カテゴリー「旅行・地域」の4件の記事

2008/11/09

バス・ハイク

 今日3件目の投稿である。もう眠たいが、もう少しがんばって書こう。

 昨日は当社のバスハイクが行われた。無論、昔の私ならばこのような社内行事は断固として参加しないのだが、最近は立場をわきまえるようになって(*゚ー゚*)、参加してきた。

 場所は大分県の山中にある遊園地である。あんなところに行って、何をして遊べばいいの~。だいたい、天気も悪かったしね。それから、リンゴ狩りである。いずれにしろ、家族連れ以外のメンバーにはきついメニューだよ。

 でも、なんだかんだ言っても楽しかったよ。幹事くんたち、ありがとね。来年はもっと楽しくなるといいのにね。

 で、その後、私の所属する事業部の昇進者(10月)祝いの飲み会が行われた。ま、日程的に厳しくてこの日にやったのだろうけど。きつかった。バスハイクで寒い思いをしたりで体力的に結構限界だったからね。というわけで、今日はゆっくりしてしまった。やらなければならないことも多かったのにね。

 でも、来週はまた会社の行事で、芋掘りが行われる。ちょっと自分の時間がなかなか取れない状況である。

| | コメント (0)

2008/10/29

おそれ入谷の鬼子母神

 10月29日は、卒業論文指導を受けるため東京に行ってきたのだが、卒業論文指導の時間が遅かったので、都内で時間をつぶすことに・・・。

 最初は秋葉原にでも行こうかと考えていたのだが、最近生まれたメンバーの赤ちゃんが呼吸器系が安定していなくて入院しているというので、お参りに行くことにした。嬰児の守り神は何だっけ?と思って考えてみると、そういえば鬼子母神だったなと思い至って、鬼子母神にお参りに行くことにした。

 最初は神社かと思ったが、鬼子母神を祀っているのは神社ではなく寺院だった。鬼子母神のエピソードは仏教のそれだったものね。他人の子を攫い、それを喰っていた鬼子母神に対して仏陀が鬼子母神の子を隠し、鬼子母神は改心して逆に嬰児の守り神となったという話だったな。

 ちなみに、鬼子母神は「きしぼじん」ないし「きしもじん」と両方の読み方があるらしい。それから、寺院によっては、鬼の字の一画目の払いを取っている。これは、改心して角が取れたということらしい。

 何はともあれ、そういうわけで鬼子母神巡りをしてきた。といっても指導まで時間が3時間くらいしかなかったので、2堂しか参れなかったのだが。とりあえず、江戸三大鬼子母神のうちの2つなので、いくらかのご利益はあるかな。

 1つめは、入谷の眞源寺。ここは、「恐れ入谷の鬼子母神」で有名だ。JR山手線鶯谷駅から徒歩10分のところにある小さなお寺である。保育園の脇にひっそりと建っていて、ちょっと見逃しそうな雰囲気でもあった。でも、入口には鬼子母神を祀るようになった経緯が書かれた看板が立っていたし、やはり有名なのかな。で、早速お参り。

 2つめは、雑司ヶ谷の法明寺の鬼子母神堂。ここは、都電荒川線の駅名にもなっているくらい有名なところ。さきほどの眞源寺よりも大きくて、参道も整備されていた。ここでも、お参り。

 それぞれ100円ずつお賽銭。眞源寺では、それ以外に線香代も払って線香もお供えしてきたよ。ま、お賽銭よりも旅費のほうがたくさんかかったけどね。

 でも、法明寺の鬼子母神堂に行くときに、初めて都電荒川線に乗った。路面電車である。そういえば、北九州市にも昔路面電車が走っていたが、廃止されて随分経つ。たまにはいいものだ。

 で、池袋に戻ってきたのだが、結構時間を食ってしまい、卒業論文指導の開始時間まで50分を切っていた。池袋と田町は、だいたい山手線の反対側に位置しており、内回りでも外回りでも30分くらいかかる。そして、田町駅から三田の大学までは徒歩10分。ぎりぎりだな。

 ちょっと、焦ったよ。

| | コメント (0)

2008/09/05

大分

 旅行というわけではないのだが、昨日は大分の会社に販拡(ご用聞き)に行ってきた。この会社は4年くらい前に私や他のメンバーが制御系のソフト開発に携わっていたのだ。しかしながら、その後は特におつきあいというのをしていなかったので、久しぶりにご挨拶がてら行ってきたということになる。

 しかしながら、大分も厳しいようで。特に、小規模・零細のソフト開発会社は潰れるところもあるのではないかと言うこと。

 福岡でも、昨今危ないと噂されている会社がちらほらあり、当社としてもこれまで以上に取引先に関しては気をつけなければいけないところではある。

 ということで、旅程だけで往復5時間かかった大分の旅ではあるが、別府湾SAでとりてんを喰ったことだけが収穫かな。

 

| | コメント (0)

2006/06/07

行川アイランドとマザー牧場

 行川と書いて「なめかわ」、「なめがわ」と読みます。私は、濁った「なめがわ」で覚えました。千葉県の外房にあるテーマパークで、フラミンゴのダンスで有名でした。

 関東、それも千葉県に近いところに住んでいる人以外にはなじみがあまりなかったかも知れません。私は、小さい頃は千葉に住んでいたので、両親に連れられて何度か遊びに行ったことを覚えています。記憶に残っているのは、沢山のフラミンゴがいてショーを見せていたところです。

 仕事中に鳥の話が出てその中でフラミンゴの話になったので、「そういえば、行川アイランドは今どうなっているのか」と思い、インターネットで検索すると・・・。平成13年に閉園になっていたのでした・・・。_| ̄|○

 うーん、もう一度見ておきたかったな。

 こうなると、子供の頃同じようによく連れて行ってもらった、同じく千葉県にある「マザー牧場」はどうなっているのか気になったのですが、こちらはいまだに営業を続けているようで、一安心。でも、一度行っておきたいな。

| | コメント (0)