載っていたので、当面このままでも問題ない。取り替えてメインPCに載っているグラボもHDCP対応だったので、今まで通りTVが楽しめるし・・・。でも、グラボのメモリーが今までの1/4になってしまった。通常の作業には支障ないのだが、なんとなく寂しい。

新しいグラボを買いに行くか・・・でも、この時期の出費は痛いよな~~。ま、最新のゲームをするわけでもなし、このグラボで当面しのいでいくかな~~。

| | コメント (0)

2012/10/22

今日は久々にオラクルにはまる

久々にOracleで悩んだ。というのも、今回は普段使わない「アーカイブ・ログ・モード」を使っていたからなのだが。

ある日突然、オラクルにログインしようとすると、ログインできなくなり、インスタンスを再起動しようとしても、以下のようなエラーが出てうまく行かない。

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 日 *月 ** **:**:** 20**
Copyright (c) 1982, 2009, Oracle. All rights reserved.
アイドル・インスタンスに接続しました。
SQL> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。
Total System Global Area ********* bytes
Fixed Size ******* bytes
Variable Size ********* bytes
Database Buffers ********* bytes
Redo Buffers ******* bytes
データベースがマウントされました。
ORA-03113: 通信チャネルでend-of-fileが検出されました プロセスID:****
セッションID: **、シリアル番号: *

なんじゃこりゃ!

ORA-03113は、通信中にケーブルが抜けたり、サーバが落ちたりしたときに出るエラーらしいのだが、スタンドアロンで動かしているので、ケーブルなんか関係ないじゃん!

ということで、よくよく調べてみると、どうやら、アーカイブログがいっぱいで書き込めないため、起動できないと言うことらしい。

しかたないので、

startup mount
でDBをマウントだけして起動し、その後、
ALTER SYSTEM SET DB_RECOVERY_FILE_DEST_SIZE=10G SCOPE=BOTH SID='******';
として、ファイルの領域を拡張した。
ALTER DATABASE OPEN;
すると、正しく起動できた。

で、なんでわざわざ今時「アーカイブ・ログ・モード」にしたかと言えば、バックアップツールのエージェントが「アーカイブ・ログ・モード」にしろと言ったからなのだが。

アーカイブ・ログって、管理するのが面倒なんだよね。スケジューラで自動的に消すようにしようかな?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧